life

世界で活躍する日本人選手も多数! いま「ハイパーヨーヨー」が再び熱い!【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです! お店の名前はCAFE サーハビー。

お店には自分の趣味のモノをたくさん置いています。楽器、フィギュア、マンガ、プラモデル……。お店はカフェですけど、カフェらしからぬ趣味であふれた楽しい空間になっています。

そんな中、最近密かに熱いのがハイパーヨーヨー! 今、世界のヨーヨーシーンでは日本が最も注目されているんです!

ハイパーヨーヨーって何?


まずはじめに、ハイパーヨーヨーについて簡単に説明します。

そもそもヨーヨーというのは、古来からある歴史の古い遊具らしいんですが、日本では1970年代にコカ・コーラの販促品として大流行、これが第一次ブームと言われています。コーラやスプライトを買うと、ロゴマークが入ったヨーヨーがオマケで付いてきました。これは僕も小さい頃に持ってたなー。

その後、1980年代にはテレビドラマ「スケバン刑事」で第二次ヨーヨーブームが到来。主人公の女子高生が金属製のヨーヨーを武器に悪と戦うドラマ。スケバンだけどマッポの手先、ボディーのフタをパカっと開けると”桜の大門”の警察マークが入ったヨーヨーは衝撃でした! ちなみにスケバン刑事の原作の漫画も面白いのでオススメです。

そして1990年代に入って、バンダイが「ハイパーヨーヨー」というネーミングで競技用のヨーヨーを発売。技に応じて性能やデザインの異なるヨーヨーを数多くリリースし、子供向けの雑誌やテレビなどのタイアップにより、社会現象になるほどの大ブームになりました。これが第三次ブーム。

2000年代に入りブームは下火になりますが、毎年、全国大会や世界大会が開催されていて、ヨーヨーファンは今もなお健在しています!

しかも2017年にアイスランドで行われた世界大会では、個人部門を日本人選手が完全制覇するという快挙を成し遂げ、世界中のヨーヨーファンが日本に注目しています!

厳密には”ハイパーヨーヨー”というのはバンダイの商品の名前なんですが、日本ではテクニカルなヨーヨーを総称して”ハイパーヨーヨー”という呼び方もされています。ただ単に”ヨーヨー”と言うよりは、”ハイパーヨーヨー”という方がピンときやすいんじゃないでしょうか。

ハイパーヨーヨーを手に入れよう!


ハイパーヨーヨーは、おもちゃ屋さんとか家電量販店のおもちゃコーナーとかで今でも売っていますし、ネットでも買えます。価格は1000円~5000円くらい。上級者用のもっと高価なヨーヨーもありますが、2000円前後のヨーヨーが機能的にもオススメです。

ヨーヨーの技のことを「トリック」と言うんですが、トリックや技術レベルに応じてヨーヨーの種類もたくさんあります。

参考にちょっとだけ僕の愛用のヨーヨーを紹介しましょう。



これはアメリカのヨーヨーメーカー、YOMEGA社(ヨメガ社)の製品を、バンダイがハイパーヨーヨーとして発売した「ハイパーレイダー」という名前の機種。

ヨーヨーにはたいてい個別の名前が付いていて、これがまたカッコイイんです!

ちなみに当時のバンダイは、アメリカのYOMEGA社(ヨメガ社)やDANKAN社(ダンカン社)などのハイスペックなヨーヨーを、自社製品と併せてハイパーヨーヨーのブランドで商品展開していました。



この「ハイパーレイダー」の形状はオールラウンド型ボディ。様々なトリックに対応できるバランスのとれた形状です。



ボディーをクルクルっと回すと左右に分かれます。



そして軸には、より回転数を上げるためのボールベアリングが搭載されています! こういったボディの形状や内部のベアリングが、テクニカルなトリックを可能にしてくれるんですね!



続いてこちら。ロシアのヨーヨーメーカー、Aero-Yo社(エアロヨー社)の「ブレイド」という機種。



ボディの形状はバタフライ型ボディ。ヨーヨー本体を糸(ストリング)に乗せるトリック(ストリングプレイ)に適した形状です。これは非常に使いやすいです。



内部に搭載するベアリングは2種類付属しています。

ヨーヨーを投げた時に空回りをして停止する事を「スリープ」というんですが、左のベアリングは適度なスリープ状態を保持して手に戻ってくるベアリング、右のベアリングは手には全く戻ってこないで、ずっとスリープし続ける上級者向けのベアリング。

ベアリングを変えるだけでヨーヨーの動き方が全く変わってくるんです! まさにハイパー!



