love

ガンプラ女子急増中!女子と一緒にガンプラを作ってオラザク選手権に応募しちゃいました!


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっています”ケンケン”こと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

その手の界隈では盛り上がってますね、ガンダム! 来年2019年の4月7日に、シリーズ第1作「機動戦士ガンダム」が放映開始40周年を迎えるにあたり、先日そのプロジェクトの概要が発表されました! 個人的には「ORIGIN」のTVシリーズをNHKでやるっていうのがグッときましたね! あと「閃光のハサウェイ」の映画化!

……とまぁ今までのガンダムって、どちらかというとディープな男の世界というイメージで、初心者や女子は寄せ付けねぇぜ! という、裏を返せば女性にはモテない、マニアックな悲しい世界だったと思います。それでも楽しいんですけどね。

そんな中、2015年に放送された「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」あたりから、女子のガンダムファンが増えてきました。お気に入りの声優さん目当てにアニメを見る女子が増えてきたというのがその一因と言われています。


アニメ女子の増加に伴い、ガンプラ女子が急増!?


もともと男の世界というイメージが強かったガンダム。ましてやガンプラはもっとディープな男の世界でした。

シンナー臭い部屋で、ちまちまとサンドペーパーでパーツを削り、パテ埋めをしてはまた削り、ラッカー塗料で頭をクラクラさせながら塗装するというハードな世界。しかも昔のガンプラは、キット自体がチープなので、かなり手の込んだ改造をしないとカッコ良くならない、そんなある程度の技術も必要とされる世界でした。

ガンプラが世に登場して約40年。今の最新のガンプラは、接着剤は一切使用せず、最初からパーツが色分けされているので塗装の必要も無く、しかもプロポーションも可動領域も格段に進化していて、誰でも簡単にカッコ良く組み立てることができます。

そんな時代の移り変わりと共に、声優好きのアニメ女子の増加と、誰でも簡単に作れるガンプラのキットの進化により、ここ最近登場してきているのが……

「ガンプラ女子」!


女子ならではのガンプラへのアプローチ!


そのまま作ってもガンプラは十分カッコイイんですが、やっぱり女子はカワイイのが好き。プラモデル専用塗料の代わりにマニキュアを使って塗装をしたり、携帯のデコレーションビーズでガンプラをデコったりと、ぱみゅぱみゅばりの斜め上からのカワイイアプローチ!

女子ならではの発想ですね。昔からのガンプラマニアはそんなの思いつかないです!



デコレーションやカラーリングを楽しむガンプラ女子も多いですが、普通にプラモデルとしてハマっているガンプラ女子も多いです。

ガンプラ好きのバイブル『月刊ホビージャパン』では、誌面上で女子向けのガンプラ講座を特集したり、女子プロモデラーの先駆け、オオゴシトモエさんの連載が始まったりと、ガンプラ界でも女子を取り込んでいく流れになってきました。

今ではガンプラ女子のユーチューバーとか、インスタグラマーとか、検索をするとごくごく当たり前に多くのガンプラ女子がヒットします。


ガンプラマニア大地に立て!


ガンプラ女子が出現したということは、どういうことか?

今までは、いたしかたなく自ら女人禁制としていた孤独な男のガンプラの世界。

それが今や! 女子と一緒にガンプラが作れるんです! ガンプラデートやガンプラ合コンだってできる!

モテる要素がこれっぽっちも無かったガンプラの技の数々を、ピンポイントにガンプラ女子に披露すれば、尊敬の眼差しで、もうチヤホヤですよ!

今こそ見せてやりましょう! ガンプラマニアの性能とやらを!


初ガンプラ女子を手ほどき!


以前、こちらのPosiBigで、1/144のドムを作って紹介したことがありました。

大人になった今こそプラモデル! 1/144ドムを作ってみた【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】

その直後、とある女性から、真剣な面持ちで相談を受けました。


とある女性
「実はケンケンさんに、ちょっとご相談があるんですが……」

ケンケン
「え!? 何ですか急にそんな改まって……」

とある女性
「私……、ガンプラが……、作りたいんです……!」

(ほぼ実話)

ドムの記事を読んで、さらに僕が作った実物のドムを見て、自分もガンプラを作ってみたくなったそうです。しかもドムを。



それじゃあ一緒にガンプラを作りましょうか! ということでさっそくキットを買いに行ってきました!

ガンプラは買うところから始まるので、一緒に行って吟味しましょう。種類も膨大にあるので的確にアドバイス。初心者は1/144のサイズがパーツ数的にもオススメです。あと、古いキットは避けましょう。新しいキットの方が進化しているので、作りやすいですし、完成時の出来栄えも非常に良いです。



工具も用途によって、いろいろな工具があります。初心者にはまったくチンプンカンプンなので、ニッパーとデザインナイフがあれば最初はOKです。

メーカーはタミヤがオススメ。良い道具はやっぱり使いやすいです。



塗装をするとなるとハードルがもの凄く高くなるので、今回は簡易的なスミ入れやシャドウ入れ、ウェザリングだけに留めておきます。ペンタイプのガンダムマーカーが抜群に使いやすいです。

あと、タミヤのウェザリングマスターCセット。お化粧道具のアイシャドウのような塗料で、チョンチョンっと簡単にウェザリング塗装ができます。Cセットは「アカサビ」「ガンメタル」「シルバー」の3色セット。


一緒にガンプラを作りましょう!


