fashion

通勤や外回りの移動でも疲れにくい! おデブ男子にオススメなビジネスバッグはこれだ!

こんにちは!PosiBigライターのヒガシです。

ぽっちゃり男子で外回りの仕事をしている人も多いと思いますが、みなさんはどんなバッグで通勤していますか?

定番のブリーフケース以外にも、最近ではさまざまなタイプのバッグが増えてきています。ポケットが多いもの、間口の広いものなど、使い勝手を重視する人も多いと思いますが、バッグの形状によって疲労感が変わってくるということをご存知でしょうか。

今回は、「ぽっちゃり男子が通勤や外回りの移動でも疲れにくいバッグ」という視点から、選ぶポイントをご紹介していきます。

■ぽっちゃりビジネスマンにオススメなこちらもチェック!
【2017年春】ぽっちゃりメンズ向け、おすすめスーツをサカゼン渋谷店で選んでもらいました!
【ネクタイの組み合わせ方・結び方編】ぽっちゃり男子がサカゼンで「スーツの着こなし」を学んできました!


定番のブリーフケース以外にも様々あるビジネスバッグ


サラリーマンにとって重要なアイテムの一つであるビジネスバッグ。毎日使うものだからこそ使い勝手の良いものを選びたいものです。
外回りの多い営業職と内勤中心のエンジニアでは選ぶバッグも異なるように、職種や移動の多さ、バッグの中に入れる物などによっても選ぶ基準は変わってきますよね。

ビジネスバッグとして定番のブリーフケースの他にも、アタッシュケースやトートバッグ、リュックタイプなど、最近ではさまざまなタイプのビジネスバッグが続々と登場してきています。


ブリーフケースやアタッシュケースは書類やパソコンなどがすっぽりと入る形状で、スーツとの相性は抜群です。「仕事がデキる人」の雰囲気を醸し出します。一方、これらは手に持つことが前提であるため、長時間の移動では疲れてしまうというデメリットもあります。

そんな中、ぽっちゃり男子の皆さんに今回おすすめしたいのが「トートバッグ」です。


ぽっちゃり男子にトートバッグがオススメな理由


  • 重心が高いので疲れにくい
ブリーフケースの中には長いストラップで肩掛けできるバッグもありますが、ストラップが長いとバッグの重さの重心が低い位置になり、筆者の場合は長時間肩に掛けていると肩が凝ってきてしまいます。
トートバッグであれば、ストラップで肩掛けするブリーフケースよりも重心が高い位置になるため疲労感は感じにくいはずです。

  • 両手が空くので疲労感が少ないのはもちろん、車内で汗をかいても拭ける!
サラリーマンの多くは電車やバスに乗って会社に向かっていると思います。ブリーフケースやアタッシュケースのような形状の場合、どうしてもバッグを手に持って乗車しなければならず、必然的に左右どちらかの手が埋まってしまいます。
筆者の場合、電車やバスの中でよく汗をかくため、タオルやハンカチでいつでも汗を拭き取れるようにしておきたいので、両手が塞がってしまうのはNGです。その点、トートバッグは肩掛けでき、両手が空きます。

ちなみにリュックも両手が空きますが、混雑した車内では他の人に当たってしまうこともあり、いちいち肩から下ろさなくてはならないのであまりおすすめできません。

もともとはカジュアル指向のアイテムですが、最近ではビジネスシーンにもマッチするデザインのものが増えてきています。営業職の場合、お客様の業種に合わせて服装を選ぶということも多いと思いますが、ビジネスカジュアル程度のドレスコードでも問題ないようであればトートバッグは非常におすすめです!


 選ぶ時に気をつけたいポイント

オススメな点ばかりのトートバッグですが、ぽっちゃり男子が選ぶ際に気を付けなければならない点があります。それは、取手の大きさです。

▲実際に筆者が使っているトートバッグです

トートバッグの取手が小さすぎると肩掛けしたときに窮屈に感じてしまいます。特にぽっちゃり男子の場合、小さくて腕が通らないなんてことも考えられます。さらに、夏は薄着だったから入ったけれど、冬にコートを着込んだら腕が入らなくなった、ということもあります。トートバッグを購入する際には、実際にお店で肩掛けができるかどうか試してみましょう。

ちなみに、トートバッグの取手部分が大きすぎると、手提げとして持ち歩く際に重心が低くなるため疲れやすくなります。常に肩掛けするという前提であれば問題ありませんが、バッグの使用シーンを考えて選ぶようにしましょう。


外回りの仕事をする人にとって、ビジネスバッグは使い勝手の良いものを選びたいものです。一方で今回ご紹介したように、持ち運びやすさという点も重要です。
さらにぽっちゃり男子の場合、大きな体で電車やバスの中では肩身の狭い思いをすることも多いのではないでしょうか。全てを両立するバッグ選びは難しく感じるかもしれませんが、今回の記事をぜひ参考にしてみてください!