food

【大宮の純喫茶 伯爵邸】で名物デカ盛り「大宮ナポリタン」を食べてきた!


PosiBigをご覧の皆さんこんにちは!ライタ―の芳仲優馬です。今日は我が郷土、埼玉県からお送りしています!
埼玉県の県庁所在地さいたま市を構成する10区のうちの一つであり、商業施設や歓楽街で賑わう埼玉の都心部。中心部にある駅は鉄道交通の要衝であるターミナルステーション…そうです、本日は…

大宮に来ております!


埼玉県民は皆、ここ大宮で青春時代の大半を過ごします。友達とボウリングしたり、彼女とプリクラを撮ったり、学校をサボってカラオケに行ったり…埼玉県民の青春の20~30ページは大宮が舞台です。もちろん私も大宮には思い出がいっぱい!彼女にデートをドタキャンされたのも、初めてチンピラに絡まれたのも、不遇の浪人時代を過ごしたのも、全て大宮でのスイートメモリーです。

そんな大宮でデカ盛りを愛し、デカ盛りに愛された喫茶店が「伯爵邸」さんです!


驚くことなかれ、伯爵邸は大宮でも有名な24時間営業の喫茶店です。朝の出勤前でも、昼休みでも、学校の放課後でも、終電を逃して始発を待つ間でも、いつでも伯爵邸は営業中です!そんな埼玉県民のオアシス、伯爵邸は1975年創業、今年で42年目です。


店頭には年季の入った食品サンプルがズラリと並んでいます…う~ん、レトロな雰囲気がたまりません。


店内のショーケースにも食品サンプル―――ではなく新鮮な果物や野菜が所狭しと並べられています。喫茶店に大量の食材、いったいどんなメニューがあるんでしょうか。

タイムスリップしたかのような、レトロな雰囲気ただよう店内


さすが純喫茶、案内されたのは高級感のある革張りのソファー席です。セカンドウェーブのコーヒーチェーンとは一味違う、背もたれのしっかりしたボックスシート、まさしくデカメン天国です。ついつい長居してしまいそうです。


いかにも高そうな金食器、これ何かわかりますか?中には白砂糖とブラウンシュガーが入っているんです。こっそり「なんでも鑑定団」に持ち込みたくなる高級感です。


壁にもオシャレなスキレットが。調理器具も飾り方によってはオシャレなインテリアになるんですね~。
ここだけの話ですが、私は肉を焼くためだけに鉄製のスキレットを育てています。手入れが面倒な分、使い込むと愛着が湧きますよ!長くなりそうなので、スキレットの紹介はまたの機会にします。


壁には酒瓶もズラリ。毎日16時からはアルコールメニューも提供しているとのこと。24時間営業でお酒も飲める喫茶店とは…ここに住めますね(笑)始発を待つつもりがついつい深酒…なんて使い方もアリですね!

伯爵邸のオーナー、宮城正和さんにお話を伺いました!


―24時間の喫茶店、忙しそうですね!

「伯爵邸には毎日400人前後、多い時には600人以上のお客様に足を運んで頂いております。その8割は常連のお客様です。土地柄、ランチタイムには近所で働くサラリーマンやOLの方で賑わい、54席があっという間に埋まります」

―1日に600人も!その繁盛の理由は何でしょうか?

「伯爵邸は開店当時から手作りにこだわっています。コストやキッチン設備を理由に、冷凍食品や出来合いのものを使うチェーン店が増えるカフェ業界の潮流の中で、当店は42年間、変わらず手作りの味を守ってきました。混み合うランチタイムにも作り立ての料理を提供しているのが、お客様に長く通って頂いている理由だと思います」

―サンドウィッチやパスタ、喫茶店の手作りの味って良いですよね!

「もう一つの売りがボリュームです。私自身、外食をした時にもっと食べたいな~とか、飲み物が少ないな…と思うことがあります。だから私はお客様に、伯爵邸から帰る際にはもっと食べたい…ではなく、お腹いっぱいになって欲しいと考えています」

宮城さん、日本デカメン党を旗揚げした暁には、ぜひ幹事長をお願いします!

ボリュームへのこだわりは飲み物にも


「例えばオレンジジュース一つでも、伯爵邸では満足感を一番に考えています。右のグラスが、多くのチェーン店が300~400円で出している10オンスのグラスです。これに氷をいっぱい入れると、ジュースの量はどうですか?」

―少ないんですよね!私もいつも思ってます!ストローで2~3回吸うと、無くなっちゃうんですよね~!

「そうです、物足りないんですよね。だから伯爵邸では、左の14.5オンスのグラスを使っています。氷もグラスの半分浮くくらい、ジュースがたっぷり入るようにしています。値段は500円、他のお店と比べると100~200円ほど高いでしょうか?でも喫茶店に長居する時には、少し値段が高くても量が多い方が良いですよね?」

この量で500円はお得感があります!飲み物が多いと、長居する時の罪悪感が薄れます(笑)ちなみに紅茶はカップ3~4杯分の量がティーポットに入って530円だそうです。

名物「大宮ナポリタン」登場!


これぞ喫茶店のナポリタン!立ち込める酸っぱい湯気が食欲をそそります。

この大宮ナポリタン、商店街の名物として考案されたメニューだそうです!あれ、このナポリタン…

「デカ過ぎでしょ!?」


ちなみにこれ、普通盛りです。


高く広く盛られたナポリタン、喫茶店のボリュームとは思えません。麺は茹で上げてから4~5時間寝かせたものを使用しているとのこと。やっぱりナポリタンはモチモチじゃないと!

ナポリタンにスープとサラダが付いたランチセットで850円


まさしくサラリーマンとOLの味方!ボリュームも値段も大満足です。
もちろん味も◎です!甘酸っぱいケチャップがベースの懐かしい味付けに、豚肉やイカ、ピーマン、パプリカ、タマネギ、ニラ、カイワレと具だくさん!「五目焼きそば」ならぬ「五目ナポリタン」!?麺のモチモチした食感に、パスタを巻く手が止まりません。


さすが伯爵邸さん、デカメンの私も「お腹いっぱい」です!
24時間営業の喫茶店「伯爵邸」さん、人気の秘密はポジビストなオーナーがこだわる「手作りの味」と「ボリューム」でした!大宮駅東口から徒歩5分、モーニングでもランチでもディナーでも、ちょっと一杯飲みたい時でも!ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

【伯爵邸】
住所:埼玉県さいたま市大宮区宮町1-46
電話番号:048-644-3998
年中無休/24時間営業

■デカ盛り食レポ、こちらもオススメ!
中毒性抜群!これぞ元祖!神宮前【ハイダディ】の絶品「スペアリブ」を食べてきた
デカメン垂涎!飯田橋の【豊しま】で「厚肉そば」を立ち食いしてきた