muscle

KTMの人生【鍛道】第11回「マッチョは果たしてモテるのか!」

こんばんは!KTMです。
いつも見てくれてありがとうございます。Twitterで記事の更新をお知らせする度に見て頂き、さらに反応まで頂けるのがとても嬉しく、記事書きの励みになっています。というのも、こういう執筆をこれまでした事がなく、毎回うーん、うーん、と唸りながら書いていたりします(笑)。


パパパッと書いているわけではないので、反応頂けるの凄い嬉しかったりするんですよね!
毎回唸りながら書いている記事ですが、皆さんに見ていただけると思うと、頑張ってこれからも書き続けていけたらいいなっ!て思えるってものです!

では、毎度長い前振りはこの辺にしまして、そろそろ本題を!

さて、鍛えてる人にとっては夏が終わると一年の終わり、また秋から来年の夏までが一年の始まり。そんな気がします。つまり、8月が鍛えていない人にとっての12月であり、9月が鍛えていない人にとっての1月…意味わかります?大丈夫ですかね?なんとな〜く、あぁ、はいはいで聞いてくれると凄く助かります(笑)。

なので、僕は毎年8月が終わり、減量していたトレーニーさんが9月から増量だーって言ってるのを見る度に、あぁ、今年も終わったんだなぁって思いと同時にまた、新しい進化の一年が始まるんだなって(しみじみ…)。


しかし秋(もうすでに冬??)ってなんか寂しい季節ですよね、何でなのでしょう。人恋しくなると言うか、なんというか。人恋しいと、癒してくれる気の許せる彼女作りたくなりますよね?えっ?ならない?
…ここは、なる!って事にして話を進めさせていただきます。

もちろん、待ってるだけでは出来るはずもなく自分から行動していかなければなのですが…僕は夏ってあまりそういう気持ちにはならないんですよね。それが秋と冬は彼女いたらなぁって気持ちが強くなります。

ということで、第11回は「マッチョは果たしてモテるのか!」について書かせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします!

マッチョは果たしてモテるのか!

筋肉ある人って一般的にはあまりウケがよくないイメージじゃないですか?それもここ最近はメディアで取り上げられる回数が増えてきて変わってきてるのかも知れませんが…。
女性からよく聞くのは、マッチョは怖い、ナルシスト、自分に厳しいから人にも厳しそうなど。一番僕が驚いたのは、暴力を振るいそうなんて意見も聞いたことあります(汗)。やはり、他とは違う大きい体は怖がられてしまうのかもしれませんね。

全員が全員とは言いませんが、僕がリアルで会う鍛えてる人って優しい人多いんですよね。でも、それも僕自身が鍛えているから、その世界に居るからそう思う事であって、僕が鍛えていなければ、同じように筋肉マッチョさんを怖いと思ったのかもしれません。

例えば知人男性に聞いてみると、あまりに度の過ぎた筋肉は怖いとの事。おそらくボディビルダーのような筋肉を指すのでしょう。逆にフィジーク体型はカッコイイ、という意見でした。

我々トレーニーからすると、筋肉はより大きい方がいいといった印象ですが、世間の目はそう甘くないのかもしれませんね…。

しかし!
先にも申しましたように、筋肉はモテます!

これは言いきれます。というか、言い切らないとトレーニーが減ってしまうと思うのです。

僕の経験上ですが、筋肉を鍛える前と鍛えた後では女性からの視線が違うような気がしています。今の若い方達は体の細い人がとても多いです。日本は平和ですしね、鍛える必要もないのかもしれません。若い女性もまた、体の細い男の人を求める。

しかしですね、中には筋肉がある人が好きだという女性も、一定数いるのではないでしょうか?その筋肉が好きな女性達の需要に答えられるのが僕達トレーニーだと思います!!

昔の太っていた自分は、いわゆるラッパーのB系ファッションをしていて、その場のノリで女性の相手をしていましたが、筋肉をつけた後は余裕を持って女性の相手をすることが出来ています。


太っていた時期、挫折から筋肉をつけた時期の両方を経験した自分がいうのだから間違いなしです!(諸説あります!笑)

ただし、筋肉をつけただけではモテません。いや、正確には、一時的には先に話したように筋肉好きの女性からはモテるかもしれません。
しかし長期的には……??

