health

100kgのぽっちゃりメンズが乗っても大丈夫……?「乗馬」にチャレンジしてみた!


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっています”ケンケン”こと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

札幌もすっかり秋を通り越して冬模様。北海道の秋はとても短いんです。もう秋だな……と思っていると、すぐに雪が降って冬になります。

でも北海道以外の地域では、まだまだ食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋! そんな秋を満喫するべく、ケンケンのスポーツチャレンジ! 今回は「乗馬」です!

乗馬って馬に乗るんでしょ? 体重が重くても大丈夫なの? 初心者でも馬に乗れるの?

そんな不安と疑問を抱きながら、乗馬体験に行ってきました!


あまり馴染みのない乗馬体験。ネットで検索すると意外と身近に見つかります!


まぁ、北海道ですので、ネットで”乗馬体験”と検索すると数多くヒットしますが、意外にも東京近郊でも乗馬体験ができる場所がけっこうあるようです。新宿駅から2駅の場所にも乗馬クラブがあるのには驚きました。

だいたいの料金の相場は、30分の乗馬体験で5000円前後。インストラクターの人が手綱を引いてくれる「引き馬」だともっと安くなりますが、せっかくなんで自分で手綱を握る乗馬体験の方が、満足度も高いと思います。

ネットでそのまま予約できたりもしますが、平日は特に、予約の人数が一定数に満たない時は中止になる場合もあるようなので、直接問い合わせてみるのが確実です。



そんな中、ネットで見つけて今回お邪魔したのが「南幌(なんぽろ)ライディングパーク」
南幌ライディングパーク
【住所】北海道空知郡南幌町南8線西14番地
【電話】011-378-5800
【営業時間】10:00~19:00
【HP】http://www.nrp-2007.com/index.html
札幌の中心部から車で約1時間くらい。なにせロケーションが最高で、だだっ広い敷地で気持ち良く乗馬が楽しめます。しかも乗馬体験が30分で3000円と非常にリーズナブル! 


北海道ならではの大自然で乗馬体験!


平日の昼間に車を走らせて小一時間。周りに何にもないところに、ポツンと南幌ライディングパークの看板が見えてきました。

駐車場に車を停めてはみたものの、なぜがゲートが閉まったまま……。あれ? 入り口はここじゃないの? どこに行ったらいいの? と、ちょっと困惑していたところに……。



なんと犬が2匹、迎えに来てくれました!

えー! なになに!? キミたちが案内してくれるのかい!?



「よく来たな! 厩舎はこっちだぜ! ついてきな!」



「はいはい、いらっしゃいー。こっちだよー」

放し飼いの犬たちが迎えに来てくれるなんて! いきなりのホノボノ洗礼です!



広大な敷地内には厩舎があったり、馬たちがいる囲いがあったり、乗馬場があったり、なにせ広くて気持ちがイイ!



馬と犬が、仲良くのんびり暮らしている感じです!



しかも放し飼いの馬も2頭いました! なんて自由なところなんでしょう! 馬も放し飼いなので、入口のゲートが閉じていたんですね。なるほど納得。

北海道ならではの大自然の中で、馬も犬も人も一緒に生活しているような、とてもステキな場所です!


厩舎の中を見せてもらいました!


普段なかなか見る機会のない厩舎の中。広い厩舎の左右には、馬の小部屋がズラっと並んでいます。今日は天気が良いので馬たちはみんな外に出ています。



こちらは馬具が置かれている部屋。



大量の牧草が置かれている部屋。



厩舎の中をウロウロしていると、興味津々に犬が後をついてきます。ちくしょうめ! 可愛いなコイツ!



おー! 真っ白い馬がいました!



ひゃー! 近くで見ると馬って美しいなー!

目がクリっとしていて、首や足のラインがキリっと引き締まってて、思わず見惚れてしまうくらいの美しさです!

人懐っこくておとなしい馬なので、頭を撫でるとあたたかい体温が手に伝わってきます。


乗馬の準備をします!


さて、今回僕が乗る馬を、社長さん自ら外から連れてきてくれました。



「ほれー、お仕事だよー、頼むよー」

なんて声を掛けながら連れてきてくれました。さっき頭を撫でた白い馬も、窓から顔を出してきました! みんなが仲良しでホノボノしますね!



厩舎にスタンバイすると、足や体をブラッシングし、ヒヅメについた土も落として、馬の体をキレイにしてあげます。



体がキレイになったら、鞍や手綱を付けて準備完了です!


いよいよ馬に乗ります!


僕が乗るの馬の名前は「エクセレンスワン」! みんなからエクちゃんと呼ばれています。

エクちゃん、今日はよろしくね!

ちなみに乗馬用の帽子もお借りしました。布っぽい見た目なので一見柔らかそうですが、実はこの帽子、ヘルメットのように固いんです。



まずは最初の不安……。

馬ってけっこう背が高いんです。どうやって馬の背中に乗るの!? 飛び乗るの!?

