gourmet

「TVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」に、ケンケンが出演します! 7/1(日)BSジャパンで21:00から放送!!


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンこと、野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー

ちょっと皆さん、スゴイ事が起きました! 自分でも驚いています! なんと僕、「TVチャンピオン」に出演する事になったんです! しかもチョイ役とかではなく出場選手の1人として! え? マジですか? って自分でも耳を疑いました。

「TVチャンピオン極〜KIWAMI〜」デブ飯料理人選手権
放送日:
7/1(日)BSジャパン 21:00~21:54(予選も含めた1時間番組)
7/7(土)テレビ東京 10:30~11:00(ダイジェストの30分番組)


TVチャンピオンとは?

TVチャンピオン 極~KIWAMI~ | テレビ東京

ご存知の方も多いと思いますが、TVチャンピオンについて簡単にご説明します。

TVチャンピオンはテレビ東京の対決バラエティ番組。放送は1992年から2006年の間。いろいろなジャンルの達人がチャンピオンの座を賭けて真剣勝負を繰り広げる有名番組です。

当時は毎週木曜日のゴールデンタイムに放送され、僕も夢中になって観てました! 特に好きだったのは大食い選手権やプロモデラー選手権。フードファイターのジャイアント白田氏や、ジオラマ情景王の山田卓司氏、魚通選手権のさかなクンなど、TVチャンピオンの出演をきっかけに有名になった人も多いです。

2006年に放送終了となったTVチャンピオンが、「TVチャンピオン極〜KIWAMI〜」と名前を変え復活したのが2018年4月。

まさかの出演依頼が舞い込んできたのは、そんなTVチャンピオンが復活した矢先の事でした!

 

きっかけは、PosiBig!


先日PosiBigに「ミニ四駆」の記事を書きました。

ミニ四駆について記事を書くにあたり、事前にいろいろと調べていた時にたまたまYouTubeで「TVチャンピオン ミニ四駆王選手権」の動画を見たんです。ミニ四駆も面白いんですが、久しぶりに見たTVチャンピオンそのものがやっぱり超面白い!

それからというもの、毎晩YouTubeで過去のTVチャンピオンの動画を見まくってました。

■TVチャンピオン動画を見まくるきっかけになった記事はこちら!
第3次ブーム到来中! 今さらながらデカメンが「ミニ四駆」に初挑戦してみた【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】


そんなTVチャンピオン動画を見まくる日が続いた3日目の夕方、お店の方に1本の電話が掛かってきました。

『TVチャンピオンというテレビ東京の番組の制作をしている者なんですが……』

「えっ?????」

一瞬、頭の中がパニックになりました。毎晩YouTubeで見ていたのがバレたのか? もしかして違法動画だったのか? いや、でもなんで僕がTVチャンピオンの動画を見ている事が分ったんだ?

『実はケンケンさんが書いた記事をネットで読みまして、ぜひTVチャンピオンに選手として出場して頂きたくお電話しました』

「は?????」

さらに頭の中がパニックになりました。僕がTVチャンピオンに選手として出場する? どんなジャンルで? わりと多趣味な方だけど、TVチャンピオンで通用する程に極めているモノなんて無いしなぁ……。だってあの憧れのプロモデラーの山田卓司氏や、さかなクンを世に送り出した番組だぞ! 僕なんかが太刀打ち出来るレベルじゃ無いんじゃない?

『太っている人が喜ぶハイカロリーな料理、通称”デブ飯”を作る料理対決に、是非ケンケンさんに出場して頂きたいんです』

なるほどそういう事か! これは僕が以前PosiBigによく書いていた「デカ盛りまかないメシ」シリーズを読んだんだな! PosiBigがきっかけで、スゴイ話が舞い込んできました!


■TVチャンピオン出演のきっかけになった記事はこちら!
ケンケンの「デカ盛りまかないメシ」シリーズ

デブ飯料理人選手権!


というわけで、 PosiBigをきっかけに、TVチャンピオンに出場する事になりました! テーマは題して「デブ飯料理人選手権」

デブ飯 = ハイカロリーだけどウマイ料理。そんなデブ飯料理を全国から選ばれたデブ飯料理人達が熱いバトルを繰り広げる、というのが今回の企画。

この時点ではまだ決定ではありませんでしたが、大阪や東京、京都など、全国のデブ飯料理人の猛者達に声を掛けているとの事! 強豪揃いのこの戦いをいかにして勝ち抜くか!

