lifestyle

世界のぽっちゃりミュージシャンを探せ! (アメリカ:ヒップホップ編5)

안녕하세요(アンニョンハセヨ)~! ライターの宮崎です。

みなさんは最近旅行へ行かれましたか? 私は仕事を上手く片づけて、2泊3日の韓国旅行へ行ってきました。

韓国といえば、辛い食べ物が有名ですよね。今回の旅行では、辛味成分のカプサイシンを大量に摂取して、ダイエットにつなげようと目論んでいました。だけど僕は甘かった。辛さに対する認識と、自分の胃腸の実力を、完全に見誤っていました。

韓国に着いてまず食事をしたんですが、ものの30分もするとお腹に違和感が。最初はすぐに治るとタカをくくっていたところ、徐々に無視できない痛みになってきました。海外のトイレは衛生面とかいろいろな面で怖いのですが、背に腹はかえられないというか、この時は腹は背にかえられない、のっぴきならない状況だったので、その辺のビルのトイレに駆け込みました。格闘すること30分。本場の辛みをすべて放出することで、痛みからは解放されました。その後、僕が一切辛いものを口にしなかったのは言うまでもありません。

ということで今回の「世界のぽっちゃりミュージシャンを探せ! 」は、旅行 a.k.a. オツトメ(刑務所)に行ったことがあるラッパーをピックアップ。以前取り上げたラッパーも含まれていますが、少し違った視点からご紹介していきますよ!

Rick Ross(リック・ロス)

「USじゃ、ほとんどのラッパーは1回くらい入ったことあるだろ」というツッコミがどこからともなく聞こえてきますが、まあ気にしないで進めましょう。まず1人目はリック・ロス

デカくて怖いラッパーといえば、彼は外せません。オマリオン、ミーク・ミル、フレンチ・モンタナら錚々たるラッパーが所属するマイアミのレーベル<メイバックミュージック>のボスです。

彼のリアルさはハンパない! 2012年には自宅で射殺体が見つかったり、誘拐&暴行で逮捕されたり、キナ臭い雰囲気がいつもつきまとっている人です。とはいえ、実はラッパーの前は刑務所の看守をしてたことを暴露されたりもしているんですが。

Rick Ross - Hold Me Back (Explicit)

デケー! アメリカでは「デカすぎて逆に笑える」みたいな扱いだそうです。ちなみに、ピーク時のリック・ロスは160キロもあったんだとか。しかしプライベートジェットで2度の発作を起こして、医師から「死にたくなければ痩せろ」とダイエットを命じられました。当時はレーベル代表として多忙だったため、平均睡眠時間は3時間。午前4時に680グラムのステーキを食べたりしていたそうです。そりゃ太るわ。

見事30キロ以上の減量に成功したものの、今年3月には緊急入院したことも報じられています。かなり深刻な状況だったようですが、一命を取り留めました。

Rick Ross - Florida Boy ft. T-Pain, Kodak Black

ぜひ健康にも気を使って、彼のトレードマークであるドスの効いた「ンォッ」という合いの手を、いつまでも聴かせていただきたいものです。

Schoolboy Q(スクールボーイ・Q)

次に紹介するのはスクールボーイ・Q。今をときめくケンドリック・ラマーが所属するレーベル<TDE>のラッパーです。

ScHoolboy Q - THat Part ft. Kanye West

ScHoolboy Q - JoHn Muir

なんなんでしょうね、この物騒な雰囲気は。TDEのスタジオにはいくつかの掟があるのですが、その中の1つに「Don't Touch, Ask, or rearch for Q's weed.(Qのクサに触るな。何も聞くな、手をつけるな)」とあります。

Q様はもともと地元ロサンジェルスのギャングに所属していたドラッグディーラーでした。しかし21歳の時に捕まって刑務所行き。出所後、更正してラッパーとしてのキャリアを歩み始めます。

SchoolBoy Q - Collard Greens (Explicit) ft. Kendrick Lamar

Q様のデカさはリアルですよね。“旅行”に行ってた時、筋トレしかすることがなくて自然と身体がデカくなったのだろうと予想できます。そんな彼がファストライフへの悲哀を歌うと、強烈な説得力が生まれるのです。

Gucci Mane(グッチ・メイン)

ラストはお待ちかねのグッチ・メイン。「17歳からシラフだったことがない」と豪語するアトランタ出身のラッパーです。

そんな彼のデビュー作は「TRAP HOUSE」(ドラッグ用の家)。もう「売人です!」と宣言してるようなもんですね。いわゆるトラップというヒップホップのサウンドを広めたオリジネイターとして知られています。彼はリアルすぎて、すぐにストリートでのプロップスを手にします。

Gucci Mane- Street Nigga (Official Video)

こええええええええ。グッチ・メインは本当に怖い。彼はヤング・ジージーと作った曲「ICY」でブレイクするんですが、速攻でジージーとの関係は決裂。ビーフになります。しかもグッチ・メインはジージーが放った(とされる)刺客を返り討ちに(銃殺)して、さらに死体を山に埋めたとのこと。もちろん殺人罪で告訴されましたが、正当防衛が認められました。

彼のエピソードはいちいちパンチがあります。顔面にアイスクリームのタトゥーを入れたり、いろんな人を暴行したりと、あらゆる法を犯してきました。2012年には映画『スプリング・ブレイカーズ』にも出演していますが、そこでも只者でない雰囲気を漂わせまくっているので要チェックです。

グッチ・メインはさまざまな罪で幾度となく逮捕されています。刑務所を出たり入ったりしていたのですが、それが祟って2014年からは約2年半も収監されることになりました。彼もアメリカのラッパーらしく知名度に比例して体重もかなり増加していたのですが、この長期服役で大幅ダイエット。なんと22キロも痩せて出所してきました。

Gucci Mane - I Get The Bag feat. Migos [Official Music Video]

アタランタの後輩・ミーゴスと共演したこの曲では、随分とスリムになった姿を拝むことができます。とはいえ、個人的にグッチ・メインはデカい時のほうが好みだったりもします。

Gucci Mane - Photoshoot


さて、私の場合は非常に健全な旅行で、今回は2泊3日と非常にタイトな旅行だったこともあり、たくさん歩きました。本当にクタクタになって帰宅して、ちょっとワクワクしつつ体重計に乗ると、なんと渡韓前より1キロも体重が増えてました。こんなのおかしい。

■世界のぽっちゃりミュージシャンを探せ!シリーズ
ヒップホップ編1
ヒップホップ編2
ロック編