life

「やってはみたけど続けるのが一番大変!」カフェを開業した結果、体重が10kg増えました(後編)


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです!お店の名前はCAFE サーハビー。今から8年前の2009年に脱サラをしてカフェを開業したんです。勢いで始めてみたものの、続けるのがこれがまた大変なんです!油断するとお店はツブれちゃいます。

おかげさまでなんとか8年お店を続けてこれました。お店がツブれないように、お店が終わらないように、いろんな事を今でも継続しています。

今回は「ケンケンのネバーエンディング・ストーリー」をお送りします。

幸運の白い竜ファルコンに乗ってアトレイユと一緒に終わりのない物語に出発です!

果たしてその結末は・・・!?

■前回まではこちらをチェック!
(前編)「未経験でも体験しちゃえば経験者!」カフェを開業した結果、体重が10kg増えました
(中編)「つらい事でも時が経てば思い出に!」カフェを開業した結果、体重が10kg増えました

終わりのないお店の宣伝物語


今でも継続している事で分かりやすいところは、お店の宣伝でしょうか。新しいメニューが出来たら宣伝をする、イベントを企画して宣伝をする、宣伝する話題が尽きないように、何かしら日々いろいろやっています。

宣伝する方法としては、ちょっと前ではmixi、今では主にfacebookやTwitter、特に最近はInstagramが主流でしょうか。ツールは違ってもお店に居ながら宣伝が出来るSNSは非常に便利です。

お店を長く続けると、ある程度は固定のお客さんができてきますが、それは決して永久ではありません。お客さんというものは常に入れ替わっていきます。卒業や転勤や結婚などを機に、お店から足が遠のいてしまう人たちも多いです。

なので常に、お店の宣伝は欠かせません。これはもう永久にやるしかないですね。終わりはないです。

終わりのない新メニュー開発物語


まぁ飲食店なので、新しいメニューは定期的にリリースするようにしています。忙しくてなかなか手が回らない時もありますけど・・・。ずーーーっと同じメニューだと、お客さんも飽きちゃうし、何よりも自分が飽きちゃいます。バランスの良い変化が常に必要なんでしょう。

とは言っても未経験で始めた飲食店。最初は新メニューを開発する余裕も知識も技術もありませんでした。でも少しずつですが練習したり勉強したりを繰り返すと、だんだんとやれる事の幅が広がっていくんですね。これはけっこう楽しいです。今までは作れなかった料理を作る。新しい事にチャレンジしてみる。

パスタを茹でる時間を研究してみたり、ピザの生地の粉の配合や焼き方を研究してみたり、スパイスの研究をしてカレーを作ってみたり。新しいメニューを開発するたびに、ますます料理が面白くなります。

洋食も和食も問わず、もっといろんな料理が出来るようになりたいなと思っています。料理の探求には終わりはないですね。

終わりのないイベント企画物語


うちのお店では定期的にライブイベントやDJイベントを開催しているんです。もともと僕もバンドをやっていたり音楽も好きだったので、イベントをやるようになりました。

イベントをやるにはいくつか理由があります。その理由はけっこう単純です。たぶん単純な理由だからずっと続けられるんだと思います。

宣伝をするための話題作り、売り上げのためという理由も確かにあります。でもその一番の理由は”楽しい!”から。ライブイベントやDJイベントには僕自身も出演します。まーーーこれがホント楽しいんです!お客さんと一緒になって楽しい事をする。幸せでサイコーの時間ですね。

自分も楽しめるか、っていうのは長く続ける秘訣のような気がします。大変な事もたくさんありますが、そんな中に自分自身も思いっきり楽しめる事があるっていうのが、一番良いバランスなんじゃないでしょうか。

楽しい事にはもちろん、終わりはありません!

終わりのない感謝の気持ちの物語


あとはやっぱり常につらぬいているのは、感謝の気持ち。お客さまへの感謝の気持ち。みなさんがお金を使ってくれる事で僕は生かされている。ホントありがたいです。この気持ちはいつも心の片隅に置いてあります。

そして、気持ち良くありがとうございますと思えるかどうか。ごくまれにマナーの良くない人もいます。自分自身が気持ち良くありがとうございますと思えない時は、素直な気持ちを優先するようにしています。

性格的になかなか直接は言えない事が多いですが、言える時はバシっと言います。いや、言えないかな・・・。でもそんな気持ちよく感謝できるかどうか、という感覚を大事にするようにしています。

感謝の気持ち、これも永久に終わりはありません。

やってはみたけど続けるのが一番大変!


