lifestyle

カフェノマドをオシャレに楽しむ!? ぽっちゃりWEBライターの実態に迫る

こんにちは、ライターの髙木くまのすけです。

相変わらず痩せない私ですが、ポジビスト(ポジティブでビッグな人)なので構いません!!そんな私が痩せない理由はただひとつ、全く動かない仕事をしているからにほかなりません。私はフリーランスとしてWEB媒体を中心に活動している「WEBライター」です。そのため、実はいつもカフェでオシャレぶって仕事をしていたりします。

しかし、パソコン片手に仕事をされている方を見ると「オシャレだな~」とは思うのですが、実際に私自身がオシャレに見えているのかどうか、少し自信がなくて…。そこで今回は、「髙木くまのすけは、果たして本当にカフェでオシャレにノマドワークをしているのか?」と題して、とある日の仕事中の様子をお届けしたいと思います!

■ライターケンケンの仕事のルーツについて知りたい方はコチラ!
ぽっちゃりケンケンのカフェ開業ストーリー【その1】「やりたい事を思いっきりやろうゼ! 」
■ビジネスカジュアルってどうしたらいいの?髙木くまのすけがコーデを紹介!
おデブによるおデブのための「ビジカジ」のススメ

髙木くまのすけは「フリーランス」

私の仕事はWEBライターです。そしてフリーランスです。サラリーマン時代はトラックを販売していたり、パーティードレスをレンタルしていたりと本当に様々な業務に携わってきました。

しかし、

ポジビストなのに、このままではオシャレに仕事を楽しめない!

そう思って一念発起し、フリーランスのライターになったのです。そのため、今では気分転換にカフェでもオシャレに仕事をすることができるようになりました。

オシャレにノマドワークを楽しむには「服装」が重要?

「オシャレにカフェでノマドワークをする」というと何を思い浮かべますか?MacBook?コーヒー?デザート?いいえ、そうではありません。

まずは「オシャレで機能性の高い服装」が最も重要なのです!

実際にカフェで長時間過ごすと分かるのですが、オシャレに気をつかいすぎてタイトな服を着てはいけません。なぜならタイトな服は動きづらく、仕事のパフォーマンスを低下させるからです。

カフェは自宅とは異なり自分の自由に行動することができず、特にガタイの良いぽっちゃり体型の私は結果的に縮こまった格好になりがちであるため、適度にゆとりをもった服装が好ましいといえます。また、せっかくならリラックスしながら仕事したいですよね!カッチリした服装よりもラフでカジュアルな服装の方が、よりリラックスできますし、気取ってない雰囲気も出るのでオススメです。

トップにも載せているコチラの写真をご覧いただければよく分かるかと思いますが、私の格好は「Tシャツ&ジーンズ」。とてもカジュアルです。


ノマドワークを実践するのであればこれぐらいの服装が楽です。シンプルな分、アクセサリーなどの小物を楽しむのもいいでしょう。

ノマドワークで必要なモノって何?


それでは本題の「髙木くまのすけのノマドワークの様子」に迫っていきましょう。
私がノマドワークをする際に必要としているモノは下記の4点です。

  • タブレットPC
  • マウス
  • Wi-Fi環境
  • タバコ


これら4点が揃うことで私は最高のパフォーマンスを発揮することができます!そのため、仕事をするカフェを選ぶ基準は「Wi-Fi環境が整っていること」「喫煙席があること」の2点となるのです。

もちろんノマドワーカーによって必要なモノは異なるためあくまで一例となりますが、実はこんなにも少ない荷物で仕事をしているのです。とはいえ、これだけを揃えておけば一人前のノマドワーカーになれるかというと、そうではありません…。ぽっちゃりポジビストな私にとって大切なことが抜けているのです。

それは「朝ごはんが食べられるかどうか」です!

「朝からノマド」はモーニングサービスもチェック!


私の場合、カフェでオシャレにノマドワークをする場合は「モーニングがあるかどうか」も、お店を決める基準のひとつになっています。

とはいえ私の住む愛知県では「モーニングサービス」といって、コーヒーを頼むと一緒に朝食が付いてくるサービスが充実している地域なので、それほど心配をしていません(まさに私とっての天国…)。
今回は「小倉トースト」が出てきました!いただきます!


甘さとカロリーのおかげで何とか仕事を頑張れました!みなさんも、きちんと食事をしてエネルギーを摂取してから仕事をしてくださいね!私はきちんと朝食を摂ったおかげで、こんなにも集中して仕事ができましたよ!


おいしいご飯を食べて、楽しくノマドワークを楽しみましょう。

まとめ

以上で髙木くまのすけのノマドワークについてのご紹介を終わりますが、いかがでしたか?
「そこそこオシャレだった」「あまりオシャレではなかった」、感想は人それぞれだと思います。

しかし最終的に大切なのは、「自分がどう思っているか」でしょう。もちろん私はノマドワークを「最高にオシャレで、最高に楽しい仕事のかたち」だと思っていますよ!
自分らしくいれる仕事のかたちとしての「ノマドワーク」という選択肢、みなさんもぜひ参考にしてみてください。

■デカメンアーティストのポジティブライフに密着!
【ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ】第1回:岸野 一さん ×「らーめん ねいろ屋(荻窪)」
■仕事でも使える!オシャレアイテムの紹介はこちら!
オシャレ手帳「モレスキン」活用術と魅力!デカメンCAFEオーナーが語る