life

第3次ブーム到来中! 今さらながらデカメンが「ミニ四駆」に初挑戦してみた【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです! お店の名前はCAFE サーハビー。

カフェなんですが、フィギュアやマンガなど、趣味が全開の店内になっています。アベンジャーズの新作も公開ということもあって、マーベル系のフィギュアが最近のお気に入りです。

そんな中、昨年の2017年から気になっているヤツがあるんです。

それは、2017年に発売35周年を迎えたタミヤミニ四駆

どうやら再びブームがきているらしいです!

タミヤのミニ四駆ってどんなヤツ?


ミニ四駆。小さい頃に遊んだ方も多いんじゃないでしょうか。

まずこのタミヤというメーカー。バンダイに並ぶ天下のプラモデルメーカーです。赤地と青地に白抜きの星マークが2つ並んだタミヤのロゴマークは有名ですね。

タミヤは、戦車系のミリタリーモデルや、車系のカーモデルに非常に強く、1980年代半ばには組み立て式のRC(ラジオコントロール)カーが大ブームになりました。でもこのラジコン、価格も高価で組み立てもかなり難しく、子ども向けというよりはお兄さんや大人向けのホビーという位置付けでした。

そのラジコンブームの流れから、子どもでも簡単に組み立てが可能で、お小遣いでも買える低価格のカーモデルを、というコンセプトで誕生したのがミニ四駆。

1982年に最初のミニ四駆が発売され、小学館のコロコロコミックとのタイアップマンガ「ダッシュ! 四駆郎」や「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」などが連載され、社会的な大ブームになりました!

ミニ四駆の最大の魅力はその無限のカスタマイズ性! ミニ四駆専用の ”グレードアップパーツ” が数多く用意され、F1マシン並みの緻密なセッティングが楽しめるんです!

80年代後半に第1ブーム、そして90年代後半に第2次ブームがありました。すでに過去のブームとなってしまっていたミニ四駆でしたが、発売30周年を記念して2012年に「ジャパンカップ」が復活! 当時ミニ四駆にハマっていた世代が大人になり、当時を懐かしんで子どもと一緒に楽しむ親子レーサーが急増! 第3次ブームが到来しました!

そして2017年に発売35周年を迎え、ミニ四駆はますます盛り上がっているんです!


タミヤ ミニ四駆・トップページ
http://www.tamiya.com/japan/mini4wd/index.html

ミニ四駆を買いに行こう! まずはキット選び!


ミニ四駆って奥が深すぎて、簡単には説明ができないんです……。ネットであれこれ調べても、専門的なことが多すぎてチンプンカンプン……。これはもう実際に体験してみるのが一番手っ取り早い!

というわけでミニ四駆を買いに行ってきました!

ミニ四駆は大きめの家電量販店のおもちゃコーナーなんかで買えます。ネットでも買えますが、ここは実物を見て選びたいところ。

驚くのはミニ四駆のキットの種類! いろいろな種類のキットが並んでいます。厳密に言うとシリーズで選んだり、組み立ての基盤となる ”シャーシ” というパーツの種類で選んだりするんですが……。

”フルカウルミニ四駆シリーズのARシャーシのビートマグナムのプレミアム……” なんて選び方をすると、最初は何が何だか全くわからないので、まずは見た目で選ぶ! これがオレのマシーンだ! とピンと来たヤツを買う!

グレードアップパーツを選ぶ!


ミニ四駆をカスタマイズする ”グレードアップパーツ” 。

キットの隣には、グレードアップパーツの棚が……。こっちはさらにワケがわからないです。混乱します。

なので最初はビギナー用の ”ファーストトライ パーツセット” という基本的なパーツがセットになったものを買うと良いです。

ただしここで注意が必要です! 先ほど少し触れた、組み立ての基盤となる ”シャーシ” というパーツ。このグレードアップパーツは ”シャーシ” の種類ごとに発売されています。

シャーシの種類はキットの箱に書いてありますし、グレードアップパーツ側にも対応シャーシの種類が書いてあります。

最初の段階から、専門用語だらけでスイマセン……。それくらい奥が深いんです。でも超面白いんですよ!

