fashion

清潔感のあるぽっちゃり男性になるために気をつけるべきこと6つ【身だしなみ編】

普段から気をつけているつもりでも、この時季特に気になるのが身だしなみ。デカメンの僕は、周りから不快に思われていないか不安になることも少なくないです。せめて身だしなみだけは清潔にしておきたいものですね。

今回は、周囲を不快にさせないよう、「清潔感」を演出するポイントをいくつかご紹介していきます。

周囲を不快に感じさせるNGな身だしなみ

  • Tシャツの伸びた襟元
お気に入りのTシャツを長い間着用していると、首元が徐々に伸びてきてしまいます。人間の第一印象を決める顔に近い部分だからこそ、首元が伸びたダルダルのTシャツはそれだけで清潔感のない印象を与えてしまいます。

  • 服についた汗の跡
汗のニオイはしていなくても、脇や背中などに汗の跡が付いている状態は絶対NGです。

  • 体型に合っていない服
デカメンの場合、体型に合っていないぴっちりとしたサイズの洋服を着ると、体型が主張されすぎてしまいます。かといって逆にラインを隠すような大きめの洋服を選ぶと、着ぶくれしたり、袖部分が余ったりしてだらしない印象になります。


清潔感を与える身だしなみのコツ1. 首元が伸びていない適切なサイズのTシャツを着用する

Tシャツは洗濯を繰り返すうちに傷んでしまうという悩みを抱える人も多いと思います。そんな時は、洗濯ネットに入れて洗濯した後、ハンガーに掛ける際に下からハンガーを入れて肩の部分を洗濯バサミで留めた状態で干す方法がおすすめです。乾いたらアイロンも忘れずに!



清潔感を与える身だしなみのコツ2. 汗が目立たない色の服を選ぶ

汗の染みが目立ちにくい色の服があることを知っていますか?それは「白」と「黒」です。汗や水分を吸収してもそれほど目立つことはありません。反対に汗の染みが目立ちやすいのが、茶色や灰色、原色系の色と言われています。服の素材にもよりますが、汗が気になる人はこれらの色を避けたほうが無難です。


清潔感を与える身だしなみのコツ3. ジャストサイズの服を選ぶ

自分の体型に合った適切なサイズの服を選びましょう。デカメンの洋服選びで意外と大事なのはオシャレなデザインよりもサイズ感。着用する服のジャンルやテイストにもよりますが、ほとんどの場合は適切なサイズの服がもっとも清潔感を感じられるでしょう。


清潔感を与える身だしなみのコツ4. 上着、シャツなどは無地のものを選ぶ

文字(アルファベットなど)がプリントされたシャツではなく、できるだけ無地のものやシンプルなものを選ぶようにしています。


また、中に着るTシャツは白色にし、前を開けることで野暮ったいシャツのイメージが一気に「清潔感」ある印象にもなります。


清潔感を与える身だしなみのコツ5. 長袖は手の甲全体が隠れない長さ

体型に合わせて大きめサイズを買ってしまい、サイズが合わずに手の甲まで隠れてしまうこともあります。そんな時は少し袖を捲くって手を出すようにするとすっきりとした印象になります。また、最近では7分丈のシャツもうまく活用しています。


清潔感を与える身だしなみのコツ6. 靴を清潔に保つ

目立たないようであっても、意外と多くの人が注視しているポイントが「靴」です。いくらオシャレでも、汚れが目立っていたりソールが擦り減った靴は不潔な印象を与えるので厳禁です。
特に梅雨の時期は汚れがちになりますよね。僕のオススメは防水スプレーです。その名の通り、雨に濡れても平気なだけでなく、汚れ防止にもなるんです。
また、靴のニオイ対策を少しご紹介しておくと、日光のもとに干しておくだけでだいぶ変わります!梅雨の合間の晴れた日には、ぜひ干してみてくださいね。



人間の第一印象は8割が見た目で決まると言われています。オシャレなファッションも重要ですが、それ以前に大事なのが「清潔」な印象であること。今回ご紹介したポイントをぜひ参考にしてみてくださいね!

■こちらもチェック!
【前編】「清潔感」のあるファッションはこれだ!ぽっちゃりメンズが気をつけたいポイント
【後編】「清潔感」のあるファッションはこれだ!ぽっちゃりメンズが気をつけたいポイント