lifestyle

<年末特集>PosiBigぽっちゃりメンズ8人が2017年をデカメン的に振り返る!

皆様にとって、2017年はどんな一年だったでしょうか?

仕事、家庭、恋愛、レジャー……日常の中に心躍るような素晴らしい出来事もあれば、そうでないこともあったかもしれません。体重が歴代最高記録を更新した、お店で半自動的に大盛りが出てくるようになった、なんてデカメンあるあるを初体験した人もいることでしょう!

毎日目の前のことに一生懸命取り組んでいると、改まって振り返るという機会もなかなかないものですが、仕事や勉強、ひいては人生をより良いものにしていく上で“振り返り” はとても重要な工程であると言われています。

ということで、いつもPosiBigの記事を飾ってくれているモデルやライター諸氏をはじめ、総勢8名のデカメンたちに“2017年はどんな年だったか”を一問一答形式で振り返ってもらいました!


アリーさん


PosiBigの人気モデル。
(身長180cm/体重115kg)

■アリー出演記事
おデブ・ぽっちゃり男子のコート・アウター別コーデ5選<2017冬>.....その他はこちらから!


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

横田基地での日米友好祭で食べたメガサイズステーキ。

­――2017年に購入したファッションアイテムで1番のお気に入りは?

オーダーメイドで作ったメガネ。

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

『Mr.Babe』の裏表紙を飾ったこと。

――2017年を漢字1文字で表すと?

“逢”(モデルを通して人、服、場所、食べ物等に出会えた)

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

デカメンでは無いけど、ポチャ女子の女芸人がすごく活躍してポチャ界を盛り上げてる。

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

洋服をプロデュースしたい。できれば、ブランドを立ち上げたい。


太田純平さん


チーム・ギンクラに所属する役者。舞台、映像だけでなく、漫才やコントなど幅広く活動。「外見はデカメンですが、声はイケメン、中身は乙女と言われます。涙もろく映画はもちろん、スポ魂、ドキュメンタリーでも号泣します」
(身長170cm/体重100kg)


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

唐揚げの舟盛り

池袋の『ちばチャン』で食べました。醤油ダレと辛ダレのハーフが選べて美味しかったです。唐揚げだけでお腹が一杯になったのは初めてでした。

――2017年に購入したファッションアイテムで1番のお気に入りは?

カラフルなネクタイ

giraffeのネクタイ。MONSTER'S SHOPのセールで買いました。カラフルなネクタイで、黒や紺のシックなコートを着てもポップに。

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

デカメンというキャラで、ショートムービー(『ファットボーイ・スリムガール』かげやましゅう監督・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭上映作)の主演になれたこと

渋谷で上映会があった時、観に来てくださったお客さんに「ファットボーイの方ですよね」と声をかけていただけて嬉しかったです。

――2017年を漢字1文字で表すと?

“変”

変化を求めて新しい事にチャレンジした一年でした。そして、体重が2桁から3桁に変わりました。才能が無ければなれないと言われた3桁に。新しい才能が開花しました。

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

明治『カール』、東日本で販売終了

子供の頃から大好きなお菓子でした。「それにつけても、おやつはカール」というフレーズまであるのに…ショックでした。

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

でっかく、そして健康的な身体を作る!

近くに24時間ジムが出来たのでしっかり通いたいと思います。

チーム・ギンクラHP http://teamginkura.wixsite.com/teamginkura
Twitter @jumpei_ota
instagram https://www.instagram.com/jumpei_ota/


モリアキさん


PosiBigストリートインタビューで出会ったモリアキさん。
(身長171cm/体重85kg)

「ファッションのこだわり教えてください!」ぽっちゃりメンズスナップ&インタビューin東京


――2017年に食べたデカ盛りで一番印象に残っているのは?

自分で釣った60cm3kgのヒラマサで作った海鮮丼

――2017年に購入したファッションアイテムで一番のお気に入りは?

NIKEのシャツジャケット

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

二十代前半に着てた服を全て捨てた(太った)

――2017年を漢字1文字で表すと?

