life

おデブ男子の武器「包容力」でモテる! 女が男の“包容力”を感じる瞬間

夜に窓を開けて寝たら寒くて目が覚めたライター・土屋ミナコです。鼻かぜ→副鼻腔炎→中耳炎とこじらせ、お休み台無し☆


さて、突然ですが、あなたには“包容力”がありますか?

「包容力」とは……
過ちや欠点なども含め、相手のさまざまな点を受け入れることができる心の広さ。
<引用元>デジタル大辞泉

モテる男子の要素として、必ずといっていいほど挙げられる包容力。しかし実際のところ、相手が包容力を持っているかどうかなんていうのは、ある程度の時間をいっしょに過ごしてみないと女性も分からないはずですよね。

ところが、多くの女性たちがイメージ先行で「包容力がありそう!」という印象を抱く傾向にあるのが、すべてを包み込むような安定感あるボディを持つデカメンの皆様なのであります!


デカメンこそ包容力を高めるべし


言い換えれば、包容力や度量の大きさが期待されている分、デカメンが器の小さい行動をとってしまった際に女性が受けるガッカリ感もフツメン以上……!

だからこそデカメンには、その見た目どおり、あるいは見た目を上回る包容力が備わっていることが非常に重要になってきます。包容力という“モテの重要項目”において、女性が抱いてくれる良い意味での先入観は恋愛市場における大きなアドバンテージであり、それを活用しない手はないのです!

女性が包容力を感じる“器の大きい男”、そして女性を幻滅させる“器の小さい男”。それぞれの特徴や行動パターンを知り、日常生活に活かしていきましょう!


“器の大きい男”の特徴

  • トラブルが起きたときに動揺せず対応できる

『2人で海外旅行の予定が、飛行機の機材トラブルでフライトキャンセルというまさかの事態に。航空会社や代理店とのやりとりを彼がテキパキと進めてくれたおかげで、残りの休暇日程で別の国へ旅行することができた』

心に余裕がある人は、予期せぬトラブルに遭遇してしまった際も落ち着いて冷静に行動することができます。慌てふためくことなく問題解決に向けて立ち振る舞う姿は、女性の目にとても格好よく映りますし、とても頼りがいがあります。こうしたトラブルを乗り越えた結果、「何があってもこの人となら大丈夫」という想いが女性の心に芽生えることとなります。

  • 他人の失敗を責めない

『バイトでミスをしてしまった時、店長が「俺がちゃんと教えてなかったからだ、ごめんね」とフォローしてくれた』

包容力のある人は他人の失敗を責めたり怒鳴ったりせず、その状況をしっかりと受け止めて許容することができます。大なり小なり、誰しも失敗はあるもの。起きてしまったミスを責め立てるのではなく、相手の立場に立って、どうすれば問題解決に導けるかを考えることが出来る人は懐の深さを感じさせます。

  • 過去に囚われない

『私の彼は昔の恋愛についてほとんど聞いてこない。その理由をたずねてみたら「過去にどんな男と付き合っていようと、俺が好きなのは今目の前にいるキミだから」って。シビれる』

彼女にどんな過去があろうと、そうした経験があってこそ今の彼女があるという考え方ができるのが器の大きい男。また、自身の過去の栄光をひけらかしたり、失敗をいつまでもうじうじと思い悩むこともありません。常に前向きで、未来志向型の発想ができる人からにじみ出るポジティブなエネルギーは、性別を問わず人を魅了するものです。

  • 気持ちの切り替えがスムーズ

『社内プレゼンで同僚に負けてしまった彼。悔しそうな表情も見せたけど、不満や愚痴などは一切言わず、プロジェクトのサポートに率先して立ち回る姿を見て惚れ直した!』

個人の感情に流されることなく、全体にとって最善の方向を目指すことができるのは、自分自身のことでいっぱいにならずに周りの人のことも考えられる視野の広さをもっているということ。また、器の大きい人は他人の成功に対して、嫉妬にかられることなく喜んであげられる心の余裕も持ち合わせています。

