muscle

【筋肉と服だけで】この冬、マッチョに似合う着こなし・コーディネート3選

マッチョなデカメンにとって冬服は悩みの種ですよね。夏であればTシャツとズボンだけでも、マッチョな体型のおかげで見栄え良く見えます。しかし、冬になるとそう簡単にはいきません。自己流の着こなしはどこか見栄えが悪く、せっかくの肉体美を活かしきれずに、悲惨な結果になりがちです。

そこで手っ取り早いのは、イケてる着こなしを真似して化けること。今回は、マッチョなあなたが参考にできるコーディネートを厳選して紹介します!

■こちらもチェック!
<春編>破るばかりが服じゃない。マッチョが着るべきファッション

化ける服装コーデ1.知的なマッチョを演出したい場合


【セーター・シャツ・チノパン】


マッチョなみなさん、マッチョにプラスして知的さを演出してみるのはいかがでしょうか。マッチョというとその身体に注目が集まりますが、さらに知的な雰囲気が漂っていると最強です。

この着こなしをすると、まるで映画監督のようなスマートな風貌となります。実際、私がマッチョ系デカメンのイケメン代表としてよくファションを参考にしている、米国の映画監督キャリー・フクナガ氏もこのような格好をしています。キャリー氏は映画作品だけでなく、マッチョで甘いマスク、そして知的であることがビンビン伝わってくる着こなしも有名で、多くの女性ファンのハートをつかんでいるようです。
セーターとシャツの王道な組み合わせを上手に着こなし、落ち着いた大人な男を演出してみてはいかがでしょうか。

このコーディネートで、カフェで読書をしながらコーヒーを味わう自分の姿を想像してください。知的な男感が半端ないでしょう。そして知的・静的なイメージにも関わらず、厚い胸板・広い肩幅に丸い三角筋のギャップがセクシーさを爆発させます。


化ける服装コーデ2.ワイルドなマッチョを演出したい場合


【黒のコート・黒のトップス・灰色のジーンズ・黒色のブーツ】

知的というよりもワイルド、かつ洗練された印象を与えたい場合は、全てダークな色合いで揃えてみましょう。シンプルになりがちなので、革やジーンズなど素材感で遊ぶとオシャレ度もアップ。
この着こなしをすれば、マッチョなデカメンの強みであるガタイの良さを武器に、さらにワイルドにみせることができます。

化ける服装コーデ3.セクシーなマッチョを演出したい場合


【ニットカーディガン・首元の大きくあいたトップス・ジーンズ】

マッチョなデカメンはその肉体美を冬でも活かせる着こなしで、セクシーな男を演出しましょう。トップスは胸筋がはっきりとわかるような、ピッタリめを選ぶのがポイント。ざっくりとしたニットカーディガンとの対比で、開いた胸元がセクシーです。この着こなしをすると、上品なセクシーさが伝わってきます。さらに香水を使用すると、甘さもプラスされます。


良い着こなしのためには、自分をどのような男にみせたいのか「自分のなりたい男」をまず明確にし、そのイメージをもとに着るべき服を決めていくのがポイント。せっかくのマッチョな肉体活かして、オシャレなイケてる男を目指しましょう!


マッチョ・ファッション ならこんな記事もあります
<秋編>破るばかりが服じゃない。マッチョが着るべきファッション