lifestyle

ぽっちゃりケンケンのカフェ開業ストーリー【その8】「物件契約!からの内装工事の見積もり・・・」の巻


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンです!お店の名前はCAFE サーハビー。毎日いろんなお客さまが遊びに来てくれます。常連の皆さん、初めてのお客さま。楽しい話で盛り上がったり、将来の夢を語りあったり、時には悩みの相談だったりする事もあります。

この「ぽっちゃりケンケンのカフェ開業ストーリー」では、僕がどのようにしてカフェを開いて現在に至ったか、そんな赤裸々なケンケンストーリーを語っています。29才までフリーター、就職、脱サラ、東京から札幌への移住を経て、ようやくカフェをオープンさせる物件が見つかったところまでお話をしました。

今回も皆さんと一緒にポジビストを目指すうえで、何かしらのヒントが見いだせればイイなと思っています。

CAFE サーハビーに集う皆さんと出会う、ずっとずっと前のお話です。なんか不思議・・・。

■前回までのお話はこちら
【その1】「やりたい事を思いっきりやろうゼ! 」
【その2】「今日で会社辞めます・・・ 」
【その3】「そうだカフェやろう」
【その4】「さらば東京!最後の2ヵ月」
【その5】「今日から札幌市民です」
【その6】「で、どんなカフェにする?」
【その7】「あの~テナント物件を探してるんですが・・・」

物件の契約をしようと思ったら・・・


1ヵ月の物件探しの末、ようやくココだ!と思える物件と出会う事ができました!ビルの名前は「マルビル」。このマルビルの物件にCAFE サーハビーを作ります!前回もご紹介しましたが、物件の契約条件はこんな感じです。

住所:札幌市中央区南3条西1丁目3-3マルビル1階
広さ:18.5坪
家賃:250,000円+12,500円(税)
保証金:750,000円(3ヵ月分)
仲介手数料:210,000円
合計:1,222,500円

キーーーーー!122万円!!やっぱり物件の契約が一番お金がかかりますね・・・。物件によっては保証金が家賃の半年分だったり1年分だったりする場合もあるらしいので、もしかしたら良い条件なのかもしれませんが、いずれにせよ大きなお金が動きます・・・。じゃあもう思い切って契約しちゃいますか!122万円!

不動産屋にマルビル物件の契約をしたいと伝えたところ、お金以外に以下のモノを用意してくださいと言われました。

・実印
・保証人
・火災保険への加入

そうかーーーーー!テナント物件の契約には保証人が必要なんだーーーー!それと火災保険にも入らないとダメなんだーーーー!何も分からないままカフェ開業準備に取り掛かったので、初めて聞く事もたくさんありますが、そうかーーー、保証人に火災保険かーーー。そうだよなーーー。



実印。これは近所のハンコ屋さんでサクサクっと作りました。初めての実印だったのでなんか嬉しかったです。自営業やりますよって感じ!



火災保険。これはネットで飲食店向けの保険をいろいろ調べてみまして、2~3社に直接話を聞きに行き、一番安定感がありそうで価格もお手頃な「食品衛生協会の火災共済保険」に加入する事にしました。

食品賠償保険も併せて加入しました。食品賠償保険というのは、万が一お客さまに何かをこぼして洋服を汚してしまったとか、決してあってはならない事ですが食中毒を出してしまった時の休業補償などを扱った保険です。



そうだよねーー。保証人いるよねーー。うすうすは必要かなーーとは思ってました。札幌に移住してきたときの住居物件は保証人がいらなかったので、どうかなーーと思ってましたが、やっぱりテナント物件には必要ですよね。保証人・・・。

保証人ってあまり良いイメージが無いので、人には頼まずに保証会社をつけようと思ってました。金額なども含め調べてみましたら何やらいろいろ費用が掛かりそう・・・。すごく悩んだんですが、兄にお願いをしました。何かあったら迷惑が掛かるし、保証人ってなんか重たいイメージだし、申し訳ない気持ちがいっぱいでしたが、兄は快く引き受けてくれました。持つべきものは兄弟ですね。今でもありがたく思ってます。ありがとう。

いよいよ物件契約!122万円!


用意するモノも揃いました!お金も用意しました!いよいよ物件の契約をします!契約日は2009年7月27日(月)。大安の日を選びました。車の中で大好きなローリングストーンズを大音量で聴きながら不動産屋行きました。今も昔もここぞの時はストーンズ。緊張は高まります!

