love

痩せてもモテない!?モテ続けるデカメンと痩せてモテない元デカメンとの差

一気に体重を落とすようなダイエットの短期集中プログラムを使えば、デカメンはフツメンになることができます。しかしながら「モテる」という観点から言えば、デカメンからフツメンになることがプラスになるかどうかはその人次第。逆にデカメンだったからこそ、その人の個性と相まって男性的な魅力を醸し出していたということは少なくありません。

そこで今回は、痩せてモテない元デカメンとそのままでモテ続けるデカメンの違いについて掘り下げていきたいと思います。この違いが分かれば、デカメンとしての魅力がさらにアップするでしょう。

1、デカい体格を活かして個性をアピール

デカメンはフツメンよりも見た目のインパクトがあり、個性があるように映ります。しかし、デカメンが痩せると一般的なフツメンになります。フツメンの中のフツメンに紛れ込んでしまえば、何か強い個性が求められるわけで、その個性を用意していなければ、せっかく痩せてもモテません。


一方、そのままでモテ続けるデカメンは、デカメンであることがプラスに動くような個性を意識し、魅力をアップしています。例えば同じ「優しさ」でも、ぽっちゃりデカメンなら柔和なイメージがプラスされ、より良く映ります。その点を意識して行動しているかどうかが、そのままでモテるデカメンとの違いです。デカいということを女性が肯定し、個性に惹かれ、モテていくのです。
デカメンはデカメンということを活かして個性をアピールしていきましょう。

2、頼りがいのあるイメージをさらに突き詰める

痩せることでのネガティブイメージは、頼りがいがなくなるということです。痩せている男性が頼りがいのある雰囲気を出すには、痩せた体を筋肉質にすること、そして自信を持つことです。つまり、さらなるフィジカルとメンタルが求められるわけです。心もシャープにならなければ、痩せてもモテないということです。


一方、そのままでモテ続けるデカメンは、元から持ち合わせている頼りがいのある雰囲気をさらに突き詰めます。きっちりとコミュニケーションを取ったり、その場での気遣いをスマートにしたりすれば、その上手なエスコートに、女性は大切にされている感じがたまらなくなります。相手のことを考えて動けるかどうかも、モテるモテないの分かれ道の一つです。

3、清潔感を人一倍たいせつに

基本的にはフツメンの方が清潔感のある印象を作りやすいのですが、痩せる痩せないに関わらず、根本的に清潔感への対処が甘く、女性の生理的嫌悪感を煽っている男性はモテません。


モテるデカメンは清潔感の重要性を知り、人一倍気を使っています。すると、フツメンとも渡り合えるだけでなく、他のデカメンとの差が圧倒的に開き、女性からすれば突き抜けた魅力のある男性に映るのです。
きちんとアイロンの掛けられたシャツや、整えられたひげなど、ひと手間でぐっと好印象になります。

4、体型を考えた服装をしている

デカメンからフツメンに変わったということは、言ってみれば、似合うファッションやヘアスタイルも変わったということ。痩せても、デカメンの頃の服を着るとサイズ感もまったく合わないので、見た目の評価もガクンと下がってしまいます。


一方、そのままでモテ続けるデカメンは、常に自分に似合うファッションやヘアスタイルをチョイスし、おしゃれを楽しんでいます。体格の大きいデカメンだからこそ、ファッションは服のサイズ感が非常に重要だということを理解しているのです。

自分の体型の変化に合わせて、ファッションやヘアスタイルを変えていくことがモテる好印象を作っていくのです。

最後に

大事なのは、どんな体型でも自分を知り、受け入れ、相手を思い、相手に即した行動を取ることです。デカメンならではの視点でモテ要素を積み上げ、アピールしていけば、ずっとモテ期が続くことでしょう。