“自”

周りに気を使うタイプだから、今年は自己中に過ごしたので。

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

ドナルド・トランプのチビデブツイート

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

現在の目標を達成する為のヴィジョンを明確に詰めること。


岸野 一さん


荻窪の人気店「らーめん ねいろ屋」の副店主兼、人気ロックバンドのメンバー。 
(身長180cm/体重96kg)


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

デカ盛りがウリのお店ではないですが、荻窪の「吉田カレー」の大+豚+キーマはボリューミーで美味しく、質の高いカレーが食べられます。

――2017年に購入したファッションアイテムで1番のお気に入りは?

VANS Anaheim Factoryシリーズ。ついに足も太ってきたのか、ずっとUS10H(日本サイズ28.5cm)を履いていたのが今ではUS12(30cm)になりました……。

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

『PosiBig』に受けたインタビュー記事が想像以上にバズったこと。

■記事はこちら
岸野 一さん ×「らーめん ねいろ屋(荻窪)」【ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ】
【ぽっちゃりデカメンアーティストのポジティブライフ】第2回:バンドマン・岸野一さんの1日に密着【前編】【後編】


――2017年を漢字1文字で表すと?

“増”

今年1年ですごく太ったから

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

相撲界の揉め事……?

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

来年はバンドマンとしてアルバムリリース&ツアーがあるので、ツアー先で美味しいものを食べまくる。


ツヨシさん


PosiBigストリートインタビューで出会ったツヨシさん。
(身長175cm/体重97kg)

「ファッションのこだわり教えてください!」ぽっちゃりメンズスナップ&インタビューin東京


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

近所にあるラーメン屋三宝軒のBセット! ノーマルサイズがかなりのデカ盛りしかも餃子付き♡

――2017年に購入したファッションアイテムで一番のお気に入りは?

ベルウッドメイド(BELLWOODMADE)のトップスです。あったかい♡

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

『PosiBig』に出られた事!

――2017年を漢字1文字で表すと?

“旅”

今年は結婚10周年だったから盛大に旅行に行ったからです♡

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

安田大サーカスのヒロが痩せた事!

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

ここ最近キャンプインフェスがご無沙汰なので来年は行きまくる!!


ケンケンさん


札幌の人気店「CAFE サーハビー」のデカメン店主。
(身長168cm/体重98kg)

■ケンケン執筆記事
ベルトの締め付けに悩むぽっちゃり男子へ! 「サスペンダー」を試してみた .....その他はこちらから!


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

2017年はPosiBigのライティングを通じていろいろなデカ盛り飯をたくさん食べました!
1番と言われると迷ってしまいますが、その中でいくつかあげますと……
味の完成度が一番高かったのがまかないシリーズで作った「白虎(BYAKKO)」。これはホントうまかったです。実際のまかないでも一時期「白虎(BYAKKO)」ブームでした。

僕の2017年に出会ってしまったデカ盛りNO.1は、すすきのにある『満龍(まんりゅう)』という中華料理屋の「あんかけ焼きそば」です。


この店のあんかけ焼きそばに出会ってからは満龍にばっかり行っています。お客さんと満龍の話をした日は満龍スイッチが入ってしまって夜に必ず行っちゃいますね。普通盛りでもかなりのデカ盛りなんですが、大盛りを注文すると倍の量のあんかけ焼きそばが出てきます。

一番作って楽しかったのは先月に作った「ハウルの動く城のベーコンエッグ」ですね。
横に沿えた赤いスープや丸いパンなど見た目の再現度にもこだわったので楽しかったです。念願の分厚いベーコンと半熟目玉焼きも、むさぼるようにかぶりついてムシャムシャと食べることが出来て幸せでした。

――2017年に購入したファッションアイテムで一番のお気に入りは?

アイアンマンが好きすぎてアイアンマンの中の人、トニー・スタークが経営する会社『スターク・インダストリーズ』と自分のお店『CAFE サーハビー』とのコラボTシャツを自分でデザインして、自分用にだけ作った1枚が2017年の個人的ファションアイテムぶっちぎりの第1位です。

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

PosiBigで執筆させてもらっている事でしょうか。僕も長年のデカメンですけど、記事として自分の事をWEBで公開する事でいろんな人に見てもらう機会があり、思いもよらない人から見てますよと言われ、とてもありがたくて嬉しく思っています。デカ盛り料理のレシピを見て私も作ってみましたとか、いつも読んでいてお店に行ってみたくなっちゃって実際に来ちゃいましたとか、そういうダイレクトな反響があると素直に嬉しいですね。

あとは、あんかけ焼きそばの満龍の店長らしき頑固そうなおじさんに無骨な感じで「まいど!」って言われたときは、ついに認められたか!という感じで嬉しかったです。しかもサービス券をもらい、次回そのサービス券を使おうとお会計時に差し出したら、今出したサービス券をそのまま渡されて無限にサービス券が使える地位を獲得しました。満龍だけでしか使えませんけど。

――2017年を漢字1文字で表すと?