まずは契約書の内容の説明。契約時の内容説明は、専門の資格を持った人じゃないと出来ないそうです。契約書ならではの難しい言い回しが多いので、分からない内容は隅々まで確認します。

ひと通りの説明が終わり、契約書にサインをしてハンコを押します。このハンコを押したらもういよいよ後戻りはできないぞ!行くか行かないかの最後の最後のギリギリの分岐点!今までの事やこれまでの経緯、いろんな事を思い出していました。

そして、凛と奮い立つ決意と共に、しっかりとハンコを押しました。

そして支払い。122万円・・・。担当の人が1枚1枚お金を数えていきます。あぁ、さっきまで手元にあんなにあったお金が、人の手に渡っていく・・・。けっこうな額のお金が動きました。

ふーーーーー緊張したーーー!

3日後にカギがもらえる事になりました!!

さかのぼること数週間前・・・


さかのぼること数週間前・・・。まだ物件探しをしている最中に、実は内装業者との打ち合わせも同時進行で進めていました。内装工事の業者は担当の不動産屋の兄ちゃんが紹介をしてくれました。

物件が決まらないと具体的な内装の打ち合わせもできません。そして物件の契約をしないと工事はできません。さらには物件の契約をしてしまうと、そこから家賃が発生します。スケジュールはかなりタイトに組んであるので、物件の契約と工事開始のタイミングをうまく合わせられるように、事前に準備を進めていました。

あらかじめ内装業者にも、お店のコンセプトシートを渡して、こんなお店を作りたいんですとイメージを共有しておきました。手持ちの予算もたっぷりは無いので、お手柔らかにとお願いしておきました。

CAFE サーハビーの図面を作る


googleのフリーソフトで「SketchUp(スケッチアップ)」というソフトがあるんです。もともとWEB制作会社で働いていたのでパソコンをいじるのは得意でしたので、お店の図面を自分で作れないものかといろいろ調べていました。このスケッチアップってソフト、すごく優秀なソフトなんです。

操作にちょっとクセがありますが、簡単に3Dの図面が作れるんです。しかもパソコン上でグリグリと360度動かせる!さらにネット上にアップされているソファーやテーブルなどの3Dデータを検索して埋め込む事もできる!googleってスゲーーー!!

SketchUp
http://www.sketchup.com/ja

このソフトでお店の図面を作れば、内装イメージや店内レイアウトなども、パソコン上で簡単にシミュレーションができるはず!

というわけでマルビルの物件を初めて見に行った翌日から、さっそくスケッチアップで図面の作成に取り掛かりました。物件の契約をしたいと伝えた後の、ちょうど実印や火災保険などの準備をしている期間です。その時に作った図面がこんな感じ。





いやーーー超便利ですスケッチアップ。自宅に居ながらパソコンの前で実寸でシミュレーションができるっていうのがスゴイ!お店のイメージーがグンと具体的になってきました!

CAFE サーハビー内装のこだわり


CAFE サーハビーのロゴマーク。これはお店の名前を決めてすぐに作りました。まだ札幌に移住する前で、東京で準備をしていた頃です。サーハビーのロゴには3つの色が使われています。今までお客さまにもあまり話す機会はありませんでしたが、実はその3つの色にはそれぞれに意味があるんです。



「青」
僕が一番好きな色が「青」。砂漠の中のオアシスの「青」。安心感の「青」。



「白」
真っ白なキャンバスに、みんなで一緒に描いていこうぜ!という意味合いを込めた「白」。



「茶色」
どんな時でもしっかりと踏みしめる大地の「茶色」。木の「茶色」。


なので、壁の色は真っ白に、床は茶色で木の板張りに、差し色には青を。言わなければ分からない事ですが、サーハビーの床と壁にも、しっかりと意味を込めたいと思っていました。

特にお店の床は、今はもう廃線になって無くなってしまいましたが、生まれ故郷の音更(おとふけ)にあった音更駅の駅舎の床をイメージしていました。小さい頃に友達と一緒に遊んだり、じいちゃんに連れられて汽車に乗せてもらったり、そんなノスタルジックな思い出のある音更駅の駅舎の床。

黒に近い茶色で、隙間があって、歩くとゴツゴツと音がする。そんな床にしたいと思ってました。

内装業者の見積もり20万円?!


物件契約までの短い期間で内装業者との打ち合わせを急ピッチで進めていました。予算が限られているので、ペンキ塗りや棚の設置など自分でやれそうな部分はDIYしようと思ってました。

内装業者にお願いしたのは次の4点。炉端居酒屋だったので中央を囲んでいる囲いカウンターを撤去。その撤去したカウンターを厨房にドッキング。床の作り込み。電気系統。

というやり取り進めながら最初に出てきた見積もり金額がなんと約20万円?!内装工事の金額も100万円近く掛かるだろうと思っていたので、えーーー?!そんなに安いの?!と思ったのが第一印象でした。居抜き物件だから安いのか?そもそも札幌の相場が安いのか?

よくよく見積もり内容を確認してみたところ「床は茶色いパネルシートを貼る想定です。」という事でした。ほーーーーーなるほど音更駅の駅舎みたいな木の板張りじゃないのね?再度お願いをして、床を木の板張りにした場合の見積もりも出してもらいました。

その見積もり金額、945000円!!

