fashion

読モ美容師直伝!おデブ男性に似合う髪型&メンズヘアアレンジ【後編】


おデブ男子に似合う、モテモテポジビストなヘアスタイルを研究すべく、読モ美容師・佐藤渚さんのインタビュー後編にいってみたいと思います。前編に引き続き、PosiBigぽっちゃりライター芳仲優馬さんの昔の写真を見ながら二人のトークは盛り上がります。

おデブメンズのヘアスタイル、ここも注意!

芳仲さん、これはいつ頃の写真でしょう?


芳仲「これは"洋服のサカゼン"でバイトしている時の格好です。いつも短髪をキープしているので、これくらいだと切りたくてウズウズしている頃ですね」

こうやって見てみると、前編で佐藤さんの言っていた通りで、鏡もちのようにまん丸な雰囲気になっているかもしれませんね。いかがでしょう、佐藤さん?

佐藤「確かに伸びてきたな〜という感じがしますね。【4.長髪よりは短髪】の方がスッキリと清潔感が出ておデブ男子さんには合うと思います。なので、これくらい伸びてきた時は、耳上の髪を後ろに流して潰し、横をスッキリさせて丸みを抑えるといいでしょう。あとは、思い切って帽子を被ってしまうというのも一つの手です」

なるほど。帽子を使って髪の毛をまとめてしまうというのもひとつの手ですね。こんな写真も預かっていますが、芳仲さん、だいぶ今とは印象が違いますね!


芳仲「これは大学に入学したての頃で、バーでバイトをしていた時の写真です。髪の毛も明るくして、アシンメトリーにしてました。チャラついて見えるので、TシャツはVネックのものにして、すっきりとしたセクシーさをプラスしました」

若さがにじみ出ています!佐藤さん、この髪型はどうですか?

佐藤「前髪を垂らすことで顔を隠しているのはいいと思います。このように【5.外ハネを作る】のも顔の大きさをごまかす良いスキルです。ただ、茶色で膨張して見えてしまっているので、せっかくなら金などのハイトーンカラーにしてみてもよかったかもしれないですね。でも、ワックスでトップもしっかりボリュームが出ていて、学生のおデブ男子さんはこういう髪型もありなのではないでしょうか。見せていただいた3枚の中だとこれが一番好印象です」

前編からのおさらいも含めて、まとめてみると下の5つが挙げられます。ぽっちゃり男子に似合うヘアスタイル、いろいろなポイントが見えてきましたね。

1.丸いシルエットを避ける
2.顔を髪で隠して小顔に
3.色は黒かハイトーン
4.長髪よりは短髪
5.外ハネを作る

ぽっちゃりライター芳仲さんの「普段のヘアセット」
問題点とは…?

他にはどのようなポイントがあるのでしょうか。まだまだ教えてください!

佐藤「わかりました!せっかくなので、芳仲さんの髪の毛をセットしながら説明してみましょう!」


おぉー!頼もしい!ここが腕の見せ所とやる気満々の佐藤さんに導かれて、椅子に座った芳仲さん。傍から見たら美女と野獣。芳仲さんのヘアスタイルはどうなってしまうのか。

と、その前に芳仲さんはいつもどのようにセットしているのかもちょっと紹介しましょう。


使用している整髪料は「Loretta(ロレッタ)」のハードゼリー。水気が多くてセットしやすく、ツヤ感が出るのがお気に入りで長く愛用しているそうです。佐藤さんの勤めるサロン「Killa(キラ)」でも使われていて、これ一つでしっかりセットできるのだとか。

こちらを使って芳仲さんは普段からオールバックにしています。おでこが狭く、また前髪が汗で崩れるのが嫌なので、最近は後ろに流すようにしているのだとか。佐藤さん、チェックをお願いします!


佐藤「この感じだとトップが潰れてしまうので、頭が丸く見えてしまいます。例えば、分け目を作ってアシンメトリーにして、高低をつけるだけでも印象が変わると思います」


やはりプロの目は鋭い…勉強になります!さぁ、いよいよ次は佐藤さんにスタイリングをしていただく番です。よろしくお願いします!

いざ、佐藤流ヘアアレンジ
おデブ男子が大変身!

佐藤「女の子が髪を切って気分を変えることってあるじゃないですか。あれと同じでいつもと違う髪型にすることで、いつもインドア派のぽっちゃり男子さんも外に遊びに行ってみよう、気になる女の子を誘ってみよう、なんてアクティブな気分になってもらえるんじゃないかなと思います」

そう言って佐藤さんはヘアアイロンを取り出しました。クセ毛の人で使っている人も多いかもしれませんが、熱を加えることで髪の毛のクセを矯正したりする道具です。


芳仲「僕、人生初ですね、ヘアアイロン使うの。大丈夫かな」

大きな体に似合わず、初めてのヘアアイロンに緊張する芳仲さんを尻目に、佐藤さんはクセ毛をドンドン伸ばしていきます。


次に、こちらの「PREJUME(プレジューム)」のワックスを使ってセットするようです。お店で普段から使っている3番を佐藤さんは選びました。このシリーズだと、クセ毛の人は柔らかめの3番を使って、直毛の人は硬めの5番ぐらいがオススメだとか。

また整髪料を買う時も美容師に相談して、サロンで購入するのが良いと佐藤さんは言います。整髪料にも使用期限があり、古いものを使うと髪が傷む可能性があるからだそう。サロンではメーカーから直接仕入れるため常に新しいものを提供でき、また髪質やスタイルに応じて美容師さんがオススメしてくれるので一石二鳥なんだとか。

さぁ、ワックスをしっかり手に馴染ませてから、髪の毛につけていきます。いつもは後ろに流している前髪ですが、今回は思い切って前にもっていきます。


ドライヤーも使いながら、顔を隠すことを意識して外ハネを作ります。トップにボリュームを持たせることも忘れません。


完成です!最初と比べると、前髪がアクセントになって印象も変わったと思いませんか?前に髪の毛を流すのが久しぶりという芳仲さんも「違和感ある〜(笑)」と照れ笑いを浮かべていました。

ぽっちゃりとした顔の大きさをカバーしつつ、
いろんなヘアスタイルを楽しもう

セット1つで人の印象はここまで変わります。ヘアアイロンなどのツールを使ったり、色を変えたりすることで、ヘアアレンジの幅は無限に広がります。ただ、カットの段階で、綺麗にセットできる形が限られてくる場合があります。美容師さんとしっかり相談して自分にあったカットをしてほしい!と佐藤さんは強調していました。この記事を読んだおデブ男子は、佐藤さんのアドバイスをしっかり守ってモテモテポジビストをめざしましょう!

佐藤さん、今回はありがとうございました。この記事を読んだぽっちゃりメンズがKillaにいっぱい来るかもしれませんが、その時はよろしくお願いします。最後に1つだけ質問なんですが、佐藤さんはおデブ男子とスマート男子はどちらがタイプですか?

「えっ……私は、どちらかというとスマートな人の方が……(笑)」

【取材協力店 店舗情報】
Killa
住所:東京都渋谷区神宮前6-12-2 KTビル3F
HP:http://killa-hair.com/
TEL:03-6427-5413

■前編はこちらから!
【前編】読モ美容師「佐藤渚」さん直伝!おデブ男性に似合うおしゃれな髪型&セット術

■ヘアスタイルが決まったらこちらもチェック!
ぽっちゃり男性がオシャレメンズになる1足!大きいサイズのスニーカーをサカゼン渋谷店で探してきた
モテるおデブ男子は可愛い系??ぽっちゃりメンズのファッションは「可愛さ」で攻めるべし!