health

健康オタクなぽっちゃりメンズオススメ!「プロテイン」のダイエット効果

こんにちは!ぽっちゃり健康オタクのヒガシです!
今回はちょっと、ダイエットの話をしたいと思います。PosiBigでダイエット…?と思われるかもしれませんが、僕は「健康」なぽっちゃりであることを目指しているので、これから始まる記事もそんな内容です!

さっそくですが、みなさんは「プロテイン」にどんなイメージをもっていますか?

効率の良いダイエットはバランスの取れた食事と運動を並行して行うことが最も重要。食べないダイエットや、極度に激しい運動は継続することが難しく、リバウンドの原因になることもあります。有酸素運動で脂肪を燃焼させながら、筋トレによって筋肉量を増やし、基礎代謝を上げていくことで、太りにくい体質に改善することが可能です。

そこで重要になってくるのが、筋肉の素となる「たんぱく質」の存在。そしてたんぱく質を効率良く補給できるのが「プロテイン」なんです!


プロテインの正体とは?

プロテインという言葉を聞くと、スポーツ選手やボディビルダーが飲んでいる特別なものをイメージする人も少なくないと思います。

しかし、実はプロテインは何も特別なものではなく、「たんぱく質」そのもののことを指します。

通常の食事でたんぱく質を摂取しようとすると、多くの食材には「脂質」も入っていることが多く、これらがダイエットの効率を下げてしまうことがあります。プロテインとは、これらの成分を減らし、たんぱく質を効率良く摂取できるように作られた食品なのです。


プロテインの種類と特徴

たんぱく質は、大きく分けて「植物性たんぱく質」と「動物性たんぱく質」の2つの種類があります。植物性たんぱく質は主に大豆や野菜、果物に含まれています。プロテインだと「ソイプロテイン」という名称で販売されていることが多いです。対して「動物性たんぱく質」は肉や魚に多く含まれ、「ホエイプロテイン」という名称で販売されています。

ソイプロテインの特徴は、緩やかに時間をかけて体内に吸収されていくという点です。中性脂肪を下げる効果が期待できるため、ダイエット以外にも日々の健康のために摂取している人が多いのが特徴です。ソイプロテインは少し粉っぽいですが、メーカーによってはさまざまな味で飲みやすさを追求しています。

動物性のホエイプロテインの特徴は、筋肉を大きくする働きがあるという点です。そのため、多くのアスリートもホエイプロテインを愛用しています。水に溶けやすく、味もたんぱくで飲みやすいことが特徴ですが、ソイプロテインに比べると価格は比較的高めであることが多いです。


ダイエットにおすすめのソイプロテイン

プロテインのことをズラズラと語ってきましたが、ダイエットにはズバリ、ソイプロテインがおすすめです!ホエイプロテインに比べると価格も安く続けやすいと思います。プロテイン初心者には「SAVAS(ザバス)」のソイプロテインがおすすめ。ココア味で飲みやすく、毎日飲んでも飽きないと思います。

しかし、ダイエットを考えている人の中には「プロテインなんかに頼らなくても、普通のダイエットなら食事と運動に気をつけるだけで十分でしょ?」と考える人も少なくないと思います。実は健康オタクの僕もそうでした。

でも、定期的にジムへ通っている僕。運動をした後にはどうしてもお腹が空いてしまい…。食事に気をつけなければと分かっていても、欲求に負け、つい食べすぎていました。(そこにご飯がある限り…っ!)

そんな僕ですが、なんとプロテインを1杯飲むことで空腹感の軽減にもつながり、食べすぎてしまうことも少なくなったのです。僕の場合、プロテインそのものの効果に加え、このような「食欲の抑制」の効果が大きかったのがプロテインをおすすめする最大の理由です!


サマソニのTシャツを着ながらのプロテイン一杯。最高です。

おすすめのプロテイン摂取方法

基本的なプロテインの摂取タイミングはいくつかありますが、「運動直後」と「就寝前後」が良いとされています。
プロテインは粉末状なので、これを水や牛乳に溶かして飲みます。ただし、ソイプロテインの場合は粉っぽいので牛乳が良いと思います。中でも「低脂肪乳」は脂肪分も少ないうえに価格も安くおすすめです。

僕の場合は、平日は夜まで仕事があるので本格的な運動はできないことが多いです。そのため、朝食前にプロテインを飲み、夜は自宅に帰ったら食事の前に筋トレ、その後にプロテインを飲むようにしています。僕なりに重要だと思っているのが、「食事前」に摂取するということ。先ほどもご紹介したように、食欲の抑制につながるので食べる量も少し減りました!


僕はプロテインを飲み始めて約1ヶ月ですが、始める前に比べて3kg落ちました。どんなことにも共通していえる大事なことは、「継続すること」だと思います。はじめのうちは慣れなかったり窮屈に感じることもありましたが、今では日々の習慣になっています!健康的なぽっちゃりを目指し、地道に頑張っていきたいと思います!

■こちらもチェック!
おデブ男子がスポーツジムって実際どうなの…?ぽっちゃりメンズがオススメするトレーニングメニューを紹介!

<参考・参照元>
ザバス|株式会社 明治【公式】