lifestyle

【ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ】第3回:バンドマン・岸野一さんの1日に密着【後編】

PosiBig編集部が様々なアーティストにスポットを当ててお届けする新企画「ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ」。豊満なボディをフル活用し、生き馬の目を抜く業界でハッスルしながらも心から楽しんでいる、ポジビスト(ポジティブなデカメン)たちを紹介していきます。

第3回は、デカ・バンドマン“ハジメちゃん”こと岸野一さんを1日たっぷり追いかけた、密着取材の後編。やっとバンドマンらしいところ見せてくれましたよ!

■前編はこちらから!
【ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ】第2回:バンドマン・岸野一さんの1日に密着【前編】

お買い物でテンションが上がったハジメちゃんが連れてきてくれたのは、老舗楽器屋<THREE SISTERZ>さん。店主のおばちゃんが放つ独特のヴァイブスでツウからも支持されている名店なのですが……今日はやっていない!?
いつの間にか週休2日になっていました…。無念!

所狭しと並べ、積まれているというビンテージ楽器たちを見てみたかったなあ~。

ショボン…

ガッカリしすぎて満腹中枢が壊れたのか、ハジメちゃんから「お腹、空きません?」という、ほんの2時間ほど前にグリーンカレーソバを替え玉してライスまで食べた人間とは思えない発言が飛び出しました。

まあ今回はハジメちゃん密着取材ですから、行きますよ!

ということで…

福生駅周辺エリアでお気に入りのラーメン屋さん<カッパ64(カッパロクジュウシ)>へGO!


<カッパ64(カッパロクジュウシ)>
http://kappajapan.com/

かなりユニークな店名とシンプルな外観、そして独特な内装に期待が高まります。




「あ、僕これにします」とハジメちゃんがチョイスしたのは“カツオ尽くしの油そば ~なめろうのっけ~”という、謎の限定メニュー。


名前の情報だけではまったく味が想像できませんでしたが、いざ運ばれてきた油そばは実に美味しそう!


他では絶対に食べられない創作メニューも、このお店の魅力のひとつなんですね、ハジメちゃん!

「しっかり混ぜて……」

「ムフフ……」

ねえハジメちゃん、人の話聞いてる?

「ズババーッ!」

「モグモグ……」

ねえねえハジメちゃん、油そば美味しい?

キッ!!

もういいよ……食べてるときに話しかけてゴメンよ……。

「おいしっ ♡」

さて、妙な間合い芸を覚えたハジメちゃんをガン無視して、我々はレギュラーメニューの“とまとらーめん”をチョイスしました。


こちらも実に美味! トマトベースの濃厚なトロトロスープが麺と絡む~! ボリュームもたっぷりでお腹いっぱいです。


ごちそうさまでした!

いや~満足満足。でもハジメちゃんの休日って、バンドマンっぽさはあまりないよね?

じゃあバンド練習、見に来ます?

マジで!? 行きます行きます! バンドのスタジオに同行できるなんて、なかなかできない経験ですよ~

「じゃあ後ほど八王子で……ンッフフ」

人通りの多い駅前での撮影が恥ずかしかったのか、必死に笑いを堪えるハジメちゃんと別れ、改めて八王子駅で待ち合わせすることに。

バンド練習に同行!八王子へ移動します!

八王子駅ってデカいよね。

1時間後にハジメちゃんに連絡すると「<SENSELESS RECORDS(センスレス・レコード)>って店に来てください。駅から3分くらいなので」とのこと。

別にいいんだけどさ、待ち合わせ場所にいたことないよねハジメちゃん!

週末の夜はハッスルした男女でにぎわうダーティなストリート(想像)


南口の繁華街を少し進んだところにある雑居ビルに入り、エレベーターを降りると、その先には意外なほどスコーンと抜けた空間が。


ここが<SENSELESS RECORDS>か……ドキドキ。


店内では、オーナーらしき男性とハジメちゃんが談笑中。

あれ? もしかしてこの人……そう、実はmalegoat佐藤洋介さん(Vo./Gt.)が代表を務めるレコードショップだったんです!

