fashion

大きい体でも雨の日を快適に!大きいサイズのレインコート・ウェアの選び方

ツーリングや釣り、登山など、意外に利用することの多い雨具。しかし、ぽっちゃり系男子や体の大きなメンズは、傘をさしていても横から雨が入りこんだり、サイズが合わずに結局濡れてしまった、なんて経験はありませんか?そんな時はレインウェアを着てみてはどうでしょうか?価格帯も幅広く、種類も多様な雨具。便利な点もありますが、きちんと選ばないと機能性を上手く発揮できないなんてことも。

そこで今回は、体の大きい男子におすすめなレインウェア選びのポイントをご紹介します。自分の体型に合った雨具を見つけて、雨の日も快適に過ごしましょう。

■こちらもチェック
ぽっちゃり男子がオシャレ男子に!まずはこれだけ、コーディネート入門編

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント1.耐水圧


耐水圧20000mm以上の雨具を選べば耐水性は問題なく、嵐の中でも大丈夫です。この耐水圧2000mmというのは、1平方cmの柱の中に、高さ20000mmまで水が流れ込んでも漏水しないことを示します。耐水圧が低いと水が雨具を通して浸入してくる可能性がありますので、屋外スポーツを楽しむデカメンにとって重要なポイントとなりそうです。

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント2.透湿度


透湿度は、雨具の生地1平方mあたり、24時間で何gの水分を放出できるのか示しています。つまり、透湿度が高いほど蒸れにくいレインウェアといえます。汗をかきやすいおデブメンズは、雨の日にウェアの中が蒸れて不快ですよね。透湿度10000g以上のものを選べば、高湿度の中もベトベトせず快適に過ごせます。

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント3.フロントジッパーのカバー


フロントジッパーがむきだしの状態であると、ジッパー部分から水が浸入してきます。それを防止するための、フロントジッパーを覆うカバーがあるかどうかチェックしましょう。徹底的に雨を遮断して、アウトドアも快適に楽しめます。

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント4.袖口が2重構造


袖口から水が入ってこないように、2重構造になっているかどうかチェックしましょう。ツーリングを楽しむ体の大きい男子は、走っている時に風と共に雨が袖口から浸入してくることもありますよね。2重構造タイプのレインウェアなら、ちょっとした隙からの雨も防いでくれます。

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント4.裏生地がメッシュ


肌触りという点なら、べたべたまとわりつかない裏地がメッシュのレインウェアを選びましょう。暑苦しさを感じるレインコートも、メッシュ素材にすると動きやすく、快適なものに。

大きいサイズのレインウェア選び
ポイント5.ズボンがサスペンダー付き


ウエストにゴムが入っているタイプや、大きめのサイズを選ぶ場合は、サスペンダーを利用するのがオススメです。ズボンのゴムがゆるんできたり、サイズが大きかったりしてずれおちそうなときも、サスペンダーがあると安心です。

デカい男性のレインウェア選びは、濡れないことだけではなく、動きやすさや汗対策も重要です。以上の点に注意して、快適なアウトドアライフを!