ルールはこんな感じ。

・出場選手は4人
・制限時間30分
・料理の総重量は1kg以内
※いわゆるデカ盛りとは区別するため

・審査するのは各方面のデカメン男子、ぽっちゃり女子
・審査基準は料理中のインパクト、完成後の見た目、味

用意するメニューは、セミファイナル用に1品、ファイナル用に2品の、合計3品。

まず4名で2人ずつセミファイナルを戦い、勝ち抜いた2名がファイナルに進出。ファイナルは2本勝負で対決。という流れ。


なるほどねー! けっこう厳しい戦いになるぞこれは!

戦略を組み立てて、メニューを考える!


憧れのTVチャンピオン。まさかの出演。しかも選手として。そして料理対決。

僕のTVチャンピオンのイメージは、その分野での達人が集まるので、とてもとても僕なんかが太刀打ちできる世界じゃない、というイメージを持っています。

しかも僕、カフェを始めて9年ほど経ちますが、もともとは料理経験がほとんど無いままカフェを始めたので、”料理人としての基礎が無い”というコンプレックスを実はずっと持っていました。

でもやっぱり出場するからには全力で戦いたい! なんなら勝ってみたい!

全国の強豪相手と互角に戦うために、しっかりと戦略を組み立てて、メニューを考える事にしました!


■ケンケンが料理未経験のままカフェを開業する話はこちら!
ケンケンのカフェ開業ストーリー



メニューは、PosiBigでも紹介したり、お店のスタッフにも食べさせてきた「デカ盛りまかないメシ」をベースにしようと思います。やっぱり作り慣れた料理ですし、PosiBigやスタッフにもゆかりがあるので、やっぱりこれで勝負したいなと!

数ある「デカ盛りまかないメシ」の中からベースとして選んだのはこの4品。


「火山(KAZAN)」



「兜(KABUTO)」



「ニク・ボナーラ」



「ニクロンチーノ」


これらのメニューをベースにして、作戦を組み立てていきます!

僕らしさ、北海道らしさを、前面に出す作戦!


制限時間30分。

これがけっこう重要なルールでして、30分以内で作れるメニューにしないといけない。さらに料理をしている最中のインパクトも審査の対象なので、作る過程で”見せ場”となるアピールポイントも用意する必要がある。与えられた30分に出来るだけ多くの要素を盛り込む。

そうなった時に、欲張って不慣れな調理法や食材なんかを盛り込んでしまうと、不安要素にもなりかねないし、時間もロスする可能性もある。

さぁどうするか?



ここはもう開き直って、作り慣れたメニューをベースに、やり慣れた調理法、使い慣れた食材を、30分に詰め込もう!

いつも通りの僕らしいやり方で、そして北海道という土地柄も活かして、北海道産の食材もふんだんに取り入れて勝負しよう!

というわけで「僕らしさ、北海道らしさ、を前面に出す」という作戦に決定! それが一番のびのびと戦えるはず!

大まかな方向性が固まったところで、1品ずつ戦略を考えて、”デブ飯料理”としてメニューに落とし込んでいきます!


「火山(KAZAN)」をデブ飯に進化!


まずは「火山(KAZAN)」。

この料理はピリ辛に炒めたひき肉メインなんですが、これを女子が喜ぶメニューにアレンジします。

事前の情報によると、ぽっちゃり女子の方々が審査を行う、という情報もあったので、女子狙いで組み立てていきます。普段、ウチのカフェは女性のお客さまが多ので、女子受けするレシピは得意です!

ハイカロリーなデブ飯ということなので、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、クリームチーズと、チーズを3種類使用して、タコライスにします。料理中の”見せ場”をアピールするために、チーズをバーナーで炙って溶かすという演出も加えます。

香りと風味で食欲をアップさせるために、ニンニクも使います。でも女子向けなのでニンニクはほどほどに。

さらにバターに衣をつけて揚げた”揚げバター”も加えます。バターを揚げるという禁断のハイカロリーメニュー! これにさらにハチミツをかけてトッピングする作戦!

見た目の色合いもキレイにしたいので、本来のタコライスで使うレタスの代わりにアボカドを使用。もともとカロリーが高めなアボカドには、オリーブオイルやごま油、グラニュー糖を加えて、カロリーも美味しさもアップ。

最後に砂糖をたっぷりかけてバーナーで炙った”砂糖のブリュレ”をフィニッシュに持っていき、カリカリの食感とデザートのような甘さを部分的に加えます。


そのレシピがこちら!
※放送前なのでモザイクをかけてあります。


女子の審査員を狙ったこの作戦、本番でははたしてどんな結果になるか!?