鍛える過程に価値がある

筋肉をつけた体というのはもちろん素晴らしいです。しかし、僕はその過程も同等に価値があると思うのです。

鍛えて体を作り上げるという行為は、言わば究極の自己管理だと思うんですね。食事を1から自分で考え、無酸素、有酸素の運動を繰り返し、計算しながら体を作り上げていく…。この過程をぜひ、皆さんには大切にして欲しいと思います。

いつかの記事で書いたように、昔の僕は欲望の赴くままに食事をして、ろくに運動もしないという毎日を送っていました。その生活も筋トレを始めてから徐々に変化していき、今の生活になるまで僕自身も沢山努力をしました。

食べることがなにより好きだった僕にとって、食を制限することは死ぬより辛く(大袈裟かもしれませんね、でも、これ冗談抜きで今でもたまに思ってたりします笑)、運動もせず呑気に日々を送っていたものを、少しずつではありますが自分を抑え、運動を取り入れていくように変えていく。徐々にではありますが、何十年としてきた生活を変えていくというのは正直少し大変でした。

現在は、増量期、減量期とメリハリをつけ体を作り上げていくルーティンのようなものが出来上がっていますが、それでもその都度苦労はしています。


しかしこの過程も、普通の人にはない魅力なのではないでしょうか。筋肉を付けるだけでなく、その過程も大切にすることによって、より人間的に磨かれたと、僕はそう思います。

僕の周りに居るトレーニーの方は、見た目が怖い方や、とても優しそうな方、様々です。ですが多くの苦労を経験し、様々な困難を乗り越えたトレーニーさんは、人間的に尊敬できる方達ばかりです。男の僕から見ても、この人はモテるだろうなぁと思える方ばかりです!(笑)

と、ここまで筋トレをすればモテる説を解いてきましたが、動機なんて、ぶっちゃけなんでもいいと思います。今回のテーマのように、モテたいからでもいいですし、カッコよくなりたい、健康的になりたい、自分に自信を持ちたい、人に認められたい…なんでもいいんです。やり遂げた、変わった…そして、結果はあとからついてきます。


始めるなら、今、この瞬間からだと思います。

はい!という訳で、今回は「マッチョは果たしてモテるのか!」というテーマで、僕の思っていることを書きました。世間的にはやりすぎはモテない!と思われがちですが、僕の経験上ではそんなことはないと思います。なので、今から筋トレを始めようと思っている方の動機がモテたいから!でも構わないと思います。理由はどうであれ、努力をした人には必ず結果はついてきます!この記事を読んで、少しでも筋トレを始めてくれる人が増えてくれればなぁと思います。

それでは次回、また何かしらの記事でお会いいたしましょう!
今回も見てくれてありがとうございました!

■KTMの人生【鍛道】
第1回「なぜ筋トレを始めたのか?」
第2回「筋トレをして人生がどう変わったか」
第3回「筋トレを始めてからの活動」
第4回「筋トレを始めて食生活がどう変化したのか?」
第5回「一人で筋トレをしてきて、どうやって筋肉をつけてきたのか」
第6回「皆さんは憧れの体や、大きくしたい筋肉はありますか?」
第7回「KTMが思う、ジムとホームジムのメリット・デメリット」
第8回「KTMの減量」
第9回「食欲に打ち勝つ方法」
第10回「僕がサプリメントを飲まない理由」

■絶賛筋トレ動画配信中!
【細マッチョの【鍛道】配信所】
https://www.youtube.com/channel/UC5UKWHBT_f5789lAE5Tkd4A
■KTMのTwitter
https://twitter.com/ktm05_MTB
■PosiBig編集部による筋トレオススメ動画紹介
筋トレにオススメな動画チャンネル紹介Part 2! 細マッチョの【鍛道】配信所 KTMさん