  • 違った価値観を尊重することができる

『年齢や性別を問わず、いろんなタイプの友人を持つ彼。ちょっと嫉妬しちゃうレベル』

金銭感覚にファッションセンス、倫理観から政治的思想まで、100人いれば100通りの価値観が存在するもの。包容力のある人は、それらを自分のものさしで測ろうとしたり、貶めるようなことは決してせず、「なるほど、こういう考え方もあるのか」と他人が持つ価値観を受け入れることができます。
関わる全ての人から一緒に居て居心地が良いと思われるため、自然と人が周りに集まってくるのです。


“器の小さい男”の特徴

  • 怒りの沸点が低い

『彼の運転でドライブ中、後続車に煽られたら煽りかえして心底ヒヤヒヤした』

誰しも怒りの感情を抱くことはあります。それ自体がダメなのではなく、すぐにイライラしたり、怒りをコントロールできずに爆発させてしまうのがダメなのです。しかもこのケースの場合、自分の感情にまかせて同乗者を危険な目に合わせているという点においても×です。

  • 接客を受ける態度が上から目線

『自分たちの父親世代のタクシー運転手さんに、行き先を伝える時から経路の指示、運賃の精算時まで、終始タメ口で、横柄な態度にドン引きした』

お金を支払う側だからといって、相手を自分よりも下に見ているその態度から透けて見える器の小ささ。一緒にいる女性は恥ずかしいような、申し訳ないような気持ちにさせられていることでしょう。また、こちらに全く非のない正当なクレームをあげるような場合にも、怒鳴ったりせず、言うべきことを理路整然と伝える方が女性の目にはスマートに映ります。

  • やたらお金に細かい

『飲みに行ったときの会計時に、1円単位で請求されて衝撃を受けた』

みんなでお金を出し合うようなシーンにおいて、その場の空気など一切読まずに面倒な提案をしてくるような人も、協調性のなさや自分本位な印象を周囲に与えてしまっています。

  • 困ってる人を見て見ないふりをする

『電車の座席で目の前にお年寄りや妊婦さんが立っているのに、席を譲ろうとしない男の神経がマジ理解できない』

「そもそも譲る気がない」という人は問題外として、「譲りたくても断られたら恥ずかしいから声をかけられない」という意見を聞くことがあります。確かに、見ず知らずの人に声をかけるのは少し勇気がいることかもしれません。しかし、恥をかきたくないという自己保身のために行動を起こさないと、結局は「譲る気がない冷たい人」という風に見られてしまいます。


それでは最後に、包容力のある男を目指すにあたって注意しておきたい“落とし穴”についてお話ししておきたいと思います。


「包容力がある」のと「優しすぎる」ことの違い

女性の要望を何でもきいてあげ、約束を破られても、待ち合わせに毎回遅刻されても、なんなら浮気さえも許してあげる……それを包容力とは呼びません。


何を言っても、どんなことをしでかしても、「いいよ」「平気だよ」と受け入れてしまう相手に対して、女性ははじめこそ優しいと感じるかもしれませんが、しだいに異性としての興味や関心を失っていきます。そして最終的には“都合のいい男”となってしまう可能性が非常に高いのです。

女性を単に甘やかすのではなく、言うべきところはきちっと言ってこそ、本当の意味ですべてを容認しているということ。女性はそうした姿勢の中から「ああ、この人は私にしっかり向き合ってくれている」と感じ、あなたを包容力のある男と見るようになるはずです。


あせらず、できることからはじめよう

というわけで、今回は“器の大きい男”“器の小さい男”の特徴について解説してきましたが、包容力のある男になるためには、今すぐこれら全てを行動に反映せねばならないというわけではありません。

男性の包容力は持って生まれた能力ではなく、年齢や経験によっても自然と形成されていくもの。あせらず、まずは現在の自分自身を客観的に見つめてみましょう。

そして何より、デカメンには「包容力がありそう」と思わせるアドバンテージがあることをお忘れなく! 印象が確信へと変わることにより、女性が感じる包容力はフツメンの3割増なのですから。

さあ、Bigな体に見合うBigな心をもって、あなたの人生を今以上に素晴らしいものにしていきましょう!

■こちらもチェック!
秋から始める!愛されおデブ男子のモテ肌スキンケア
おデブ男子が大変身!おしゃれ秋服コーデinサカゼンマルイシティ横浜店