「兜(KABUTO)」をデブ飯に進化!


続いて「兜(KABUTO)」。

ファイナルの2本勝負のうちの一つが、丼もの対決という事で、見た目のインパクトも強い「兜(KABUTO)」をベースにする事に。

「兜(KABUTO)」はスタッフのまかない料理の中でも初期のレシピでして、個人的には思入れの強いレシピ。しかもTVチャンピオンの収録時のスタジオのセットには、まさに巨大な兜のオブジェが鎮座するという事で、ネーミングの相性も良いんじゃないでしょうか!

本来このレシピは、肉をどっさりと盛り付けるんですが、今回は北海道産の食材をふんだんに使って攻めようと思っていますので、ラム肉を使う事にします! 北海道では、ラム肉をタレで漬け込んだジンギスカンを家庭でも普通に食べるくらいラム肉が身近なのです。

ラム肉本来の味も楽しんでもらいたいので、ラム肉の味付けはバターと塩とグレイビーソースでシンプルに。

ちなみにTVチャンピオンの出演の話が来たのが4月頃、東京での収録は5月末を予定との事。そこで今回、秘策中の秘策として”行者ニンニク”を用意しました!

行者ニンニクというのは、ちょうどこの時期に北海道で採れる山菜で、ニンニクのような風味をもったネギのような山菜。この珍しさが審査員も気になるんじゃないでしょうか!

フィニッシュの温玉も、そのままではつまらないのでバージョンアップさせましょう! 半熟のゆで卵をスライスチーズで包み、さらにベーコンをグルグルに巻いてフライパンで炒めるという、ベーコンチーズ玉子ボールに進化!


そのレシピがこちら!
※放送前ですのでモザイクをかけてあります。


北海道産食材で攻めたこのレシピ。ラム肉と行者ニンンクは、はたして吉と出るか凶と出るか!?

「ニク・ボナーラ」と「ニクロンチーノ」を合体させて、デブ飯に進化!



最後は「ニク・ボナーラ」と「ニクロンチーノ」。

ファイナル2本勝負のうちのもう一つが、デブ麺対決ということでテーマが麺。となると作り慣れたパスタで勝負します!

ハイカロリーなデブ飯ということで、卵、生クリーム、チーズを使ったカルボナーラ仕立ての「ニク・ボナーラ」をベースにします。

そこにオリーブオイルや焦がしニンニク、目玉焼きをつかった「ニクロンチーノ」を合体させて、デブ麺レシピを組み立てます!

ニク・ボナーラの主役は肉。今回は、鶏肉、豚肉、ソーセージ、ベーコンと、4種類の肉を使います!

さらにトッピングにはチーズに衣をつけて揚げた”チーズフリッター”をトッピング!


そのレシピがこちら!
※放送前ですのでモザイクをかけてあります。


実はこのパスタのレシピ。今回用意した3品の中で最も作業工程が複雑なレシピなんです。実際に時間を計って試作をした時には、ギリギリ30分ジャストで完成しました。使い慣れたいつもの厨房でもギリギリだったのに、はたしてスタジオの特設の厨房で、時間内に作れるのか!?

いよいよ収録! ケンケン東京へ行く!


5月某日。TVチャンピオンの収録のため、いよいよ東京に向かいます! 収録当日は午前中からの収録になるので、前日に東京入りします!

実は生まれ故郷の北海道でカフェを始める前に、17年くらい東京に住んでいました。でも東京に行くのは随分と久しぶりです!

期待と不安とドキドキで、なんだか気持ちがフワフワしていますが、当日の収録も含め、東京を思いっきり楽しんで来ようと思います!



今回の収録では、最小限の厨房設備はスタジオに用意されるんですが、長年使い続けた道具類も含めて撮影をしたい、との制作側の要望から、フライパンやら鍋やらトングやお皿に至るまで、必要な道具を全て札幌から東京に持っていく事にしました。

さらに先方が手配してくれたホテルが、六本木のド真ん中のホテルなので、近所にスーパーなどは全く無い場所。現地で食材を用意するのも不安なので、必要な食材は調味料に至るまで、これらも全て札幌から東京に持っていく事にしました。

なので荷物が超多くて、激烈に重い!

フライパンやら鍋やら食器やらがパンパンに入ったスーツケースと、食材がギュウギュウに詰まったクーラーボックスを抱えて、いざ決戦の地、東京へ向かいます!

収録前日、東京を満喫!? ケンケン東京珍道中。


今回の東京遠征は2泊3日。10:20 新千歳空港発、羽田空港行き。到着予定は12:00くらい。東京に着いたら初日は半日くらいは時間がありますね!