ざっくり簡単にまとめるとこんな感じです。

1. 気に入ったキットを選ぶ
2. 選んだキットのシャーシの種類を確認
3. シャーシの種類に対応した ”ファーストトライ パーツセット”を選ぶ

 

キットを組み立てる!


今回選んだのがこれ! 「1/32 レーサーミニ四駆シリーズ イグレスRS」という名前のミニ四駆! モーター付属で1000円くらい。

F1のような実車っぽいデザインと、青いカラーリング、そして天下のタミヤのロゴ入り、というところが気に入りました! カッコイイ!



シャーシは ”VSシャーシ” という種類。シャーシの種類は箱に大きく書いてありますね。

ちなみにこのキットにはモーターが付属しています。モーターが付属していないキットもありますので、箱をよく確認しましょう。モーターが付属していないキットはその分価格も安いですが、モーターを別に購入する必要があります。

電池は基本的に別売りです。使用するのは単三電池2本。アルカリ電池が良いです。電池については後でまた触れます。



箱にはいろいろなスペックが書かれています。グレードアップパーツを個別に選ぶ時に参考になります。



今回一緒に買ったグレードアップパーツはこちら。

VSシャーシに対応した

  • ファーストトライ パーツセット
  • ギヤセット
  • モーター


グレードアップパーツについても、後でまた触れます。



ではさっそくキットを組み立てます!
キットの中身はこんな感じ。専門用語がいろいろと飛び交いましたが、パーツ数はけっこう少ないので、1時間くらいで簡単に組み立てられます。



このパーツが ”シャーシ” です。このパーツに、タイヤを付け、ギヤやモーターを付け、電池をはめ込む、まさに車体の基盤になるパーツです。

シャーシは種類によって形状が異なります。形状が変わるとマシン性能も変わります。シャーシの種類だけでも、なんと20種類くらいあるんです! このシャーシだけとっても、ミニ四駆の奥の深さがおわかりいただけるんじゃないでしょうか。だから子どもと一緒に、大人も楽しめるんです!



説明書を見ながら組み立てていきましょう! 子どもでも組み立てられるように設計されているので、接着剤は使いませんが、ニッパー、ピンセット、ドライバーがあると良いです。



ボディーもシールが付属してるので、塗装しなくてもカッコ良く仕上がります! ちなみに黒い窓の部分もシールです。



とにかくパーツが小さいです! なのでピンセットを使いましょう。あとパーツを落として無くさないように注意!



完成! イグレスRS!

程よく小ぶりなサイズ、マシンとしてのフォルム、シールを貼るだけでカッコ良くなるボディ、組み立ては単純だけど緻密な性能。

さすが天下のタミヤ! 素晴らしいキットです!

専用コースで走らせる!


キットを作るだけでも楽しいんですが、ぜひ専用コースで走らせてみましょう!

ミニ四駆にハマるかハマらないかは、コースで走らせるかどうかで決まります。コースで走らせてタイムを測る。タイムを縮めるためにカスタマイズをする。これがミニ四駆の醍醐味なんです! 本当に楽しいです!



というわけで、さっそく専用コースに行ってきました! 

ミニ四駆の専用コースが設置してあるお店は、ネットで検索して探しましょう。遊びに行ってすぐに走らせられるかどうかは、電話で直接問い合わせておくのがベストです。

料金は数百円から1000円くらい。1時間ごとの料金だったり、1日料金だったりと、お店によって異なります。ちなみ僕が行ったお店は、初回のみ入会金が300円で、コース利用料が1日300円。激安の穴場スポットです!



では! さっそく走らせてみます!



おーーー! 速えーーー!



コーナーもコースアウトせずに、ギュンギュンと曲がります!



コースを3周してタイムは58秒76



ここのコースのランキングを見ると、1位のタイムは32秒56なので、まだまだぜんぜん遅いですね。

タイムを縮めるためにカスタマイズをする!


