life

【動画つき】ぽっちゃりデカメンだからこそ「ウクレレ」がよく似合う!?CAFEオーナー・ケンケンが弾いてみました


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです!お店の名前はCAFE サーハビー。最近ウクレレにハマっている僕です。

学生の頃からギターを弾いたりバンドをやったりしているので、わりとすんなりと弾けるようになりました。弦も4本で指で押さえる箇所が少ないので初心者の方でも始めやすいんじゃないでしょうか。空いた時間ができた時には、ポロロンとウクレレを弾いて楽しんでいます。

最初はギターよりは簡単なんじゃね?なんて正直ウクレレのことナメテました。スイマセン!!コイツの正体はとんでもない楽器だったんです!

ウクレレこそがぽっちゃりデカメンのための楽器!


みなさんはウクレレにどういうイメージをもっていますか?南の島ハワイの浜辺ででっぷりとした褐色のオジサンが、アロハシャツを着てゆる~~いハワイアン音楽をポロロンと奏でる。そんなイメージがあると思います。

エレキギターは細身でシュっとした人が持つイメージがありますがウクレレはどうでしょう?でっぷりとしたデカメンが弾いている姿が浮かんできませんか?

そうなんです!ウクレレはデカメンが弾くイメージがすでに確立されている楽器なんです!デカメンがウクレレを持っても全く違和感が無い。いやむしろすごく似合うんです!

そしてさらに体の大きい我々デカメンがウクレレを持つと、もともと小さいウクレレが余計に小さく見えるんですね。この現象により「小さい=か~わ~い~い~(JK調で)」の法則が適用されるので、デカメンに「かわいい要素」が自動的に組み込まれるのです!FFでいうところのマテリアルみたいなものです。もう持つというよりは装備です。

その最たる例が我らがレジェンド・ポジビストの高木ブー氏。高木ブー氏のウクレレ・ビートルズ・カバーアルバム「LET IT BOO」は、デカメンにとっては必聴のアルバムです。
こちらから視聴できます!「LET IT BE 」がオススメです。
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AICT000001166

お部屋のインテリアやアウトドアのお供にも!


ウクレレはギターなどに比べるとサイズがとても小さいので、ベッドの脇や棚の上にちょこんと立てかけても邪魔になりません。部屋にウクレレがあるとちょっとしたインテリアにもなります。

オーソドックスな形のウクレレも良いですが、面白い形をしたウクレレなんかはインテリア要素が高いです。


フライング・ブイ (Flying V)の形をしたウクレレ。エレキギターでこういう形は見たことがあると思いますが、まさかのウクレレでフライング・ブイ!


模様が彫られたウクレレ。これはタヒチのボラボラ島のものです。よく見ると「BORA BORA」と彫られています。しかも弦は釣り糸が貼られています。


裏返すとボディーはヤシの実です。こういう個性的なウクレレを部屋に置いておくとインテリアとしても良いアクセントになりますね。

ウクレレは小さいのでリュックに入れて持ち運んだり、車に乗せても邪魔にならないので、キャンプやバーベキューなどのアウトドアに最適です!これからの季節だとお花見に持っていってもイイですね!

ウクレレって実は相当カッコイイ!

ウクレレの演奏ってハワイアン音楽のように、スローなテンポでポロロンと弾くイメージがあると思います。では弾いてみます。こんな感じ。


ギターは弦が6本ですが、ウクレレは弦が4本しかないので誰でも簡単に弾けるんじゃないでしょうか。こういう感じのゆる~~いハワイアンっぽい弾き方は、テンポもスローなので弾きやすいですし、まったりとした良い雰囲気にもなりますね。


ブルースっぽく弾くこともできます。では弾いてみます。こんな感じ。


ウクレレって弦が4本しかないですけど、実はいろいろな表情が出せるんですね!ギターとかハーモニカとセッションしたらカッチョ良い!


さらに今度はガラっと雰囲気を変えてテクニカルにやってみましょう。では弾いてみます。こんな感じ。


けっこう奥が深いんですよ!ウクレレって!弦が4本で簡単なんですが、4本だからこそ難しい!!


そして僕がかつてウクレレの概念を根本からくつがえされた演奏がこちら。ハワイ出身の天才ウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロ氏の演奏です!では聴いてみましょう。後半の盛り上がりが超絶スゴいです。


【公式サイト】
http://www.jakeshimabukuro.com/home/

ウクレレってこんなにモノ凄い弾き方もできるんだ!と衝撃を受けました。正直ウクレレのことナメテました。スイマセン!

ぽっちゃりデカメンだからこそ、ウクレレにハマってみては?


そんな僕らぽっちゃりデカメンにぴったりなウクレレ。いつでも気軽に始められて、持った見た目もよく似合うし、なんかちょっとかわいいし、インテリアにもなるし、アウトドアにも持っていけるし、奥も深いし。

コイツはこんなにとんでもない楽器だったんです。これはもう、名器と呼ばれるバイオリン、ストラディバリウス!そう、デカメン界のストラディバリウスと言ってもよいんじゃないでしょうか!?( ← 認定します。by PosiBig編集部)

ウクレレは弾くのも楽しいんですが、弦を張り替えたりメンテナンスをしたり、磨いたりと、ウクレレをいじくるのも楽しいですよ。ちょっとウクレレが弾けるようになったら、ぜひ外に持っていってみてください。近所の河原もいいですね。外でウクレレを弾くとスゴク気持ちが良いですし、心も開放的になります!

ぜひ皆さんも、デカメンだからこそ!ウクレレにハマって楽しんでみてはいかがでしょうか!

mahalo ! A hui hou !
マハロ! ア・フイ・ホウ!
(ありがとうございました!またお会いしましょう!)


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
12:00~24:00(金土祝前26:00)/ランチタイム 12:00~15:00
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンのデカ盛り&ヘルシー飯シリーズもチェック!
スタッフしか食べれないデカ盛りまかないメシ! 第1弾「兜(KABUTO)」
デカメンのデカメンによるデカメンのためのヘルシー料理! 1皿目「野菜炒めアンナプルナ」

サカゼン通販バナー