love

クリスマスプレゼントはもう決めた?デカメンが仕組むビッグなサプライズとは!?

クリスマスプレゼントを選ぶ季節になりましたね。よく男性から「一生懸命選んでも彼女に喜んでもらえない」「彼女(女性)の好みが全くわからない」という声を聞きます。実際、女性側も彼氏からもらったプレゼントが微妙…という声も。今年のクリスマスは早めに準備して、彼女のハートをゲットしませんか?

また、プレゼントというとモノをイメージしがちですが、クリスマスならサプライズ演出もアリです!彼女にぴったりのクリスマスプレゼントやサプライズを用意して、デカメンらしさと共に意外性や繊細さをアピールしましょう。

まずはリサーチ!!


「何がほしい?」と直接訊くのは、問題はありませんがムードもありません。女性は「どうして私のほしいものがわかったの?」という感動がほしいものです。だからこそ“ウィンドーショッピング”にでかけましょう。

いろいろ見た挙句に何も買わないなんて、男性にとっては苦痛ですよね。でも「彼女を観察するため」と割り切って、「きゃー!かわいいー」「これ欲しーい」「おもしろーい」とはしゃぐ彼女が、“何に反応しているか”をチェックしておきましょう。

比較的長い時間見ているものや手に取っているものがプレゼント候補。たくさん見た中から自分のほしいものをプレゼントされたら、「この人、私のことわかっているなぁ」と惚れ直すこと間違いなしです。身体の大きさのため、大雑把な人に見られがちなデカメンですが、ぜひ観察力を生かして彼女のハートをわしづかみにしてください。

大きなツリーでデカメンアピール!


どうせならゴージャスで天まで届くツリー…は無理でも、背の高さを超えるようなツリーを飾ったりして、クリスマスを楽しみませんか?手先に自信のあるデカメンなら、一緒にオーナメントを手作りして、工作気分を味わうのも器用さがアピールできていいですね。

こうしてできあがったオーナメントを飾る時こそ、デカメンの出番。ツリーの上方にも手が届くなら、大きな体で男らしさをアピールできますし、背が低めのデカメンなら彼女を担いであげてもいいですね。普段とは違った姿に女性もキュンとするはず。

デカメンサイズのビッグな花束


年齢の数や100本のバラ…。男性から大きな花束をもらうのは、女性の憧れ。きっと、男性が考えるよりずっと喜んでくれるはずです。クリスマスに渡すなら、デカメンサイズの大きな花束を用意してみてはどうでしょうか?

ただし注意も必要。大きな花束は持って帰るのもその後の処理も大変だったりします。バラなら、ドライフラワーやプリザーブドフラワーのほか、ポプリにしたりお風呂に浮かべてみたりと、もらった後も楽しめます。その他の花なら、束が大きすぎないほうが無難ですね。

渡す場所も要注意。自宅で渡すか車で送ってあげるなど、持って帰ることまで考えてあげて、気づかいのできる姿をアピールしましょう。抱えるほどの花束をもって電車で帰るのは意外と大変です。

寒いからこそ、イルミネーションや雪景色を楽しむ


雪景色やイルミネーションなど、美しい景色を一緒に見に行くのもいいですね。

寒い季節ですが、外で一緒に眺めながら、デカメンの体格を生かして女性をあたためてあげましょう。広大な景色を見ながらデカメンに包まれるのは、それだけで幸せなプレゼントになるでしょう。

また、展望レストランやどこかへ遠出する際は、高価でなくていいので何かプレゼントもあると、ロマンチックさが増します。雄大な景色をバックに一緒に写真を撮って、アルバムを作ってもいいですね。女性は思い出を持って帰りたいものなのです。

心地よいマッサージで癒しを


すでに何年か付き合っている方や、結婚されている方は、マッサージのプレゼントはいかがでしょう。相手があまりに身近になりすぎて、今更「マッサージして」なんて言い出せないこともあるかもしれませんが、実はコリや冷え、むくみに悩んでいる女性は多いのです。

ツボを押さえたデカメンならではの力強いマッサージをしてもらえると、カラダもココロも温まります。相手のことを考えたスキンシップで、愛情も深まりますね。

ポイントは、過度な期待をさせないこと


期待の大きさとがっかり度は比例します。普段は「女性へのプレゼントなんて興味がない」という態度で、できるだけハードルを下げておきましょう。

「ない」と思っていたのに、心のこもったプレゼントをもらったら感動しますよね。ハードルを下げておくのは、あくまでも彼女に大きな驚きと喜びを与えるための下準備です。彼女のことを思いやる気持ちは忘れないようにしましょう。

デカメンならではのサプライズやプレゼントを用意して、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね!