food

桜新町のかき氷専門店「雪うさぎ」で、絶品デカ盛りかき氷を食べてきた!【スイーツ・デカっ! File.4】

東京・桜新町。
皆さんはご存じでしょうか?


そう、サザエさんの街としてお馴染み。

そして我らが自称スイーツ・デカっ(刑事っ)、青木まんま氏が住む街でもあるのです!


桜新町という名前だけに桜も満開かと思いきや、取材時点(3月末)の駅前はまだまだ蕾程度。


「桜新町はいろんな種類の桜が植えてあるから、ここのはまだ蕾だけど、もう満開のところもあるし、時期がずれることで長い期間桜が楽しめるんだよ。4月には桜まつりもあるしね」

と、まんま氏の地元豆知識が炸裂します。なるほどなるほど。

で、今回はこの街で行きたいお店があると?

「そう、かき氷専門店の雪うさぎ』。夏の行列とかすごくって、なかなか行けなかったのでこの機会に行きたくて」

確かに、夏場をずらして今の時期なら、入りやすいかも。
ということで……

東急・桜新町駅から徒歩10分、『雪うさぎ』へ到着


って、行列できてるじゃないですか……。

この日は天気が良く、気温も20度越え。確かにかき氷が食べたくなる気温だったかも。とはいえ、ここで引き返すわけもなく待つこと1時間。ようやく店内へ。

「どれにしようかなー」と青木まんま氏が選んだのは、“塩キャラメルグラノーラ”。

グラノーラというワードがちょっとヘルシーかも? とデカメンの心をくすぐります。

登場! デカ盛りかき氷「塩キャラメルグラノーラ」


山盛りに盛られた氷にクリームとキャラメルソースがたっぷり! 期待が高まります。


それでは……。


シャキーン!

そう、甘党男子は(毎度のご説明になりますが)スイーツを食べるときにサングラスを外すのである。


「いただきます」


……!


「すごい!」

「ふわふわ! クリームがふわふわだし、かき氷もふわふわ」

まさに、これこそが『雪うさぎ』のかき氷の特徴。天然氷を使用しているため食感がふわふわなんです。

トッピングのキャラメルソースとクリームがふんだんにかかっているため、どこを食べても味がしっかりしています。


「これは“追いグラノーラ”ができるのかな?」

そう、別添でグラノーラが付いているので、お好みで追加することができます。

あっという間に完食でした!
ということは……


「おかわりだな!」

やっぱり。

「いちごフロマージュも気になってたんだよね〜」

続いて登場、デカ盛りかき氷「いちごフロマージュ」


デカ盛りながら見た目もかわいらしい、こちらのかき氷のお味は?


「いちごの果汁感がすごいね〜。まるでジャムみたい」

いちごミルクの果汁感とフロマージュクリームのまろやかさが、まるで高級スイーツの味わい。

「こっちも中までしっかり味がしみてて最後まで楽しめるね〜」

ということで、こちらも一気に完食でした。


「ひとつ言うならば……」


「かき氷の時は、アイスコーヒーじゃなくてホットコーヒーの方がよかったかも! 寒くなっちゃう〜」

確かに。皆さんもお好み次第とは思いますが、飲み物のチョイスは慎重に。

というわけで本日は、これから暖かい季節にピッタリ、かき氷専門店『雪うさぎ』でした。

「よし、食後の食事行こうか! 隣が蕎麦と焼肉のお店なんだけど、ここ美味しいんだよ〜。どっちがいいかなぁ。やっぱり両方かな!」


「雪うさぎ」で、かき氷を堪能した青木まんま氏は、食後の食事を求め(?)、隣の蕎麦屋へ消えて行ったのであった。



「雪うさぎ」
営業時間:11:30~22:00(ラストオーダー)
定休日:月曜日
住所:東京都世田谷区駒沢3丁目18−2
電話:03-3410-7007
Twitter:https://twitter.com/yukiusagi246

協力:甘党男子(http://www.ama-dan.com

■スイーツ・デカっ!シリーズ
ショコラティエが作る贅沢パフェ@「デリーモ」渋谷ヒカリエ
和スイーツ&おでんを堪能! 「賛否両論 寄り道」広尾

サカゼン通販バナー