muscle

さりげないマッチョ(筋肉のデカさ・カット)アピール!マッスルしぐさ5選

日常の何気ない動きの中で、さりげなく相手に筋肉をアピールして、さりげなく周囲の人の好感を得ましょう。
今回は、日常でさりげなく(ないかもしれない)マッチョアピールマッスルしぐさについてご紹介していきたいと思います。

マッスルしぐさ1、背伸びをする


背伸びをしながら両腕を使い、二頭筋・僧帽筋・三角筋を隆起させましょう。後ろにいる人には肩甲骨を意識すれば、背筋をアピールすることができます。

マッスルしぐさ2、ワイシャツの袖をまくる


ワイシャツの袖をまくる時に、握力をふんだんに使い前腕の筋肉を思い切り収縮させましょう。腕を伸ばせば三頭筋のデカさもアピールできます。
袖をまくる動作と合わさって、シャツで締め付けられてパンパンの腕がすごく男らしく見えます。

マッスルしぐさ3、お腹をポンポンする


「あー腹減った」と強めにグーでお腹をポンポンしましょう。ボクサーがメディスンボールで腹を打つようなイメージで、腹筋の固さをアピールすることができます。

マッスルしぐさ4、さようならの手を振る


相手に別れを告げて手を振る時も、二頭筋のピークを意識してしっかりと腕に力を入れましょう。ハンマーカールの要領で上腕を曲げて、手を振ります。その際に背筋をきちんと伸ばし、肩甲骨を入れ、胸をちゃんと張ると、上腕二頭筋だけでなく、大胸筋もアピールすることができます。

マッスルしぐさ5、頭を抱えて考える


「頭を抱える」と悩ましいしぐさに思えますが、ここでお伝えしたいのは、両手頭の後ろで組んで、頭を支えるようなしぐさです。上腕三頭筋と首の僧帽筋、肩の三角筋、胸鎖乳突筋をアピールできます。

最後に

以上、日常でさりげなくマッチョをアピールマッスルしぐさについてご紹介してきました。
ちなみにデカい人ほど、さり気なさはどんどん無くなります。
伝わったら儲けものとういうようなテンションでやってみないと完全な笑いものです。ぜひ、今回の記事を参考にしてみて下さい。

サカゼン通販バナー