health

健康を考えるなら自炊!おデブ男子にも簡単なガッツリ&ヘルシーレシピとは

健康をキープするにはやっぱり自炊!・・・って、分かってはいるのですが、ついつい話題のお店に敏感なぽっちゃり&おデブ男子としては外食が増えてしまうという方、多いのではないでしょうか~?おいしいものをガッツリ食べたいけど、自炊は面倒くさい!ましてや栄養バランスやカロリー計算を考えるなんてもう無理!!
そんな面倒くさがりなおデブ男子にもおすすめ!な、“肉”と“キャベツ”と“もやし”を使ったメニューをご紹介します。
一人暮らしのぽっちゃりメンズでも少ない手間で簡単にできる!なのにガッツリ感ヘルシー感も満たしてくれる!そんなスペシャルメニューをご紹介しましょう!


「鶏むね肉」+「マヨネーズ」でガッツリ&ヘルシーを実現!

「鶏むね肉」といえば、美しい筋肉を作ってくれる頼れる食材。“良質なたんぱく質”が多く、“ローカロリー”でとってもヘルシー!でも、ぽっちゃりメンズにとってはちょっと味が淡白で物足りない、ヘルシー過ぎ?・・・と感じること、ありませんか?そんな時には「マヨネーズ」でコクをプラス! 少ない手間で簡単にガッツリメシが完成します。

<作り方>
1、塩コショウで下味をつけた鶏むね肉をフライパンで両面焼く。
2、しょう油と砂糖とマヨネーズを各同量、そしてニンニクを入れて煮絡める。
3、キャベツともやしは茹でても炒めてもレンジでチンでもOK。
これだけ!

もうちょっとこってり感が欲しければ、さらに「酒」と「みりん」を同量プラスすれば、より立派な“照りマヨ”に。ご飯に乗せて刻みネギを散らした“照りマヨ丼”もおすすめです。
ちなみに鶏むね肉は“斜めに切る削ぎ切り”にすれば、より柔らかい食感になり食べやすくなります。

野菜があるだけでヘルシー感が増すので、肉料理には野菜をプラス!
ちなみに「キャベツ」には「ビタミンU」という、“胃や十二指腸などに発生する潰瘍などを防止・治療する効果”のある栄養成分が含まれています。ガッツリ食べたいけど胃の健康も気になるおデブ男子にとって、キャベツは食事のお供ってところですかね!
また、「もやし」といえば、もはや説明いらずの“節約”と“ダイエット”の強ーい味方。おデブ男子としては、大きなカラダを楽しみつつも健康を害するほど太ってしまうのは避けたいですよね。もやしなら、「最近の食べ過ぎをちょっとだけリセットしたいな~でも、量はガッツリいきたいな~」なんてときにもぴったりの食材ですよね。

・コチラもチェック!キャベツともやしをたっぷり使ったヘルシー料理!
デカメンのデカメンによるデカメンのためのヘルシー料理! 1皿目「野菜炒めアンナプルナ」

「豚肉」を使うなら“蒸す”のがおすすめ!

意外と脂肪分が多く、カロリーが高めな「豚肉」。そんな豚肉をガッツリ感も残しつつ、できるだけヘルシーに食べたいなら“蒸す”のがおすすめです。

<作り方>
1、あれば土鍋、なければフライパンにキャベツ、豚肉、もやし、豚肉、キャベツ、豚肉・・・と好きなだけ重ねる。
2、最後に料理酒を2~3周回しかけて蒸す。
これだけ!

「あれ?ガッツリ感は?」と思ったあなた。食べる時に「焼き肉のタレ」をかけて食べてみてください!いい感じにガッツリ感を味わうことができますよ。ほかにも肉の間に「チーズ」を重ねて蒸し、最後に「ケチャップ」と「マヨネーズ」をかけて食べるのもおすすめです。


手間なしヘルシーメニューの横綱「鍋」!

手間なしヘルシーメニューの横綱といえばやっぱり「鍋」!鍋なら、ガッツリ&ヘルシーを簡単に実現できます。最近は、夏でも“ピリ辛系の鍋”や、“夏野菜を使った豚しゃぶ鍋”なんかも人気のようで、季節を問わずの人気メニューになっているようですね!
そんな鍋料理における、ぽっちゃりメンズ的“ガッツリ&ヘルシー”のポイントといえば「スープ」。通常のスープに加える、プラスアルファの隠し味にこだわってみることが重要です。あっさりクリーミーな豆乳鍋なら味噌を加えてコクをプラス。カツオ出汁のスープなら醤油と砂糖をプラスして、ほんのり牛丼風のご飯がはかどる味に変身させましょう。
自炊が苦手、最近野菜摂ってない、そんな方はまず鍋料理からスタート!

まとめ

自炊なら節約もできて、ガッツリ感も思いのまま♪「料理は無理~!」と、やる前から諦めるのはもったいないです!ただ肉を焼いてお好みのソースをかけるだけでもOK!付け合わせの野菜を一緒に摂れば、ヘルシー感もプラスできます。自炊をすることで、 自分好みのガッツリ&ヘルシー感に新たな発見が生まれるかもしれませんよ!

・こちらもチェック!
おデブ男子のためのガッツリヘルシー料理!お野菜たっぷり「ポトフ・タンガニーカ」

<参考・参照元>
キャベツの栄養成分と効用|旬の野菜百科
サカゼン通販バナー