fashion

ぽっちゃりメンズストリートスナップ inニューヨーク【2018夏コーデ】

昨夏に引き続き、PosiBig編集部がアメリカ・ニューヨークストリートスナップを敢行してきました!

撮影を行った5月中旬は、気候が安定し冬服から春~夏服へと変わる時期です。冬服から開放され、身軽なファッションを楽しむ人々の姿を多数目撃しました。例えばカラーパンツにシンプルなTシャツ、さりげなく片手に持っているアイスコーヒーすらファッションの一部か!? と見紛うニューヨーカーたちは、やはりとってもクール。

今回は、そんなニューヨークで出会った“個性を楽しむ”オシャレメンズ5人を街角でスナップ。個性を大切に、思い思いのファッションを楽しむ彼らの着こなしは必見です!

日本のデカメン諸兄も彼らのファッションを参考に、サマーシーズンを楽しんでみてはいかがでしょうか?

NYのおしゃれデカメンNo.1


■名前またはニックネーム:アンソニー
■年齢:32
■職業:マネージャー(アパレル)

――今日のファッションのポイントは?

やっと外でコーヒーを飲むのが快適なシーズンになったから、“休日チルアウト”のサマースタイルにしてみたんだ。

ファッションというか、このバイクがいい感じじゃない? 服装に合わせてみたよ。ベルもハンバーガー。ユーモアがあっていいと思うんだよね。


――ファッションへのこだわりは何かありますか?

カジュアルだけど、カジュアルすぎない服装。さらりと着こなせるものがいいかな。

――好きなブランドは?

Dave'sのワークシャツ。

――服を選ぶ時に、重視していることは何ですか?

着こなしのバランス。

――1カ月にファッションにかける金額は?

200~500ドルくらいかな。

――好きなファッションのテイストやスタイルは何ですか?

スマートカジュアルな服装だね。


――美容などで気を付けていることはありますか?

シェービングは行きつけのバーバーで。

――ポジビスト(ポジティブでビッグな男性)は女性にモテると思いますか?

もちろんさ!

NYのおしゃれデカメンNo.2


■名前またはニックネーム:アレックス
■年齢:28
■職業:クラフトワーカー

――今日のファッションのポイントは?

今日のテーマは、「Being Summer!」。ニューヨークは夏が一番面白いからね。やっと外にも出やすくなったし、シックだけどシックになりすぎないように休日のオシャレを楽しんでいるよ。

今日のポイントは、古着屋で購入したネイビーカラーのワイシャツとポケットのレザーケースかな。夏は意識しているけど、レザーがシックなムードを漂わせてる気がするんだよね。


――ファッションへのこだわりは何かありますか?

やっぱり、スマートな着こなしが大切だと思う。

――好きなブランドは?

Ralph Lauren!

――服を選ぶ時に、重視していることは何ですか?

肩幅の詰め具合や機能性かな。ショルダーからストンと落ちるようなシルエットが好きなんだ。

――1カ月にファッションにかける金額は?

服装よりも、サングラスや小物にお金をかけるかも。だいたい200~300ドル程度かな。

――好きなファッションのテイストやスタイルは何ですか?

ブリティッシュなエッセンスの服が好きだね。


――美容などで気を付けていることはありますか?

月に一度の散髪!

――ポジビスト(ポジティブでビッグな男性)は女性にモテると思いますか?

もちろん! 僕の彼女はすごく“Hot”だけど、アタックし続けたら付き合えたよ。

NYのおしゃれデカメンNo.3


■名前またはニックネーム:リアン
■年齢:24
■職業:スケーター

――今日のファッションのポイントは?

ストリート&スケーター、そしてTHE NORTH FACEのポーチかな。スケルトンのデザインがいい感じだよね。


――ファッションへのこだわりは何かありますか?

スケボーするから動きやすい格好が大切かな。

――好きなブランドは?