“変”

変化の“変”です。2017年は、デザインの仕事を本格的に始めたり、お店の営業時間を変えたり、今までやらなかった事を積極的にやってみた変化の1年でした。来年の2018年は、この変化の先の結果を出していければなと思っています。

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

とろサーモンM1優勝! とろサーモンが個人的に好きでして久保田のキモやばい感じが超好きなんです。

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

2018年は勉強と攻めの1年にしたいなと思っています。お店の経営はもちろんのこと、料理の勉強やデザインの勉強など、これまで築いてきたものの更に一歩先に踏み込んでみたいなと思っています。マイペースでゆっくりじっくり、それでいて迅速に、まだぼんやりですけど何かしらの新たな展開になればと思っています。


ジョージさん


PosiBigストリートインタビューで出会ったジョージさん。
(身長173cm/体重105kg)

「ファッションのこだわり教えてください!」ぽっちゃりメンズスナップ&インタビューin東京


――2017年に食べたデカ盛りで印象に最も残っているのは?

吉祥寺『生郎』のマシダブ 全ジゴ! 今は、全く別のお店で『成蹊前ラーメン』というお店が味の復活を成功させました。

――2017年に購入したファッションアイテムで1番のお気に入りは?

NIKE スニーカー コミューター TAKE WINTER

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

脚立には正式に乗れないと発覚したこと。

――2017年を漢字1文字で表すと?

“丼”

ありがたいことに仕事も忙しかったので、手っ取り早く食べられる丼を食べることが多かった。御飯の上に乗っけるとおかずも温かいまま食べられるってのも好きで。白いごはんに浸透する感じも好きだし、それって何だか俺がやってる仕事っぽいなと感じてます。濃いのが浸透していく感じ。

――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

早食いは、血液の流れを悪くする。

――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

膝を大切に。


まんまさん


スイーツ食レポ「スイーツ・デカっ」シリーズに登場する甘党デカメン。
(身長178cm/体重120kg)

■「スイーツ・デカっ」シリーズはこちらから
ショコラティエが作る贅沢パフェ@「デリーモ」渋谷ヒカリエ【スイーツ・デカっ! File.1】


――2017年に食べたデカ盛りで最も印象に残っているのは?

恵比寿『WE ARE THE FARM EBISU (ウィーアーザファーム)』の「オーガニックケールのワイルドシーザーサラダ(普通盛)」

――2017年に購入したファッションアイテムで1番のお気に入りは?

誕生日プレゼントとして嫁に貰った「ターコイズのペンダント」

――2017年に起きたデカメン的エピソードで最も自慢したいことは?

間違いなく『PosiBig』で掲載されたってことでしょう!w 個人的には「私、読モはじめました!」と、拡散しております。

――2017年を漢字1文字で表すと?

“雑”

複雑、混雑、雑多な感じ! 仕事にしろ、プライベートにしろ、この1年はいろんなことをやり過ぎた感がありますね。


――2017年で1番印象に残ったデカメンに関するニュースは?

「デブ税」について

(ネット上に「デブ税として、公共交通機関でのデブの運賃倍制度導入希望」という主張が寄せられ話題になった)


――2018年、デカメンとしてでっかく(しっかり)頑張りたいことは?

残念ながら、そろそろ生命の危機を感じているので…ダイエット!!


まとめ

デカメンたちの“振り返り”、いかがだったでしょうか? この一年で身の回りに起きた出来事や変化、成し遂げたことなどを思い返してみると、自分自身に関する思わぬ発見に出会うことがあります。それはきっと、新しい年はもちろん、その先の未来をどう歩いていきたいかというビジョンを描く上でとても重要なヒントとなることでしょう。

さあ、慌ただしい年末が過ぎれば、まっさらな一年の幕開けです。2018年も大きなココロとカラダを謳歌するポジティブライフを送っていきましょう!