いろんな想い、夢、これまでの人生を掛けて、そして全財産を掛けて、勢いで飲食店を始めました。やってはみたけど続けるのが一番大変!だってそこにゴールなんて無いんだもの。ずっとずっとお店を続ける。ゴールが無いのがゴール。そんなの確かに大変です。

皆さんにも、ずっと続けなくちゃいけない事があると思います。それが仕事だったり、家庭だったり、勉強だったり、趣味だったり、人それぞれだと思います。

ずーーーっとやり続けるのって、とても大変な事。だからこそ自分の中での、バランス、距離感、優先順位が大事なんじゃないでしょうか。

自分自身の何パーセントをそれに費やせるか、捧げられるか、というバランス。どれくらいの距離を保っていればツラくないか、という距離感。それは自分の中で何番目にくるか、という優先順位。

楽しい事、ツラい事、いろんな感情が渦巻きながら、ずっとやり続ける。それは終わりのない物語。一緒にがんばりましょ。

あ!あともう1つ!ずーーーっとやり続けている事がありました!とても大事な事です!それは・・・!

メシをいっぱい食べる事!!!


そうです!いつでも、どこでも、どんな時でも、メシをいっぱい食べましょう!楽しい時も、ツライ時も、メシをいっぱい食べましょう!メシは食べるとエネルギーになる!だからずっとがんばれる!カフェを開業した結果、体重が10kg増えました!

我々デカメンは誰よりもエネルギーを蓄えている!だから決して負けないはず!!

よし!じゃあ今からまた!メシ食いに行ってくる!!!




そして最後にもう1つ、ホントにこれで最後です。僕が最も信念を持って、ずーーーっと継続している事、決して曲がらない、決して終わらない、終わらせてはいけない事・・・。

CAFE サーハビーという場所をずっと守り続ける事


お店の名前はCAFE サーハビー。北海道は札幌ススキノのそばにある小さなカフェです。

「サーハビーってどういう意味なんですか?」

たまにお客さんからきかれます。

このPosiBigにてお店の事を書き始めた時から、一番最後に書こうと決めていました。サーハビーという意味について。ちょっとだけ長くなりますが、最後なのでお許しください。


その昔、ラクダに乗ってサハラ砂漠を横断しようとした日本人の青年がいたんです。彼の名前は上温湯隆(かみおんゆたかし)。時代は1970年代初頭、エベレストに日本人が初登頂をした直後の、前人未踏へのチャレンジが続いた冒険ブームの時代。

彼もそんな冒険に憧れた1人。若くして世界を放浪した末に、当時は世界でまだ誰も成し得ていなかった、ラクダに乗って単独でサハラ砂漠を横断する冒険へのチャレンジを決意しました。

1974年、たった1人でアフリカに渡り現地でラクダを調達し彼の冒険は始まります。持ち前の粘り強さで幾多の困難をも乗り越えましたが、翌年の1975年、彼が21才の時に、惜しくも夢半ばにしてサハラ砂漠でその命を落してしまいます・・・。

そんな彼が乗っていたラクダの名前がサーハビー。アラビア語で「わが友よ」という意味があります。

彼の冒険は1冊の本にまとめられています。機会があればぜひ読んでみてください。僕は20代の頃にその本に出会い、夢中になって読みました。悲しいお話ではありますが、彼から冒険する事の楽しさ、粘り強さ、チャレンジ精神を教えてもらった気がします。当時の仲間たちと一緒にその本を回し読み、自分たちも冒険家になったような気分でいました。

だからこのお店も、お客さまの友であり、砂漠の中のオアシスのように、いろんな人、いろんなモノ、いろんな出来事にあふれるお店になればという願いを込めて、サーハビーと名付けました。

しっかりと大地を踏みしめて、真っ白なキャンバスに、みんなで一緒に楽しく未来を描いていく、そんなお店になればなと。

でも、サーハビーという単語って、決して一般的ではないんです。アラビア語ですし。一般的な単語じゃないから覚えにくい。本当は飲食店の名前にふさわしくないんです。だから名前を覚えて頂かなくてもぜんぜん構いません。

その代わりにラクダのマークをシンボルにしました。青いラクダのマーク。僕の一番好きな色。砂漠の中のオアシスの色。

「名前は忘れちゃったけど、あの青いラクダのお店でしょ。」

そんな感じで構いません。

CAFE サーハビーという場所は、みんなにとって自由な場所であればなと思っています。いろんな人に出会い、いろんな会話を交わし、みんなで一緒に楽しく過ごし、そして一緒に年を取っていく。

お客さまにとっても、そして僕自身にとっても。

青いラクダのお店、CAFE サーハビー。その場所をずっと守っていくのが僕の役目。それが僕の「終わりのないサーハビーの物語」。



それでは、バイナラ。


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンの他の記事もチェック!
「デカ盛りまかないメシ」シリーズ
「デカメンのためのヘルシー料理」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