life

デカメン的究極のコスプレ「全身タイツに手描きしてアイアンマンになってみた」


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです! お店の名前はCAFE サーハビー。お店にはいろんなキャラクターのフィギュアをたくさん飾ってあります!昔からキャラクターものは大好きです!

僕のフィギュアコレクションの一部をこちらで紹介しています!
ぽっちゃりケンケンの趣味「楽しいコレクション」のススメ【STAR WARS編】
ぽっちゃりケンケンの趣味「楽しいコレクション」のススメ【レトロ和ものTOY編】

そんなキャラクター愛を突き詰めていくと、その先に行き着くのはコスプレ。

あの憧れのキャラクターになってみたい!あのコスチュームを着てみたい!という欲求が湧いてきます。ハロウィンやコミケなどで、コスプレも一般的になってきましたね!

そこで問題が発生!デカメンはどんなコスプレにする?


デカメンのコスプレってどんなのがいいのか!?

本当はジャック・スパロウとか赤い彗星のシャアとか、カッコイイやつのコスプレもやってみたい!でもデカメンの僕がシュっとしたキャラをそのままやるのはちょっと抵抗がある・・・。

かといってベイマックスとか魔人ブウとか、ぽっちゃりキャラをリアルな体型でやるのも、やっぱりそうなるよね感があってつまらない。

さらにせっかくなんで、ちょっと笑いも取りたい。でも笑いオンリーだと我に返った時に悲しくなりそうなので、多少のスゲー!カッケー!のニュアンスも欲しい。

市販されているコスプレの衣装はクオリティーはかなり高いけど、値段もかなり高い。

そして最大の問題は、市販されているコスプレ衣装は、着れるサイズが無い!

そうなると既製品の服をカスタマイズして手作りをするか・・・。キャラクターにもよるけどパーツ単位で手作りするとなると、けっこう大変そう・・・。

パーツが増えると持ち運びが大変になるし・・・。


・・・っていう感じでけっこう悩みが多いんです!デカメンのコスプレって!

体型、予算、面白さ、カッコ良さ、運びやすさ、それらの条件を満たして、どうやって自分の好きなキャラクターのコスプレをするか?僕、毎年ハロウィンの時期に仮装パーティーに参加しているんですが、初めて仮装パーティーに参加する時に、すげーーー悩みました!デカメンのコスプレってけっこう難しいぞ!

そして導き出した、全身タイツ手描きメソッド!


悩んで、悩んで、考えて、考えて、思いついたのが”全身タイツに手描き”する方法!!!

全身タイツだと予算も安く済むし、自分の体型も活かせるし、見た目も面白いし、バシっとカッコ良く描けばスゲー!ってなるし、持ち運びもコンパクトだし、これはデカメンコスプレの革命じゃね!?

それになんといっても、全身タイツは伸びるので、サイズを気にしなくてもよい!!!さらに自分で自由に描くから、どんなキャラクターにもなれる!!!

これはスゴイ発見だぞ!全身タイツ手描きメソッド!

 ・・・と簡単に言いましたが、じゃあどうやって全身タイツに描くの?

実践!真っ白な全身タイツでアイアンマンになる!


材料はいたってシンプル。白い全身タイツと油性マジック。

全身タイツはドンキやネットで2000円前後で買えます。油性マジックは100円ショップのものでもOKです。黒や赤などのベーシックなカラーが3本で100円だったりするのでお得。これだけであれば、どんなキャラクターにもなれます!

最近の僕はマーベル作品に夢中なので、今回はアイアンマンになってみようと思います!!!



全身タイツのサイズはもちろんXLで!XXLでもいいかなと思って探してみたんですが、サイズはXLまでがほとんど。でも生地がけっこう伸びるので、サイズ的にはXLでも大丈夫です。



広げるとこんな感じ。けっこう長くて大きい印象。



まずは全身タイツを着ます。



「人はなぜ全身タイツを着るとテンションが上がるのだろうか。」(プラトン)←嘘



全身タイツを着ると、自然といろんなポーズをとってしまいます。



全身タイツを着た状態で、マジックを用意します。色は何色でもOKですが、メインの色と同じ色の方が良いです。今回はアイアンマンなので赤で。



マジックで点を打って、体の各所にマーキングをしていきます。

描く時は全身タイツを脱いで描くので、ペラペラの状態になります。脱いだ状態でも、どの部分がどこにくるかが分かるようにするためにマーキングしておきます。



アゴにもマーキング。



耳にもマーキング。



チクビにもマーキング。

マーキングは、肩、へそ、股間、膝、など、体の基本線になる部分に打っていきます。



前後左右と立体的に描いていくので、お手本になるフィギュアがあると、描く時にとても参考になります。ちなみこれは海洋堂のリボルテックのアイアンマン。

参考資料は多い方が良いです。今回はフィギュアの他に、各部位のアップの画像を何枚か用意しました。



あとはただひたすら描いていくだけです!