僕は前者の適度なスリープのベアリングを愛用しています。



ヨーヨーのストリングは長く使っていると消耗してくるので、交換用のストリングも売っています。ストリングが切れたらケガをする恐れもあるので、こまめに交換しましょう。


ハイパーヨーヨーは特徴やレベルに合わせて膨大な種類がありますので、購入する前にネットで調べてから買いましょう。いろいろ調べるのも楽しいですしね!

ケンケンのハイパーヨーヨートリックを披露!


……とまぁ、ハイパーヨーヨーについてざっくりと説明しましたが、とにかく実際にやってみるのが一番! トリックを覚えて出来るようになるのが楽しいです!

トリックの種類は数千種類あると言われています。それぞれ初級から上級までレベルがあって、コツコツと練習をしてレベルを上げていきます!

ハイパーヨーヨーを買うとトリックシートが付属してたりしますが、YouTubeでトリック説明動画を見るのが一番参考になります。



というわけで! ケンケンのハイパーヨーヨートリックを披露!


まずは初級レベルの「ブランコ」。
スリープ状態(空回りで停止させる状態)を保持しながら、ブラブラさせる技。

ではやってみます!


まぁ、イージーなトリックですね。


続いては「アラウンド・ザ・ワールド3」というトリック。
ヨーヨーをぐるんぐるんと3回転させるダイナミックな技。

ではやってみます!


かなりダイナミックな技なので、周囲にぶつからないように注意。


さらに次は「アトム・マウント」というトリック。
スリープ状態のボディーをストリングに引っ掛けて、クルっとさせる技。

こんな感じ。


この「アトム・マウント」は、マウントさせた状態から別のトリックに派生させる、ベースとなるトリックです。まだ僕はそれ以上は出来ないですけど……。


続いてカッコ良くてお気に入りの「ブレイン・ツイスター」というトリック。
グルン! グルン! とさせる技。

ではいってみましょう!


超カッコイイです! これぞハイパーヨーヨーって感じ! ブレイン・ツイスターっていうネーミングもシビれます!


次はちょっとクールなやつ。「ムーン・サルト」というトリック。
ボディを水平にしたストリングに乗せてピタっと止める技。

こんな感じです!


おーーー! なんかスマートでクール!


そして最後は「ジャグリング・トラピーズ」というトリック!
先ほどのムーン・サルトを左右に行ったり来たりさせる、ジャグリングのような技!

いざ!


ひょーーー! スゲーーー!

ハイパーヨーヨーのいろんなトリックを練習しよう!


どうでしたか? トリックの動画を見ると、こんなの自分でも出来たらイイなーーー! なんて思いませんか?

見た目は難しそうですが、練習すれば案外出来るようになるんですよ! それにヨーヨー自体の機能が優れていますしね!

ベアリングが搭載されているのでスリープ状態が保持しやすい構造になっていたり、バタフライ型のボディだとストリングに乗せやすかったりと、ほんとハイパーなんです!

でも上級レベルのトリックは何度も何度も練習が必要です。けっこう汗もかきます。もうこれは遊具というよりはスポーツですね!

日本人による世界一の技がこちら

それでは最後に、2017年にアイスランドのレイキャビクで開催された世界大会「WORLD YO-YO CONTEST」にて、見事優勝した日本人プレイヤーの動画がこちら。

YoYo Contest Central オフィシャル動画

もう何がどうなっているか全くわかりませんが、最後まで見入ってしまう見事なプレイです!

皆さんもぜひ、ハイパーヨーヨーにハマってみてください!

Keep “Yo” Soul !!

それではまた。


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンの他の記事もチェック!
「世界の料理をデカ盛りで作ってみた」シリーズ
「ヘルシーデカ盛り料理! 」シリーズ
「アニメや映画のあの料理を“デカ盛り”で再現! 」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ

サカゼン通販バナー