2日目が収録日で午前中から夜までみっちり撮影。最終日の3日目は午前中に帰るだけ。なので東京を満喫するなら初日の半日が勝負です!



乗るのはこの飛行機。AIR DOのやつです。普段は飛行機なんて乗らないので、ちょっとドギマギしました。今どきはチケットの代わりにQRコードをピっとやるんですね。



いよいよ飛び立ちます! 席は窓側、天気は晴れ。上空からの眺めも最高です!

前日は寝ないで明け方まで準備をしていたので、機内ではしっかり睡眠をとって、東京満喫計画に備えましょう。



東京到着! やっぱり札幌に比べると5月でも暑いですね! とにかく荷物が多くて重いので、まずは六本木のホテルに向かいます。



羽田空港からモノレールに乗って浜松町に来ました。ここから地下鉄に乗り換えます。

その途中で東京タワーを発見! これぞ東京っていう感じですね。せっかくなんで記念撮影。



やっと六本木のホテルに到着しました……。

何が大変ってね……、地下鉄の乗り換えってアップダウンがあるでしょ……。激重のスーツケースとクーラーボックス、自分のカバン、これらを抱えてのアップダウンがもう超大変で……。ホテルに到着した時点ですでにもうグッタリです……。

さっそくチェックインを済ませてひと休みしてから東京の街に繰り出しましょう!

と思ったら時間は13:30。

『お客さまチェックインは15:00からです』

えー! マジで! 荷物だけでもなんとかなりませんか?

『チェックインの前でも、お荷物だけはお預かりできますよ』

じゃあお願いします! 夕方過ぎくらいにはチェックインしに戻ってきますので。



ようやく身軽になりました! 

やっぱり最初は、今回のTVチャンピオン出演のきっかけになった、いつもお世話になっているPosiBig編集部にご挨拶に行きます!

かれこれPosiBigでは1年以上も文章を書かせてもらっていますが、編集部が東京にあるため、これまでのやり取りはずっとメールか電話でやらせてもらっていました。



PosiBig編集部の皆さんと直接お会いするのは今回が初めて。なんだか不思議な感じです。

編集部の皆さんにご挨拶しつつ、今回の出演のきっかけになったお礼や、今後の話などもしつつ、いろいろ楽しくお話しさせていただきました!

その後、近所の音楽マニア向けのアートショップや、古い有名な喫茶店などにも連れて行っていただき、お茶をしながらも楽しい話は尽きません!

編集部の皆さん、これからもどうそよろしくお願いします!



そんな編集部を後にしまして、その次に向かったのはマニアの聖地、中野ブロードウェイ! まんだらけ本店が入っているビルで、マニアックなお店がひしめき合っているビルです。

札幌から食材や道具は全て持ってきましたが、それでも現地で買わないといけないものもあります。卵とかバーナー用のガスボンベとか。ガスボンベは飛行機の機内には持ち込めないし、荷物としても預けられないので、現地で調達しないといけません。

ホテルのある六本木周辺にはスーパーなどはないし、現地でスーパーを探す時間もないし、見つけたスーパーに目当ての食材があるとも限らない。

そこで思いついたのが、スーパーもあって買い出しもできて、さらに東京も満喫できる場所。そう! それが中野ブロードウェイ!

東京に住んでいた時も、何度も来ていた場所なので、言うなれば東京でのホームグラウンド! 早々にビル内のスーパーで卵やキッチンペーパーなど必要なものを購入。さらにビル内の100円ショップでガスバーナー用のガスボンベも購入。これで買い出しは全て終了!

あとはまんだらけ本店やマニアックショップを、時間の許す限りブラブラと散策しながら中野ブロードウェイをたっぷりと堪能! さすが東京、札幌とは品揃えやディープさが違いますね!



編集部にもご挨拶も済ませ、買い出しも完了し、中野ブロードウェイも満喫したので、六本木のホテルにチェックインをする前に、昔の友だちとちょろっと飲もうゼ! という事になり、次は上野に向かいました。

上野のイイ感じの居酒屋で、超久しぶりの友達と合流、昔話や近況報告話に花を咲かせながら、今回のTVチャンピオンの話を詳しくしてあげよう、先ほど写真で紹介した企画書や料理のレシピを見せてあげようと……、カバンからTVチャンピオンの資料を全て入れたファイルを取り出します。

……取り出します。

……取り……出し……ます……。

……取り……出し……。

無いじゃん!!

