love

花火大会デートでぽっちゃり男性が夏の恋を勝ち取るポイント<花火大会情報2018>

PosiBigをご覧のみなさん、こんにちは!
午後から雨の予報でも折りたたみ傘を持たずに出勤、ギリギリでいつも生きていたいライターの土屋ミナコです。

梅雨が明ければ、いよいよ夏本番。夏のデートといえば、やっぱり花火大会は欠かせませんよね。

そんなわけで今回は、ポジビストたちの夏の恋を加速させる“花火大会デート”の攻略ポイントと、東京近郊で開催される2018年7月~8月のおすすめ花火大会をご案内します!

花火大会デートを成功させるポイント1:ぬかりなき準備が彼女のハートを揺さぶる


デートのためのさまざまな事前準備は、2人で過ごす時間をより快適で楽しいものにするのはもちろん、女の子に「私のことを考えていろいろ準備してくれたんだ……」という、うれしい気持ちを抱かせる意味でもとても重要です。

彼女の浴衣や服が汚れないためのレジャーシートや折り畳みイス、虫よけスプレーといったグッズの用意をはじめ、花火観賞の穴場スポットや終了後に立ち寄れるカフェやバーのリサーチなど、前もってできることは意外とたくさんあるものです。

また、場所取りの必要がなく、ベストポジションでゆったりと花火を見ることができる有料観覧席の活用もおすすめ。快適さがグーンとアップするだけではなく、“特別感”に弱い女ゴコロもくすぐります。ただし、人気の花火大会の有料席はすぐに予約が埋まってしまうので、早めにチェックしてみてくださいね。

花火大会デートを成功させるポイント2:当日は細やかな気遣いでエスコートを


彼女が浴衣を着てきてくれた場合、慣れない恰好と履き慣れない草履で歩きづらいであろうことを前提に、男性は歩く速さを合わせてあげるのが基本中の基本です。その上で、移動中の混雑が激しくなり始めたら彼女の背中から腰方向にむけてあなたの腕で大きくかばい、人の波によって浴衣の帯が崩れてしまうのを防いであげましょう。

さらに花火大会で最も気を付けるべきことのひとつに“トイレ事情”があります。現地の簡易トイレで長蛇の列に並ぶような事態を避けるためにも、あらかじめ駅ビルやコンビニなどで済ませておくのがベスト。その際、男性の方から「俺、トイレ行ってきていい?」と言ってもらうと女の子も行きやすくなりますよ。

花火大会デートを成功させるポイント3:ビッグなボディで彼女をガードせよ


開催規模によっては何万人、何十万人もの観客が押し寄せる花火大会。打ち上げ終了直後の電車や駅構内は通勤ラッシュをもしのぐ勢いの大混雑を見せます。夜とはいえ車内は熱気ムンムン、さらにお酒を楽しみながら花火観賞していた人のお酒臭い息を浴びる位置についてしまった日には地獄そのもの……!

そこでデカメンの大きなボディを活かし、あなた自らが“壁”となって彼女をしっかりとガードしてあげましょう。ただし、肝心のあなたが汗臭かったり汗びっちょりでは逆効果ですので、事前の汗対策はぬかりなく!

花火大会デートを成功させるポイント4:おデブ男子こそ“浴衣”を着よう


男性にとって浴衣姿の女の子がかわいく見えるように、女子にとっても浴衣を着た男性は普段の何倍もカッコよく見えるものです。

一般的に男性が浴衣を着る場合は恰幅よく見せた方が良いとされており、細身の方はタオルを巻いて体型補正したりしますが、もともと恰幅の良いデカメンはその必要がありません。つまり、ぽっちゃり男子こそ浴衣が似合う体型の持ち主だということ!

浴衣選びにあたっては、アニマル柄や花柄などの奇抜で個性的なものよりも、古典的でシックな色柄のものがおすすめ。背筋をピンと伸ばして粋に着こなし、美しい浴衣姿の彼女をエスコートできれば、風情あふれる想い出のデートとなること間違いなしですよ!

人気&おすすめ! 注目の花火大会6選

ここからは、今年の7月〜8月に開催される人気の花火大会をご紹介しましょう。
近隣のレストランの予約なども、今からなら十分に間に合いますよ!

「東京花火大祭〜EDOMODE〜」イメージ

  • 「横浜スパークリングトワイライト2018」
3,000発の打ち上げ花火や海面を彩るイルミネーション、山下公園通りで行われる世界の友好パレードに屋台グルメなど、「海」と「陸」を舞台に多彩なプログラムが2日間にわたって開催されます。

・日時:2018年7月14日(土)・15日(日)花火は両日19:30~20:00
・会場:神奈川県横浜市中区 / 山下公園前海上
・公式サイト:http://www.y-artist.co.jp/sparkling/

  • 「第40回足立の花火」
東京で行われる夏の花火大会では最も早く開催される「足立の花火」。記念すべき第40回目となる今年は、打上発数が前回の約12,000発から約13,600発に増発! 名物“ナイアガラ”を二重に架ける新企画にも注目です。

・日時:2018年7月21日(土)19:30~20:30
・会場:東京都足立区 / 荒川河川敷
・公式サイト:http://adachikanko.net/ko/event/

  • 「幕張ビーチ花火フェスタ2018」(第40回記念千葉市民花火大会)
迫力満点の海上花火を体感できる“国内最大級20,000発”の花火ショー。満月の夜空に銀一色の大空中ナイアガラが登場し、約10分間に10,000発の花火を打ち上げるグランドフィナーレは圧巻のひとこと!

・日時:2018年7月27日(金)19:30~20:30
・会場:千葉県千葉市美浜区 / 幕張海浜公園
・公式サイト:http://chiba-hanabi.jp/

  • 「第41回隅田川花火大会」
日本最古の歴史と伝統を誇る「隅田川花火大会」。第一会場では両国花火ゆかりの業者と国内の代表的な花火大会において優秀な成績をおさめた業者で花火コンクールを開催し、第二会場と合わせて約20,000発を打ち上げます。

・日時:2018年7月28日(土)19:00~20:30
・会場:東京都台東区 / 【第一会場】桜橋下流~言問橋上流 【第二会場】駒形橋下流~厩橋上流
・公式サイト:https://www.sumidagawa-hanabi.com/

  • 「神宮外苑花火大会」
山手線内で開催される唯一の花火大会。メイン会場となる神宮球場では12,000発に及ぶ迫力満点の花火はもちろん、豪華ゲストによるライブパフォーマンスも楽しめます。今年はm-floとPUFFYの出演が決定!

・日時:2018年8月11日(土)19:30~20:30
・会場:東京都新宿区 / 明治神宮外苑
・公式サイト:http://www.jinguhanabi.com/

  • 「東京花火大祭〜EDOMODE〜」
東京湾の夜景をバックに日本を代表する職人による約12,000発の花火と、東京を象徴する「音楽」「食」「芸能」「テクノロジー」など様々なコンテンツを融合。市川海老蔵による花火をテーマにした新作舞踊を観覧できる席も。

・日時:2018年8月11日(土)19:10~20:30
・会場:東京都港区 / お台場海浜公園
・公式サイト:https://tokyohanabi.jp/

まとめ

美しいものへの感動をごく自然に共有できる花火大会デートは、2人の距離をグッと縮めるのにうってつけ。大混雑や着慣れない浴衣、予期しない天候の悪化といったピンチも、事前準備と持ち前のポジティブさがあればチャンスに変えることができるんです!

振り向かせたい意中の女の子がいる人も、お付き合いしている大切な彼女がいる人も、今年の夏は花火大会デートで2人の仲を進展させてみてはいかが?