health

100kgのぽっちゃりメンズが「スラックライン」にチャレンジしてみた!


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっています“ケンケン”こと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

以前からちょっと気になっていたスポーツがありまして、札幌にもようやく専門のジムができました!

そのスポーツは「スラックライン」

あまり聞き馴染みのないスポーツかと思いますが、スラックラインというのは、綱渡りのようにバンドの上に乗って、その上でバランスを保ちながらエクササイズをするスポーツ。

百聞は一見に如かず! 札幌にできたばかりのスラックライン専門のジム、「スラックラインラボラトリー」に行ってきました!


新時代のフィットネス「スラックライン」


さっそくやって来ました「スラックラインラボラトリー」!

SLACKLINE LABORATORY
スラックラインラボラトリー
【住所】〒001-0908 札幌市北区新琴似8条1丁目1−1フロンティア西麻生2 B1
【営業時間】平日:13:00~21:00 / 土日祝:10:30~19:00
【定休日】 金曜日 年末年始を除く
【電話番号】 011-758-1333
【HP】https://slackline-lab.com/

場所は札幌の中心部からで約30分ほどのところ。真新しいジム内には、スラックラインの専用器具がズラッと並んでいます!

ウェビングと呼ばれる、5cm幅のナイロン製ベルトをピンっと張った状態で設置して、その上でバランスをとりながら様々なポーズをとります。



ピンっと張られていないユルユルのウェビングも設置されています。

そもそもスラックラインというのは、山を登るクライマーたちがバランス感覚を鍛えるために始めたのが起源とも言われています。

2007年にドイツのGIBBON社が、簡単に設置できるスラックラインの器具を開発。それをきっかけにヨーロッパを中心に全世界に広まり、2009年頃に日本に入ってきたそうです。

バランス感覚や体幹を鍛え、腹部や下半身のシェイプアップにも効果があり、新時代のフィットネスとしてとても注目されているスポーツです。

スラックラインをトレーニングに取り入れているプロのスポーツ選手も、ここ数年で増えてきているそうですよ。


それではさっそく「スラックライン」にチャレンジ!


スラックラインのやり方には、いくつかのスタイルがあるそうです。

スタティック
ピンっとテンションを掛けたウェビングの上で、様々なポーズや技を楽しむスタイル。
ポージングをする以前に、まずはウェビングの上に立てなければ始まらないので、今日はこの「スタティック」で基礎を教えてもらいます!

ロデオライン
テンションがかかっていない、ユルユルのウェビングの上でバランスを保つスタイル。
これもちょっとだけ体験させてもらったんですが、超難しいです!

トリックライン
ウェビングの上で、トランポリンのようにジャンプしたり回転したりする、アクロバティックなスタイル。
これはもうサーカスです! 後ほど動画を紹介しますね。

ロング/ハイライン
2.5cmほどの細めのウェビングを30m以上の長さで張って、長い距離を渡り切るスタイル。
綱渡りのようなやり方です。


準備運動はしっかりと!


今回スラックラインを教えてくれたのは、インストラクターのカーチャ先生。日本スラックライン連盟公認のインストラクターの資格を持っています!

我々デカメンは基本的に運動不足なので、まずはしっかりと準備運動をしましょう! 



シューズ底の薄いインドアシューズが適しているそうですが、体験レッスンの場合はシューズはなくてもOKです。ただし靴下を履いていると滑る危険性があるので裸足になります。

ここで、一番気になっていたことを思い切って聞いてみました。


僕みたいな体重が重たい人が乗っても、大丈夫なんでしょうか……?


「大人の人が2人乗っても大丈夫なくらいの強度があるので、心配いりませんよ!」


よかった! ちょっと安心しました!


※後日調べてみたところ、木製のスラックライン器具の場合は、体重制限が80kgだったりするみたいなので、モノによっては確認しましょう(涙)。


見た目よりめっちゃ難しい!


「では最初に、片足で立って体勢をキープしてみましょう」

いよいよ乗ってみます! えい!

おっ、とっ、とっ、とっ……



むむ! もう一度!



えい!

よっ、とっ、とっ、とっ……



ぬおー!

これは難しい!

先生のお手本を見る限りでは、軽い感じで乗っているので簡単そうに見えましたが、実際にやってみると難しいです!

けっこう足に力が入りますし、足元もビヨビヨと動くので、バランスをキープするのが難しくて、すぐに下に落ちちゃいます!


体の力を抜いて、まっすぐ前を向いて、腕を上げてバランスを取る!


「では次に、バランスをキープしながら、前に歩いて進んでみましょう」

えー! 前に進むどころか、キープするだけでも難しいです!