そこでタイムを縮めるために、”グレードアップパーツ” を使ってカスタマイズをします!

まずはエンジンとなるモーターを替えてみましょう。付属のノーマルなモーターを「ハイパーダッシュ3モーター」に替えます!

モーターもパワー、スピード、レベルに応じて様々な種類があります。「ハイパーダッシュ3モーター」はパワーもスピードもバランスの取れた力強いモーターです。



モーターを乗せ換えました! これでどれくらいタイムが縮まるでしょうか!



ガーーン……。パワーとスピードがありすぎてコースアウトしちゃいました!

パワーやスピードが上がれば上がるほど、コーナーを曲がる時や、ジャンプする時に、車体に負荷がかかるので、車体を安定させなければいけません。



というわけで次は、車体バランスを安定させるために、”ファーストトライ パーツセット” を使ってカスタマイズをします!



前方の両サイドに取り付けたのが「低摩擦プラローラー」。
摩擦抵抗が少なく強度も高いローラーを取り付けることで、コーナリングがスムーズになります。

ちなみに、ミニ四駆自体は曲がる機能はなく直進しかしないので、コーナーを曲がる時はコースの内側の壁にぶつかりながら曲がります。なので、曲がる時に壁にぶつかるローラーの摩擦抵抗が少ないほど、スムーズに曲がるという仕組みです。

そしてそのローラーが取り付けられている黒いプレートが「FRPマルチワイドステー」。
ローラーをより外側の位置にする事で、コーナーでのブレが少なくなり、パワーロスを減らしてくれます。



そして車体の後ろの両サイドには、2段のローラーをセッティング。
高低2段のローラーが、コーナーを曲がる時の車体の傾きを抑えて、転倒やコースアウトを減らしてくれます。



そして車体の最後尾には「マスダンパーセット」を装着。
重たい金属製のボール状のパーツが、上下に稼動する”重り”になる構造になっていて、ジャンプした時の車体の跳ね上がりを防ぎ、走行時の安定性を高めます



全景はこんな感じ! グレードアップパーツを装着すると、グッとミニ四駆っぽくなりました! カッコイイ!



ノーマルの状態でのタイムは58秒76。
モーターを「ハイパーダッシュ3モーター」に替えただけの状態だと、車体がパワーとスピードに耐えられなくてコースアウト。
そこをさらにグレードアップパーツ各種を加えて車体バランスを安定させてみました。

さあ! 今度はコースアウトせずに完走できるのか! そして何秒タイムが縮まるのか!

スタート!



おーーー! 速えーーー! モーターを替えるだけでスピードがぜんぜん違う!



さっきはジャンプして着地した時にマシンがバウンドしてコースアウトしましたが、今回はマスダンパー(重り)のおかげでコースアウトせずに安定した着地です! 素晴らしい!



コーナリングもローラーのおかげでスムーズで力強いです! ガンバレ! あと少し!



ゴーーール!
見事に完走しました! タイムは50秒36! 最初より8秒ほどタイムが縮まりました! やったね!

更にタイムを縮めるために、充電式電池に交換する!


エンジンであるモータを替えたので、さらに動力源である電池を替えて、パワーとスピードをアップさせたいと思います!

最初は普通のアルカリ電池を使っていましたが、よりパワーのある充電式電池に替えます! この日はアルカリ電池しか持っていませんでしたが、隣に座っていた男性が快く充電式電池を貸してくれました!

専用コースがあるお店には、マシンにセッティングをする作業台、「ピットスペース」が常設されているところもあります。ピットスペースでは大人も子どもも一緒になって、自慢のマシンに手を加えています。まるでF1のピットのようです!

専用コースがあるお店には、ミニ四駆が大好きな人がたくさん集まってきますので、カスタマイズ方法やテクニックなど、わからないことは経験者の方に聞いてみるのが一番です! みなさん本当に親切に丁寧に教えてくれます!