そんな僕の不安を察してか、犬がぴったりと寄り添ってくれています。



あ! なるほど! 踏み台があるんですね。これは安心!



片方の足を鐙(あぶみ)に乗せて、グイっと体重をかけて体を持ち上げて、馬の背中にまたがります。

黒犬が心配そうに見つめています。



おー! 乗れたー!

自分の体重の重さなんか全く気にならないくらい、馬の背中はがっしりとしていて安定感と力強さがあります! 馬の背中ってスゲー!

実際に「僕、体重が100キロくらいあるんですが、馬に乗っても大丈夫なんですか?」と聞いたところ、「ぜんぜん大丈夫ですよ。馬はもっと重たい荷物を運んだりするので、100キロくらいは馬は気にならないと思いますよ」とのことでした。


乗馬体験スタート!


お! お! お!

インストラクターのお姉さんが合図をするやいなや、馬がテクテクと歩き出しました!



おー!

されるがままの感じです……!



そのまま乗りながら、馬の動かし方を教えてもらいます。



手綱は小指と薬指の間に挟んで持ちます。手綱をピンと張り過ぎると馬の口が苦しくなりますし、緩めすぎると馬をコントロールしにくくなります。強すぎず緩すぎないくらいの長さで手綱を持ちます。これがけっこう難しい……。



最初はゆっくりと柵の内側をグルっと歩きます。馬がきちんと柵の内側を回ってくれるので、最初は馬にお任せです。



鐙(あぶみ)に乗せた両足は、馬の体を挟み込むように軽くキュッと締めておきます。太ももにも力が入りますね。



乗り始めは僕自身も緊張していましたが、だんだん馬の背中にも慣れてきました。背中を真っ直ぐに伸ばして乗ると、安定感があって馬も楽なんだそうです。



「慣れてきたところで、馬を左右に曲がらせて、中央を横切ってみましょう!」

手綱を使って、進みたい方向に馬の首を向けると、その方向に馬が進んでくれるそうです。

グイ―っと優しく首を横に向けてあげると、ホントだ! 曲がってくれた!



おー! ゆっくりだけど自分で馬をコントロールできるようになってきました! と言っても馬が優秀なんだと思いますが……。でも少しだけ人馬一体な気分! なんか嬉しい!



カメラに目線を向けるくらい余裕も出てきました!

「では残り時間は、小走りで駆けてみますか?」

え!? マジっすか!?

「足で馬の胴を2回、ポンポンと軽く叩いてあげてください。そうすると駆けてくれますよ!」



ポンポン!

お! お! お!



おー! ちょっと速くなったー!

けっこう激しく上下するのでお尻が痛いし、なんかちょっと不安定だ!



太ももとふくらはぎでしっかりと馬の胴体を挟み込み、馬が駆けるリズムに合わせて、自分の上半身も上下に! だんだんコツをつかんできました!

ウヒョー! 楽しー!


なんだか戦国武将になった気分! 昔の人はみんな馬に乗ってたんだよなぁ、と思うと不思議な気持ちになります!


想像以上に楽しくて! 馬にも癒される!


あっという間の30分でした! いやー楽しかった!

乗馬ってもっと気品のあるブルジョアなイメージでしたけど、意外と気軽に楽しめて、引き馬ではなく、1人で馬に乗るというのがとても面白かったです!

僕なんかより馬の方が人を乗せるのに慣れているので、安心して乗れました。乗ったというより、乗せてもらったという感じですね。

こんな重たい僕を乗せてくれて、ありがとよ! エクセレンスワン!




乗馬体験、誰でも簡単に楽しめます!

今回はなかなか貴重な体験ができました! 馬と触れ合ったり、馬の体温を肌で感じたり、そういう馬との触れ合いに、心もとても癒されました! 

体を安定させるために、背筋を伸ばし、両足もずっと力を入れていたので、ほんのりとした疲労感もありますが、それもとても気持ちが良いです!

皆さんも是非、乗馬体験をしてみてください!

好きな動物はなんですか? と訊かれたら、即答で「馬です!」って答えるくらい、馬が好きになりますよ!

僕もちょっとこれはハマりそうです! 必ずまた行こうと思います!



「またきてねぇー」


ではまた。

CAFE サーハビー
【住所】〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
【営業時間】15:00~24:00(金土祝前26:00)
【定休日】日曜
【電話】011-200-0546
【HP】http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンのスポーツチャレンジ
100kgのぽっちゃりメンズでも登れるのか!? ボルダリングに挑戦してみた!
100kgのぽっちゃりメンズがテニススクールに体験しに行ってみた!
100kgのぽっちゃりメンズが「30kmのサイクリング」にチャレンジしてみた!