<SENSELESS RECORDS>
http://www.senselessrecords.com/


洋邦問わずインディー~エモ系のCD・レコード・DVDが所狭しとズラリ。


店内ではアルコール類も飲めちゃうんです!


そんな<SENSELESS RECORDS>の奥には、ギター/ベースのリペアやカスタムをしてくれるショップ<13SOUNDS>が併設されています。レコード買うついでに楽器のメンテもできちゃうなんて!

さらに、このビルの中には八王子で最も有名なライブハウスのひとつ<RIPS>と、練習スタジオまで入っているという、まさにバンドマンにとっては夢のような物件!


「そろそろ行こうか」とエレベーターで階下のスタジオへ向かったハジメちゃんと佐藤さん。残念ながらギターの田辺さんは欠席でしたが、ドラムの川北さんが合流し練習開始です!

ついに練習スタート!新たなデカメンも登場!?



いやあ、さすがのハジメちゃんもベースを構える姿はカッコいいですね!


足下にもコダワリが満載です。


胸に突き刺さるような佐藤さんのボーカルも素敵!


とにかくスゴい爆音!

……ん?


……ちょっと待って?


ストップ! ストッーープ!!

川北さん、めっちゃデカメンじゃないですか!?

どうも、川北純です

みんなから“純くん”と呼ばれ愛されて(時に恐れられて)いる川北さん、何とも愛嬌たっぷりな佇まいですね!彼こそ模範的なデカメンと言えるのでは?

意外とシャイガイな純くん

……しかし、ディープなロックファンの中には“八王子の川北さん”と聞いてピンと来た人も少なくないでしょう。

そう、何を隠そう純くんは、日本のラウドロックシーンを代表するバンド、「マキシマム ザ ホルモン」のマキシマムザ亮君(歌と6弦と弟)とナヲ(ドラムと女声と姉)の弟さんなのです!


ちなみにファンの間で最も有名な兄弟エピソードといえば、やはりこちらの“ハロウィン事件”ですよね。



この一件だけでも純くんのポテンシャルの高さがうかがえますが、“川北家の最終兵器”の異名を持つ彼はもちろん、malegoatを支える、バンドの大黒柱でもあります。


迫力満点のドラミング! ただしスタジオ内の気温も急上昇!!


それにしてもメンバー4人中2人がデカメンのmalegoat、もはやハジメちゃんが標準体型に見えてきましたよ。

この日は制作中だという新曲を練って、約2時間で練習終了。


かなりお疲れの様子だったのでスイーツを差し入れると、大喜びで頬張ってくれました。

見ているだけで幸せな気持ちになれる福顔な純くん。

佐藤さんは常にポーカーフェイスです。あとハジメちゃんに厳しい。

ともあれハジメちゃん、今回は色々と協力してくれてありがとうございました!

本当に助かりましたよ~。

「でもこれ、甘いもの食べてる画が欲しかっただけでしょ?」

「なるほど、餌付けか」(※2個目を食べながら)

ギクッ!! 全部お見通しだったんですね……。

まあまあ、編集部でラーメン奢りますから勘弁してくださいよ!

「またラーメンか~。純くんどうする~?」

「どうしよっか」

「ゴニョゴニョ」

「*****」



……結局しっかり大盛り食べてました(笑)

「ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ」、次回もお楽しみに!

■ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ
第1回:岸野 一さん ×「らーめん ねいろ屋(荻窪)」
第2回:バンドマン・岸野一さんの1日に密着【前編】

■こちらもオススメ!
ぽっちゃりケンケンのカフェ開業ストーリー【その1】「やりたい事を思いっきりやろうゼ! 」
【春シーズン】ぽっちゃりメンズ向け、おすすめスーツをサカゼン渋谷店で選んでもらいました!