僕も最初はネットであれこれ調べてみましたが、全く理解できませんでした。周りの経験者の方にいろいろ教えてもらいながらカスタマイズをして実際に走らせると、なるほど! これがこうなるからタイムが縮まるんだ! というのが実体験として理解できるようになってきます!

こういったミニ四駆好きの皆さんとの交流も、とても楽しいですよ! この日は小学生の男の子にも、年配の男性の方にも、いろいろ教えてもらいました!



お借りした充電式電池に替えてみた結果、めちゃくちゃ速いんですが、その速さをマシンが制御できなくて、あっという間にコーナーの外に吹っ飛んでいきました……。

スピードとパワーを上げて、それをいかに制御するか! というのがミニ四駆の課題ですね! 

コースによっても戦略が変わってきます。直線が多いコースではスピードを優先、コーナーが多いコースでは安定性を優先、といったようにコース状況に応じてマシンのセッティングをします。

もう実車のレースと一緒ですね!

ギヤを交換する!


充電式電池のパワーを制御するのは今回は難しそうなので、電池は普通のアルカリ電池に戻しました。完走できないとタイムを測れませんからね。

そうなると次は、”ギヤ” を替えてみます!



モーターの軸についているカラフルな歯車が ”ギヤ” 。このギヤも突き詰めるとかなり専門的になるんですが、今回はざっくりと簡単に説明します。

ミニ四駆のギヤには ”ギヤ比" という数字が表記されています。「3.5:1」と「4.2 : 1」とか、なにやら難解な数字が表記されています。

この数字が少ないと、速くなるけどパワーが落ちる。数字が大きいと、遅くなるけどパワーが上がる。比較すると……

「3.5:1」のギヤ
スピードは超絶に速いけど、パワーがあまり無い

「4.2 : 1」
スピードはけっこうあるけど、パワーも少しある

もともと付属していたのは「4.2 : 1」のギヤだったので、もっと速くするために「3.5:1」のギヤに交換してみました!



その結果は53秒51。先ほどのタイムが50秒36だったので、ギヤを交換した結果、タイムが3秒ほど遅くなってしまいました。

どうしてスピードが速くなるギヤに交換したのに、タイムが遅くなるの?

そうですよね。不思議ですよね。それはパワーが落ちてしまったから。

直線が多いコースだと効果を発揮するんですが、今回のコースはコーナーが多いので、走り出しをグイっと踏み込むパワーがより必要となってきます。

直線だと速いんですが、コーナーを曲がる時にパワー不足で減速してしまうので、トータルで3秒遅くなった、という結果となりました。



なのでマシンのセッティングはコースに合わせて変える! このコースとセッティングの駆け引きが、とても面白いんです! そしてタイムが縮まった時が最高に嬉しいんですよね!

だからミニ四駆は、コースで走らせるのが一番楽しいんです! コースで走らせたら絶対にハマっちゃいますよ!

ミニ四駆! めちゃくちゃ面白いです!


実は僕、ミニ四駆をやるのって今回がほぼ初めてでした。コースで走らせたのも初めて。

世代的にはちょうど下の世代で流行っていたので、これまでミニ四駆はやっていませんでした。何度かキットを作ったことはありましたが、床で走らせた程度。

今回初めてコースデビューをしてみて思ったのが……

ミニ四駆って、めちゃくちゃ面白い!

選ぶ、作る、走らせる、改造する、タイムを競う、大人も子どもも一緒に楽しめる。ホントに素晴らしいホビーです! こんなにも面白いんだから、35年以上続くのも納得ですね。

あまりに面白いので、うちのカフェのお客さまやスタッフと一緒に「サーハビーミニ四駆チーム」を結成します! いやーー、ミニ四駆、マジ楽しいです!


それでは最後に、僕のレース動画でお別れです。


タミヤ最高!

それではまた。


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンの他の記事もチェック!
「世界の料理をデカ盛りで作ってみた」シリーズ
「ヘルシーデカ盛り料理! 」シリーズ
「アニメや映画のあの料理を“デカ盛り”で再現! 」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ

サカゼン通販バナー