今回の資料が全て入ったファイルが丸ごと無い……!

そこにはホテルの地図や、航空券など、今回の大事なものを全て入れてありました。これまでワイワイと楽しく飲んでいたのが、一気に酔いが覚めました!

ヤバいっす! マジでヤバいっす! ちなみにこの時点で時刻は19:50くらい。

もしかしてPosiBig編集部に忘れたか……。すぐさま編集部に電話をします!


「スイマセン、先ほどはありがとうございました。実は資料が入ったファイルをどこかで忘れたようで、そちらに無いでしょうか?」

『えー! ケンケンさん! こっちには無いですよ!』


そうかー、無いかー。もしかして中野ブロードウェイに忘れたか……。すぐさまレシートを見ながらスーパーに電話をします!

『いやー、ファイルの忘れ物は、こちらにはありませんねぇ……』


なにー! となると100円ショップか! すぐさまレシートを見ながら100円ショップに電話をします!

『ファイルの忘れ物ですか? こちらにありますよ!』

よかったー! ホントによかった! これでひと安心……。この時点で時刻は19:55くらい。

『それでは当店20:00までの営業になりますので、今すぐこちらに取りに来て頂くか、明日でしたらオープンの10:00から閉店の20:00までの間に取りに来てください。』

えっ……!!

上野から中野まで30分かかるところを、いまから5分で行くのは不可能。さらに明日の収録は、9:30~20:00の予定! 行く時間が無いじゃん! ヤバいっす! 再びヤバいっす!

という一連の事情を相手に説明しつつ、なんとか今日の夜に取りに行けないでしょうか……とお願いしたところ……

『では一旦、お電話をお切りしてお待ちください。ちょっと上司に相談してまたお電話します』


電話を待つ事15分。その間ソワソワ、ドキドキしっぱなしでした! 飲み会を仕切り直してもぜんぜん落ち着かない!



結局、ビルの24時間空いている管理センターに預けてくれて、その日のうちに取りに行ける事になりました! よかったー! ホントによかった! これでホントにひと安心です!

上野での飲み会が終わった後、夜にまた中野ブロードウェイに行き、無事にファイルを受け取ってきました……。


確かに中野ブロードウェイに行って、東京を満喫しようと思っていましたけど、まさか2回も行く羽目になるとは……。短い時間でしたけど、しっかりと東京を満喫する事が出来ました……。


深夜も0:00を過ぎ、ようやく六本木のホテルに戻って、改めてチェックインの手続きを……。

『お預かりしていたお荷物はこちらですね。チェックイン、けっこう、遅くなりましたネ(苦笑)』


5月某日、いよいよTVチャンピオン収録日!


そんなドタバタな東京初日でしたが、翌朝は気持ちよく目覚め、ゆっくりと朝食も取り、テレビ東京のスタジオに9:30集合! いよいよ収録が始まります!

迷うくらいに入り組んだスタジオ。ご丁寧に楽屋も用意してくれていました! だんだんとテンションが上がってきます!



収録するスタジオはこんな感じ! 広いスペースに豪華なセットが組まれ、スタッフの皆さんがバタバタとせわしなく動いています!

このスタジオの特設厨房で、間もなくデブ飯料理人たちの熱いバトルが繰り広げられます! 前日はちょっとバタバタしましたが、作戦も準備もバッチリです!

心地よい緊張感のただようこのスタジオで、はたしてこれからどんな戦いが繰り広げられるのか!?


『それでは! 本番いきまーす! ハイ! カメラ回ったー!』

『5…、4…、3…、……、……!』

番組の放送は7/1(日)BSジャパンで21:00から!


というわけで! いろいろありましたが、番組の放送日時は以下になります!


「TVチャンピオン極〜KIWAMI〜」
デブ飯料理人選手権

7/1(日)BSジャパン 21:00~21:54(1時間)
7/7(土)テレビ東京 10:30~11:00(30分)


ケンケンの対決はどうなるのか! 勝負の行方は! その先にどんなドラマが待っているか!

その結果はぜひ番組をご覧になって、ご自身の目で確かめてください!

それでは皆さん、7/1(日)21:00に、テレビでお会いしましょう!


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
TEL : 011-200-0546
URL:http://cafe-sahabi.com/


■ケンケンの人気記事はこちらから!
「デカ盛りまかないメシ」シリーズ
「ヘルシーデカ盛り料理! 」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ

■ケンケンのスポーツ挑戦シリーズ
100kgのぽっちゃりメンズでも登れるのか!? ボルダリングに挑戦してみた!