lifestyle

超レトロ電子ゲーム! ゲーム&ウオッチで久しぶりに遊んでみた<その他編>【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェ「CAFE サーハビー」をやっていますケンケンこと野々村研太郎です! 

「超レトロ電子ゲーム! ゲーム&ウオッチで久しぶりに遊んでみた」(前編)に引き続き、超レトロ電子ゲームで遊びます!

後編では、任天堂以外のメーカーのゲームで遊んでみました!


任天堂のゲーム&ウオッチが空前の大ブームになると、当然ながら任天堂以外のメーカーからも、同じような携帯電子ゲームが数多く発売されました。

これはバンダイから発売されたもの。

ツッパリカラス TSUPPARI KARASU / バンダイ BANDAI



本体のデザインが任天堂のものとは異なるので、新鮮でカッコイイです!



足元のヘビをかわしながら、カラスを鉄砲で打つというゲームですが、これが激ムズです!スペランカー並み。

今のゲームもそうかもしれませんが、ゲームバランスが良いゲームはやはり長く遊べますし、名作も多いですね。その点、任天堂はゲーム&ウオッチの時代から、単純なゲームでもすぐにハマって長く遊べる、という非常にゲームバランスの優れた作品が多いと思います。

激ムズのゲームでも、当時は夢中で遊んでいましたけどね。当時はそこが最先端で、ゲームバランスとかグラフィックとか、まったく意識せずにというか、その先が想像もできない世界でしたからね。だってゲーム&ウオッチしか無かったんですから。



続いてエポック社から発売されたポケットデジコム。

ミスターウッドマン Mr. WOODMAN / エポック ポケットデジコム EPOCH POCKET DIGIT-COM



襲って来るクマをかわしながら木を切るゲーム。上から落ちてくる人間を助けるのも、なかなかシュールです。

エポック社はこの後、任天堂がファミコンを発売する2年前の1981年に、「カセットビジョン」というカセット式の家庭用ゲーム機を発売します。これまでは本体1つにゲームが1つだったのが、カセットを差し替える事でいろいろなゲームが出来るというのが革命的でした!

エポック社は、任天堂やセガと共に、家庭用ゲーム機の歴史を作ってきたメーカーです。



エポック社のポケットデジコムからもう1本。

ジャングルヒーロー JUNGLE HERO / エポック ポケットデジコム EPOCH POCKET DIGIT-COM



このプレイ動画では最後まで進めていませんが、1つの画面が3つのエリアに分かれていて、それぞれをクリアして先に進む、という面クリアの概念が画期的でした。

時間が経つと囚われているヒロインが骨になるという、今では考えられない描写も当時のゲームには多かったですね。

先人たちの知恵と努力の結晶の上に、今のゲーム文化がある!


いやーー僕も久しぶりにやりました。ゲーム&ウオッチ。

1つの画面で白黒でシンプルで、いたって単純なゲームですけど、たまにやるとハマりますね。当時も夢中になってやってました。

ゲーム&ウオッチが出るまでは、電子ゲームなんて無かったと思います。あったとしても、誰もが日常的にゲームをするようになったのは、ゲーム&ウオッチからじゃないでしょうか。

ゲームの開発技術ももちろんの事、ゲームがここまでひとつの文化になったのも、先人たちの知恵と努力の結晶ですね!

そういうゲーム文化の創成期を支えたという意味では、凄いマシーンなんですよ。ゲーム&ウオッチって。


では最後に、そんなゲーム&ウオッチで、一番最初に発売された『ボール BALL』をプレイしてお別れしたいと思います。



ボール BALL / 任天堂 GAME&WATCH ゲーム&ウオッチ シルバー

ウーーーン・・・。なんて単純なゲームなんだろう・・・。

でもこの『ボール BALL』が、時を経て『モンスターハンター:ワールド』に繋がっていくんですね。

不思議な感じ・・・。

ではまた。

前編はこちらから!
超レトロ電子ゲーム! ゲーム&ウオッチで久しぶりに遊んでみた<任天堂編>【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
URL:http://cafe-sahabi.com/


■ケンケンの他の記事もチェック!
「デカ盛りで再現」シリーズ
「デカ盛りまかないメシ」シリーズ
「デカメンのためのヘルシー料理」シリーズ
「ケンケンのカフェ開業ストーリー」シリーズ