やっぱりそうなるよねーーー!床をゼロから作るわけだしねーーー!約95万円・・・。

これもまた悩みました。20万か95万か。しかも床でしょ?そんなにみんな気にしない所じゃないの?パネルシートで安くすませばイイんじゃないの?いやーーーどうしよう・・・。その差は75万円!お店の家賃3ヵ月分!

契約から3日後、カギをもらう


話を元に戻しまして、待ちに待った3日後。カギをもらってすぐに、急いでマルビルに向かいました。

初めて自分で自分の店の扉のカギを開けます。誰もいないマルビルの物件。僕だけが1人。いろんな想いが込み上げてきました。後はもう作るだけです。CAFE サーハビーを。どんなお店にするかは頭の中に出来上がっています。ここがCAFE サーハビーになるんだ。

内装業者との打ち合わせも事前に進めていたので、カギをもらった翌日から工事が始まることになりました!我ながら見事な段取り!

サラリーマンだった頃、プロジェクト管理も担当していたので、こういう絡み合った段取り調整は得意でした。いつのまにかすごく役に立つ技術が身についていたなぁと思いながら、裏切るように辞めてしまった東京の会社の社長の事を考えたりしていました。

内装工事は約10日間。悩みに悩んだあの床も、木の板張りにしてもらう事にしました!95万円です!音更駅の駅舎の床のイメージ。どんな時でもしっかりと大地を踏みしめる「茶色」の床。

せっかく自分の店を持つんだから、妥協と後悔はしたくない。悩んだ末に自分の想いを貫きました。


物件のカギをもらった日はとても良く晴れていました。ちょうど札幌のど真ん中にある大通公園という大きな公園で、ビアガーデンが開催されている時期でした。その夜、ビアガーデン会場の芝生の上でビールを飲みながら、こう思いました。

「なんてイイ街なんだ!札幌は!」

これから大変な事もたくさんあると思うけど、楽しい事もそれ以上にたくさんあるはず!札幌、楽しくなりそうです!

これから出会う人たち


この写真、現在のCFAE サーハビーの写真です。今回のお話で契約をしたマルビル物件ではありません。マルビル物件は3年経った時点で引っ越しをします。そこら辺の話はおいおい詳しくお話しようと思っています。

この「ケンケンのカフェ開業ストーリー」は、約8年前の事を思い出しながら少しづつ書いています。僕自身も忘れていた事を思い出したり、当時のギラギラした初心を思い出したりと、まるで過去の自分にタイムスリップしたかのように、いつも楽しく書かせてもらいながらも、今の僕にとっても励みになっています。

そして毎回書きながら思っている事があります。いつか機会があったら書こうと思っていました。第8回目を迎える今回、ようやく内装工事が始まる直前のところまでお話をしました。ですのでCAFE サーハビーはこれから誕生する、この時はまだ存在しないお店です。

だからこの頃の僕は、まだ誰とも出会っていないんです。いつもサーハビーに来てくれるあの人たちにも、いつもいっしょにワイワイやっているあの人たちにも、今は遠く離れたところで暮らしているあの人たちにも、思い返すとキリが無いほど、CAFE サーハビーで出会ったいろんな人たちに、この頃の僕はまだ誰とも出会っていないんです。

そう思うといつも、不思議な気分で、ありがたくて、ありがたくて、嬉しくなります。皆さま、いつもありがとうございます。

そこら辺の皆さまへの感謝の想いは、最終回の時にでも書こうかなと思います。いつ終わるか分かりませんが(笑)。

次回は一番楽しみにしていた内装工事!ペンキを塗ったり、棚を作ったり!


少し横道にそれちゃいましたが、次回はいよいよ内装工事が始まります!床が出来上がり、カウンターが出来上がり、ペンキを塗ったり、棚を作ったり、一番楽しみにしていた工程です!そしてペンキを塗りながら、お金を借りる準備もしていきます。ここの段取りはもうハラハラドキドキです!

オープンまで残りあと2ヵ月!どうなるCAFE サーハビー!どうなるケンケン!

お店の名前はCAFE サーハビー。その誕生のストーリー。皆さんがポジビストになるための、ささやかな踏み台になればなと思っています。


次回予告
「内装工事にペンキ塗り!実はもう貯金はありません・・・(仮)」の巻
何ぴとたりとも俺の前は走らせねぇ!


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
※営業時間が変わりました。
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/

■ケンケンのデカ盛り&ヘルシー飯シリーズもチェック!
スタッフしか食べれないデカ盛りまかないメシ! 第1弾「兜(KABUTO)」
ヘルシー・低カロリーで満腹になる料理!1皿目「野菜炒めアンナプルナ」