lifestyle

ぽっちゃりメンズに似合うイイ声を手に入れよう!喉を鍛える方法とは?

風邪から喉を守る基本とは?


風邪のウィルスから喉やカラダを守るために、まず外出から戻ったら手洗いとうがいは欠かせませんが、他にはどんなことに気をつければいいのでしょうか。

健康を維持する基本は、バランスの良い食事と適度な運動、十分な睡眠とストレスをためないことです。
喉に関していえば、栄養面で特に免疫力を高め喉粘膜を守るビタミンBを、ビタミンBの力を高めてくれるビタミンCと共に摂るのが効果的です。ビタミンBは豚肉やレバー、かつお、ほうれん草などに、ビタミンCは果物や野菜などに多く含まれています。

また、鼻が詰まって口呼吸になると、喉が乾燥して喉粘膜が傷付きやすい状態になってしまいます。口をポカンと空いてしまうクセのある方も要注意です。乾燥を防ぐために水分をこまめに摂るのもいいそうです。

また、声帯そのものは複式呼吸で鍛えることができます。喉に力を入れないようリラックスした状態で、鼻からゆっくり息を吸い、ろうそくを吹き消すように口からゆっくり息を吐き出します。慣れるまでは意識して行うことが大切です。腹筋運動をするときに声を出しながらやると一石二鳥ですね。

おデブ男子の体格は有利?よく通るイイ声を出すために


人間にとってカラダは楽器のようなもので、共鳴する部分が多ければ多いほど大きな音が響くのだそうです。体格がイイと音の振動がカラダによく共鳴して響くのでイイ声がでる人が多いということ。しかし、ただ体格が良ければイイというものでもなく、多少の訓練は必要です。
ぽっちゃりメンズに似合う美声をつくり出すためには、以下のメソッドを実践!毎日の習慣で喉を鍛えましょう!

●表情豊かに話す
無表情なままですと表情筋が動かず、通る声が出ません。
口を大きく動かしたり、口角を上げたり、ウィンクをしたりと、顔の筋肉を動かす練習をするといいそうです。ぽっちゃりメンズは見た目にインパクトがあるため、一見近寄りがたい印象を与えることも。豊かな表情で話すことは、明るく見えて好印象にもつながりイイコトいっぱいですね。

●鼻腔に音を響かせる
ハミングのように「ん〜」と言うと、鼻のあたりが響きますよね。鼻腔に響くと音が強くなり、音量が大きくなります。

●口蓋(口の天井)に音を響かせる
「イ〜」と言いながら、口の中で音が響いていることを確認してください。口を開けすぎないように気をつけ、母音から練習してみてください。

●喉を大きく広げる
喉の奥が広がると大きな声がでます。
鏡を見ながら喉の奥を広げ、その感覚を確認しましょう。あくびをしても同じ効果があるそうなので、まずはあくびで練習してもいいですね。

●伝わるように滑舌もよく
音としては聞こえていても、滑舌が悪くて何を言っているかがわからなければ、意味がありません。
落ち着いて大きな声でゆっくりと、顔の筋肉を使って話すことを意識してみてください。それだけでも、発声法が変わり聞きやすくなるのだそうです。聞きやすい声はゆったりと余裕のあるイメージも与えてくれますね。

最適な声量と鍛えたモテ美声でぽっちゃりメンズの魅力をアピール!


その場の状況や相手との距離感に応じて、最適な声量を意識しましょう。ぽっちゃりメンズはココロもカラダも大らかな方が多いので、普通体系の人よりもつい声が大きくなりがち。まずは相手の話を落ち着いてよく聞き、相手の声のトーンに合わせるように会話し、適度な声量を心がけましょう。
ぽっちゃりメンズの包み込むような大きなココロにイイ声がプラスされた会話は、場の雰囲気も良くなり好印象を得ることができるはず!TPOに合わせて声量を変えることで、明るいぽっちゃりメンズから大人なぽっちゃりメンズまで幅広く演出できて、健康面だけでなくモテ要素としてのポイントもアピールできるかもしれませんね!

イイ声には音量や音の高低もさることながら、相手に伝わりやすいかどうかということも大事。優しくかつハキハキと話す姿は素敵ですもんね~。反対に音がこもってしまうと暗い印象を与えてしまいますので、ボイストレーニングなどを取り入れるのもおすすめですよ!


冬場は風邪でマスクをしたり、喉が痛かったりしてうまく話せず、何度も聞き返されると話している内容にも自信がなくなり、人と話すこと自体が億劫になってしまった・・・なんて経験ありませんか?
おデブ&ぽっちゃりメンズならではの共鳴しやすいカラダを活かし、今回紹介したポイントを参考に健康的な美声と好印象なモテ要素、一気に手に入れちゃいましょう~!
大きな体全体に音が響き始めると、何だか元気も出てくるかも!!!

・コチラもチェック!「健康」と「モテ」どっちもGETしたい~!!!
ぽっちゃりメンズ仕様のおしゃれクロスバイクに乗ってみた!