lifestyle

【おデブ男子のクルマ選び5種】俺に最適なスポーツカーはどれ?

男に生まれたおデブの皆さん、人生で1度はスポーツカーに憧れた経験はありませんか?
綺麗な女性を連れて颯爽と乗りまわし優雅に風を切る姿はさながらハリウッド映画のようで、「あのかっこいい姿をどうしても真似したい!」という熱い想いは男の魂に深く刻まれているはずです。
しかし、「そもそもあんな狭そうな空間やシートに身体が入るわけない」と決めつけて、乗りたい気持ちを必死になって抑えてきたおデブ男子も多いのではないでしょうか?
そこで今回は車大好きライターの髙木くまのすけが5台のスポーツカーに座ってきましたので、その様子をご紹介していきます。

■ぽっちゃりメンズ仕様のオシャレクロスバイク??
ミヤタサイクルのオシャレクロスバイク「フリーダム タフ」に乗ってみた!
■ぽっちゃりメンズ向けのバイクはコチラ!
かっこよさと乗りやすさを両立した「アメリカンバイク」とは

髙木くまのすけのスペック紹介

はじめに、基準となる私のスペックをご紹介しましょう。

身長:174cm
体重:115kg
服のサイズ:3L~4L
パンツのサイズ:38~40インチ

この数値を見てお気づきかもしれませんが「結構なランクのおデブ」です。
そして、車が好きすぎるあまり前職では大型自動車運転免許を取得しトラックの販売をしてきた経験があるなど、生粋の車好きです。
とはいえ私自身「こんなぽっちゃり体型では乗れないのではないか…」という恐怖からスポーツカーは敬遠し続けていました。
そこで「購入しやすい価格帯であること」という条件のもと、5台のスポーツカーをピックアップしていきますので順にご覧ください。

おデブメンズにオススメなスポーツカー1台目:ホンダS660


ホンダS660は旧ホンダビートの後継機と言われている、軽自動車でオープンタイプのスポーツカーです。
2015年発売ということで先進的なデザインと軽自動車を思わせないような見た目は「ザ・スポーツカー」といえるでしょう。
しかし軽自動車で、さらにスポーツカーとなると実際に乗車することはできるのでしょうか…。
それでは実際に座っていきましょう。


やはり乗降するには少し狭いです。
というのもスポーツカーであるがゆえ、床面地上高(地面から床までの高さ)と天井の低さが相まっておデブには厳しい「屈みポーズ」となってしまうのです。
しかし実際に身を屈めながら乗車したところ

あれ?全然狭くないぞ?
むしろ収まりが良すぎる!

と感じるほどに快適でした。



その理由はスポーツカー特有の「足を投げ出した格好」にあります。
ドライビングポジションをとると足を前方に投げ出す格好になるため、非常に楽な姿勢を取ることができたのです。
乗降のし辛さは感じましたが、それ以外はオールOKな車種でした!
またタルガトップというオープンタイプになりますので、天気のいい日はオープンにして走ると気持ち良いこと間違いなしです。
お値段は約200万円~
十分手の届く価格でありながら、意外と心地いい車内は購入を検討する価値ありでしょう。

おデブメンズにオススメなスポーツカー2台目:ダイハツコペン


コペンはS660と比較されることの多い、軽自動車のスポーツカーです。
しかし実際はS660がスポーツユースであるのに対し、コペンはどちらかというとファッション的なオシャレさが詰まった車種といえます。
それでは座ってみましょう。



乗降のしやすさはS660より上でしたが、正直ドングリの背比べといっていいほどでした。
また、こちらに関しても実際に座ってみると意外とスペースに余裕があり、小さく可愛い見た目とは裏腹に収まりは良好です。
つまりおデブでも乗ることはできるのです。
価格は約185万円~
どちらかというと女性に人気の車種ですから、スポーツカー気分を味わいながらオシャレを楽しみたいという方にはぴったりの1台ですよ!

おデブメンズにオススメなスポーツカー3台目:トヨタ86


トヨタ86は今や国産スポーツカーの代名詞と言っていいほどに知名度が高まりました。
そのため街中で見かけることも非常に多く、「スポーツカーといえば86!」と思っている方も少なくないでしょう。
そんな86ですがさすが3ナンバー、乗降のしやすさもさることながらシートの収まりも十分すぎるぐらいでした。



ここまでベタ褒めしていますが、ひとつだけ難もあります。
それはハンドルと太ももの隙間が小さいためハンドルワークがし辛いということです。
しかし慣れれば問題ないレベルですので、購入直後以外は気にすることはないかもしれませんね。


とはいえ見た目も格好よく乗降も比較的しやすい、また室内空間も広めの86はおデブでも格好よく乗れること間違いなしでしょう。
価格は約205万円~(実用的なモデルは約250万円~)
手が届く価格帯でありながら格好よく乗りこなすことができる1台となっています。

おデブメンズにオススメなスポーツカー4台目:ホンダCR-Z


CR-Zはホンダが誇る「ハイブリッドスポーツカー」です。
見た目は可愛いともスポ―ティーともいえる雰囲気で未来的なフォルムをにじませています。
実際に乗ってみるとドアの長さが気になりましたが、乗降するにはそれほど苦労しませんでした。


また車内も決して狭くなく、見た目同様に近未来感をにじませるオシャレな内装をしていました。
価格は約280万円~
ハイブリッドスポーツカーであるため、「スポーツカーを楽しみたいけど燃費が気になる」というおデブはこれで決まりですね!

おデブメンズにオススメなスポーツカー5台目:マツダロードスター


ロードスターは国産オープンカーの代名詞ともいえるスポーツカーです。
これからの季節、海辺の道をオープンで駆け抜けていくことを想像するだけで気持ちよくなってしまいそうですよね。
しかし実際に乗ってみると…かなり狭いです。



上の写真2枚を見ていただければ分かるかと思いますが、かなりギュウギュウ詰めにされていると思いませんか?
その理由は大きなセンターコンソールにあります。
実はロードスターのセンターコンソールは車内の空間に対して太く、その結果座席が圧迫されてしまっているのです。
また写真では分かりづらいかもしれませんが、足元のペダル類の間隔も非常に狭いことからおデブ向きではないといわざるを得ないかもしれません。


しかし、運転席周りやペダル類の間隔を見ると「最もスポーツカーらしい感覚を味わえる」車ともいえます。
そのためスポーツ走行に憧れを持つおデブには、大盛りの白米よりも輝く存在でしょう。
価格は約250万円~
狭さを克服した先には、潮風を浴びて夕日に向かっているあなたの姿が待っていますよ!

まとめ

以上、おデブでも乗れるスポーツカーをご紹介してきましたが、全5台の内気になる車種はありましたか?
どれも気になって仕方がないという方はぜひ試乗しに行くことをオススメします。
私でも乗れたのですから、あなたも挑戦してみてください!
最後に、普段ミニバンに乗っている私の感覚では「どうせ狭すぎて乗れないんでしょ?」と思っていたものの、意外とスポーツカーに乗ることは苦ではありませんでした。きっと満足できますよ!