というわけで! 初ガンプラに挑戦する、とある女性、サナエさんと一緒にガンプラを作っていきます!



サナエさんが選んだキットは、1/144のドム。これがどうしても作りたかったみたいです。



僕が選んだキットは、1/144 パワードジムカーディガン。ジムのくせに武器やシールドがてんこ盛りなところに一目惚れ。



ガンプラの説明書には、劇中のモビルスーツとしての開発秘話や設定なども書かれているので、よりいっそう感情移入することができます。



最初に必要な道具はこれくらい。必要であれば後から道具を増やしていきましょう。究極の道具はやっぱりエアブラシですかね。高額ですし。



それでは作っていきましょう!



念願の初ガンプラなので、サナエさん嬉しそうですね!



デザインナイフは普段あまり使う機会がない道具ですが、慣れれば万能なナイフです。これ一本で、切ったり削ったりできますし、サンドペーパー代わりにもなります。



難しいところは、優しく教えてあげましょう。



最近のガンプラは、キット自体がもの凄く優れています。きちんと説明書通りに組んでいけば、誰でも簡単に組み立てられるので、焦らず楽しく作りましょう!



いつの間にか2人とも超真剣……。黙々と組み立てています。



組み立てが完成したら、ガンダムマーカーを使って、スミ入れやシャドウ入れ。



だんだんとリアルな質感になってきました!



サナエさん、ケンケン師匠のテクニックが気になるようです!


初めてのガンプラ、完成です!


作り始めて5~6時間。ようやく完成しました! ぶっ通しはけっこう疲れましたね……。



これがサナエさんが作ったドム! なかなかセンスの良い、適度なシャドウとウェザリングです! カッコイイ!



そしてこれが僕が作ったパワードジムカーディガン! 機体のベースカラーが淡い黄色なので、砂漠で経年劣化したイメージで塗装。超カッコイイ!



完成したら、いろんなポーズにして、心ゆくまで愛でます!



ポージングは、足の向き、腕の角度など、ちょっとしたバランスで表情がガラっと変わります。

ポーズがビシっと決まると、本当に動き出しそうな表情になるんです!



初めてのガンプラ! サナエさんも大満足です!


『月刊ホビージャパン』のオラザク選手権に応募しちゃいました!


ガンプラ好きのバイブル『月刊ホビージャパン』。この誌面上にて年に1回、全日本オラザク選手権というガンプラコンテストが開催されています。

オラザクというのは、オラがザク、自分だけのザク、という意味。ガンプラ創成期の頃、ザクというモビルスーツのキットを改造して競い合っていたことに由来しています。

オラザク選手権は僕も昔から大好きで、バックナンバーを集めるくらい好きな企画です。全国のいろんな人が作ったガンプラの写真が掲載されるので、見ているだけで楽しくなります!

でも、今まで自ら参加したことは一度もありませんでした。なんか恐れ多かったり、タイミングが合わなかったり……。

そんな中、ちょうど今年のオラザク選手権の応募締め切り日が、あと数日後! 今からでも間に合うんじゃない!?



というわけで! オラザク選手権にサナエさんと一緒に応募することにしました!

応募用の写真を撮ります!



背景には、スターウォーズの背景シートを使用しました。これは便利!



写真撮影もちょっとしたコツがありまして、下から見上げるような角度で撮ると、本物っぽくなります。



これがサナエさんが撮影したドム。なかなかイイっすね! ドムが宇宙にいるみたい!



そしてこれが僕が撮影したジム! 超かっけー!



そのままスマホで応募完了! 結果発表が楽しみです!


第21回全日本オラザク選手権、結果発表!


それから約2カ月後……。ホビージャパンのオラザク選手権の号が発売されました!

グランプリ作品はその号の表紙になります! もちろんグランプリを取れるとは思っていません……。



後日、再びサナエさんに来てもらいまして、一緒にオラザク選手権の結果を確認します!



ドキドキしながら、1ページ1ページに目を通していきます!



おーーー! あった! あった! 載ってるー!



ジャーーン!

砂漠のパワードジムカーディガン
ケンケン(北海道・44)

載ってました! スゲー! スゲー!



はじめてのガンプラ
さにー(北海道)

サナエさんのドムも載ってました! スゲー!



いやー! ガンプラはやっぱり楽しいですね! この記事を書いてて、またガンプラ作りたくなってきちゃいました!

今ではすっかり男女の垣根が無くなったガンプラ。オラザク選手権にも女性からの応募作品が数多く掲載されていました。

かつて苦渋を味わってきたガンプラ男子たちよ! ついにガンプラが女子にも受ける時代がやって来たんだ!

今がまさに宇宙世紀元年(U.C.0001)! 燃え上がって! 立ち上がろう!


ではまた。


ちなみにオラザク選手権、応募作品は全て掲載されます。
テヘペロ。

CAFE サーハビー
【住所】〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
【営業時間】15:00~24:00(金土祝前26:00)
【定休日】日曜
【電話】 011-200-0546
【HP】https://cafe-sahabi.com/

■ケンケンのモテ記事はこちら!
婚活パーティー運営スタッフに直撃! カップル成立の秘訣とNG行為を聞いてみた!
モテる男はBARに行く! BARでのモテ技&NG行為をレクチャー!