最初に黒マジックで下描きをします。油性マジックなので裏映りしないように下敷きを使います。下敷きは固いものではなく、ペラペラっとした下敷きを使います。クリアファイルを下敷き代わりにするのが最適です。クリアファイルを全身タイツの内部に潜り込ませるようにして下敷きにします。



フィギュアや画像などの参考資料と、マーキングした点の位置を確認しながら下描きを描いていきます。正面、側面、背面がきちんと繋がるのを意識しながら描いていきます。

下描きなので思い切ってザザーーっと描いちゃいましょう。黒の輪郭のラインは太くした方が、色を塗った時にメリハリが出るので、輪郭線が太くなるように下描きをします。塗りつぶすのは後で行うので、下描きの時点では塗りつぶす部分に”×”マークを付けておきます。場所によって輪郭ラインの太さを変えて強調するようにすると、立体感が出てカッコよくなります。



下描きが終わったら、マジックで丁寧に描き込んでいきます。マンガでいうところのペン入れみたいなものです。細かい所は細字、太い所は太字と、マジックの先を使い分けると描きやすいです。

黒い部分はしっかりと真っ黒く塗りつぶします。そうすると仕上がりがキレイになります。

マジックで描いたり塗りつぶしたりする時は、必ず下に下敷きがくるように、内部のクリアファイルを移動しておきます。

あまり写実的に描きすぎると後が大変になります。それこそ頭のてっぺんからつま先まで、同じような写実的なタッチで描かないといけなくなるので、アニメっぽく描くと描きやすいですし、見た目も映えます。



黒の輪郭線を描き終えたら、いよいよ色を塗っていきます。色を塗る時は少しだけ白いラインを残すように塗ると、メリハリが出ます。



ちなみに今回はアイアンマンなので、胸の部分のアークリアクターはLEDのタッチライトで表現しようと思います。これも100均。



フロントボディー部分が描き上がりました!白く残すラインの位置を統一するのがポイント。そうすると平面だけど立体的に見えます。

マジックを使うときは、布地の繊維の方向に沿ってマジックを当てるとスムーズに描けます。繊維に逆らってマジックの先を動かすと、繊維に引っかかって描きにくいので、うまく繊維の方向に合わせてマジックを当てるようにします。



腕や足に描く時は、下敷きのクリアファイルをクルっとズボっと筒状にすると描きやすいです。

マジックを使っていると、徐々にインクの出が悪くなってきます。インクの出が悪いと効率も悪くなるので、インクが薄くなってきたなと感じたら、すぐに新しいマジックと交換しましょう。



同じようにして、背中も描き上げます。フロントと背中が、側面でうまく繋がるように描きましょう。



頭の部分がいちばん描くのが難しいので、最初に着けたマーキングを参考に、耳の位置、あごの位置などを確認しながらバランス良く描いていきます。



上半身が終わったらあと少し!一気に下半身も描いてしまいましょう!



ようやく全て描き終わりました!!!もともとが真っ白な全身タイツだったとは思えないくらい塗りつぶしました!



最後に仕上げのシャドウ入れ。インクの薄くなった黒マジックを使って、影になる部分にシャドウを入れて立体感を強調します。ちょっとシャドウを入れ過ぎちゃったかな?っていう位が、ハッキリとした立体感が出て丁度良いです。



せっかくなんで、アイアンマン・ハンドも描きましょう。赤い手袋に黒マジックでモールドを描き込みます。



こんな感じ。ての平の側にもモールドを描き込んで、LEDライトを貼り付けてリパルサー・レイにします。

完成!全身タイツ、アイアンマン!


おおお!!!カッコイイ!!でもなんか笑える!マジックで描いたとは思えない完成度!!!

胸に光り輝くアークリアクターがまた素晴らしいですね!



手の平のリパルサー・レイを発射するとこんな感じ!スゲーー!マジでアイアンマンみたい!!!



アイアンマンはマスクありきなので、段ボールでお面も作りました。これは画像をプリントアウトしてダンボールに貼っただけ。でもなんかカッコイイぞ!!

ここで歴代の全身タイツ・コスプレ・コレクションを紹介!


これが僕の初めてのコスプレ。スターウォーズのC-3PO。この時は金色の全身タイツをベースにしました。



そしてこれはトイ・ストーリーのバズ・ライトイヤー。バズは白い部分が多いので描くのも楽ちんでした。



そしてこれが、どうしてもやりたかったスター・ウォーズのダース・ベイダー!黒1色で明暗を出すのが大変だったのと、やっぱりあの独特のマスクのシルエットが無いと難しいですね。あとひたすら黒く塗りつぶすのが苦行でした・・・。



そしてガンダム!

ダース・ベイダーの黒塗りの苦行の反省を踏まえて、白の面積が多いガンダムをチョイスしましたが、リアルに写実的に描き込んでしまったので、これはこれで大変でした・・・。

デカメンのコスプレはこうあるべき!全身タイツに手描きする!

 意外と悩みの多い、デカメンのコスプレ事情。

サイズが無い、ぽっちゃりキャラに限られる、体型的にカッコイイキャラクターが選びづらい・・・などなど。

それらを全て解決するのが!全身タイツ手描きコスプレなんです!

デカメンの体型を120%活かした全身タイツで無敵の笑いを呼び込み、クオリティーの高い手描きアートで驚きを巻き起こし、だからこそカッコイイキャラクターもチョイスできるし、しかも低コストで持ち運びも簡単!

これこそがデカメンコスプレの決定版ではないでしょうか!!!


といった感じで、ほぼ完璧なデカメンコスプレなんですが、実は2つほど難点があります・・・。



マジックの消費がハンパ無いです・・・。

今回のアイアンマン。
赤:16本
黒:10本
金:3本
銀:1本

合計30本のマジックを使いました。全身タイツよりお金が掛かってます・・・。

あと、もう1つ。決定的な難点は・・・。


まぁまぁな”画力”が必要です。




では、さらば!

Keny Stark will return


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンの他の記事もチェック!
「デカ盛りまかないメシ」シリーズ
「デカメンのためのヘルシー料理」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ

サカゼン通販バナー