「体全体をリラックスさせ、目線は真っ直ぐ前を向いて、腕を上に上げてバランスを取ると良いですよ」

お! 言われた通りにしたら、ちょっとだけ安定した気がします!



でも、なかなかうまくいきません。どうしても体に力が入っちゃいますね。



太ももの筋肉で重心を支えるので、足がけっこうキツくなってきました……。

また、インナーマッスルを使うので、体の内側からエネルギーが消費されている感じで、もダラダラになってきました。



先生が言うには、疲れてくると良い具合に体の力が抜けるので、疲れてきてからの方がウマくいきやすいそうです。

巨人の星で大リーグボール3号を打つ時みたいな感じですね。(←非常にわかりにくい)

でもたしかに、なんだか疲労とともに、上半身の無駄な力が抜けてきたような気がします。



お! 1歩……! 2歩……!



3歩……!

おーーー! 一瞬コツをつかんだかも!?


ケンケン初めてのスラックライン動画


何度も何度も繰り返しまして、少しだけ感覚がわかった感じがしました。力を抜いて、フワフワとバランスを取るイメージ!

いやでも、見た目以上に全身運動ですね! スラックラインって! インナーマッスルってヤツですか! でもとても楽しい疲労感です!

そんな僕の初めてのスラックライン動画がこちら!


ちょっとコツをつかみかけてますが、まだ2歩くらいしか進めません……。



だんだん疲れが見え始めていますが、力が抜けてきてイイ感じになってきました!



おー! 端まで歩けました! 自分でもビックリの表情!


先生の技はやっぱりスゴイ!


ここで、インストラクターのカーチャ先生が、スラックラインの技をいくつか見せてくれました!

先生は前にも後ろにも、自由自在です! スラっとした緩やかな動きが美しいです!



そこからウェビングの上に座っちゃいます! このバランスがスゴイ!



さらにそのまま正座しちゃいます! もちろん足は床には着けていません!



おー! スゲー! このポーズ! カーチャ先生、スゲーっす!


ロデオラインにチャレンジ!


こちらは、最初に紹介しました、テンションのかかっていない、ユルユルのウェビングを使った「ロデオライン」というスタイル。これもちょっとだけ体験させてもらいました!

ロデオラインは横にも激しくグラグラ揺れるので、難易度がさらに上がります!



さすがカーチャ先生! ベテランになると、ハンモックのように寝ることだってできちゃいます!



両サイドから支えてもらいながらロデオラインにチャレンジ!

グラ! グラ! グラ! グラ! 

うひょー! これは無理です! グラグラに揺れるので全くキープすることができません!


「スラックライン」、デカメンでも超楽しいです!


スイマセン……。最初はけっこうナメてました。意外と楽に乗れちゃうんじゃね? くらいに思っていましたが、やってみるととても奥が深いです!

ウェビングの上をただ前に進むだけなんですが、うまくバランスを取らないと直立状態をキープできないので、けっこうな集中力が必要です。体を支える足だけではなく、全身を使って体幹をコントロールする必要があるので、体全体がエクササイズされる感覚です。

ヨガやピラティスと違って、器具を使うエクササイズなので、やってて楽しくなってきます! 体育の授業で平均台や跳び箱をやる時のワクワク感と似てますね!

最初は体重が重すぎて、ウェビングが切れてしまうんじゃないかとちょっと心配していましたが、100kgの僕でもぜんぜん大丈夫でした!

スラックラインは男女問わず誰でも楽しめるエクササイズなので、デカメンでも気軽に楽しめるんじゃないでしょうか!

ただし翌日、足がバッキバキの筋肉痛になるのは、覚悟しておきましょう……。


最後に世界レベルの「トリックライン」を!

最後に「スラックライン」ってこんなこともできちゃうの!? っていう動画をご紹介します。

ウェビングの上で、トランポリンのようにジャンプしたり回転したりする、アクロバティックな「トリックライン」というスタイル。

まるでサーカスのようにピョンピョン飛び跳ねたり、グルグルに回転したりします!

2017年に長野県で開催された、スラックラインのワールドカップのトリック動画です。めちゃくちゃスゴイですよ!



ではまた!

CAFE サーハビー
【住所】〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
【営業時間】15:00~24:00(金土祝前26:00)
【定休日】日曜
【電話】011-200-0546
【HP】https://cafe-sahabi.com/

ケンケンのスポーツチャレンジはこちら!
100kgのぽっちゃりメンズが乗っても大丈夫……?「乗馬」にチャレンジしてみた!
100kgのぽっちゃりメンズが「30kmのサイクリング」にチャレンジしてみた!
100kgのぽっちゃり男性が「ピラティス」にチャレンジしてみた!