スケーターファッションが一番のお気に入り! 今は、ストリートカルチャーをモチーフにしたブランドやコラボも多いと思うよ。

――服を選ぶ時に、重視していることは何ですか?

スケボーする時にしっくりくるかどうか!

――1カ月にファッションにかける金額は?

150ドル。

――好きなファッションのテイストやスタイルは何ですか?

“Hipster”の服装やストリートかな!


――美容などで気を付けていることはありますか?

散髪と、記念日に入れるタトゥー(笑)

――ポジビスト(ポジティブでビッグな男性)は女性にモテると思いますか?

作戦を練って会話を盛り上げればアタックしてもいいんじゃない?

NYのおしゃれデカメンNo.4


■名前またはニックネーム:ショーン
■年齢:25
■職業:大工

――今日のファッションのポイントは?

アメリカンカジュアル&スポーツ!

――ファッションへのこだわりは何かありますか?

ジムによく行くし、ランニングやトレーニングは欠かせないから、それに適した服装が大切だね。
今日のポイントは、アウトレットモールで買ったこのキャップかな。意外に通気性が良くて、トレーニングをする時はいつもかぶっているよ。


――好きなブランドは?

patagonia。

――服を選ぶ時に、重視していることは何ですか?

動きやすさと値段だね。

――1カ月にファッションにかける金額は?

100~200ドル。

――好きなファッションのテイストやスタイルは何ですか?

ワーク系の服装が好きだね。今、ユニオンスクエアパークの近くにDave'sっていうワークウェア専門店ができたんだけど、オリジナルTシャツや小物もあって、僕は好きでよく行くよ!


――美容などで気を付けていることはありますか?

筋トレ! そして筋トレした後は、鶏肉をたくさん食べる!

――ポジビスト(ポジティブでビッグな男性)は女性にモテると思いますか?

OH! Yeah!

NYのおしゃれデカメンNo.5


■名前またはニックネーム:ジョナサン
■年齢:20
■職業:ラーメンショップ「KURO-OBI」スタッフ

――今日のファッションのポイントは?

これは「KURO-OBI」のスタッフシャツだけど、アクセサリーでメキシカンストリートを表現しているよ。

日本の伝統的な服装が好きだから、このスタッフTシャツも気に入ってるんだよね。


――ファッションへのこだわりは何かありますか?

プライスと、自分に似合っているかどうか。でも、それが一番重要だよね?

だって無理して服を着ても似合わないし、違和感があるから。

――好きなブランドは?

Supreme。

――服を選ぶ時に、重視していることは何ですか?

価格が一番かな。でもクオリティがチープすぎても嫌なんだ。

だから、そのバランスを大切にしているよ。

――1カ月にファッションにかける金額は?

200ドル。

――好きなファッションのテイストやスタイルは何ですか?

“Hipster”やストリートファッションかな。


――美容などで気を付けていることはありますか?

おいしいごはんを食べること!

――ポジビスト(ポジティブでビッグな男性)は女性にモテると思いますか?

YES!



いかがだったでしょうか? 様々な人種の人々が暮らすニューヨーク・マンハッタンでは、「今これが流行っている!」というよりも、「思い思いの服装を楽しもう!」という意識が強いような気がしました。

白人や黒人、ヒスパニック系、アジア系、ヨーロッパ系などなど……。多様な文化とアイデンティティを持つ人々が一つの街で生活しているからこそ、クリエイティブなファッションやトレンドが生み出されるのではないでしょうか?

さりげないオシャレを楽しみつつ、決して無理はせず自分に合ったものを──デカメン以外のメンズも参考になる、地に足の着いたアイデアが垣間見えた今回のスナップ。

登場してくれたデカメンたちを参考に、より気軽にファッションを楽しみましょう!

■こちらもチェック!
「ファッションのこだわり教えてください!」ぽっちゃりメンズスナップ&インタビューin東京
<2017夏>海外オシャレおデブ男子スナップ5選inNY
<2017夏>海外オシャレおデブ男子スナップ5選inNY~第2弾~