muscle

KTMの人生【鍛道】第14回「筋トレで自分に合う種目、合わない種目」

こんばんは、KTMです。
この記事を書いている今、絶賛減量に苦しめられています。いや、もう毎年の事なんですが、今回は過去一キツイです!去年一年間で無くなった筋量を元に戻す為とはいえ時間がかなりかかってるのでジリ貧状態で精神がやられてます(笑)

去年のこれ↓が懐かしく感じると同時に、早くこうなりたいものです。


これも筋トレ歴10年目の大台を迎えるにあたっての試練かなと思って乗り越えて行きます。というか、そうでも思ってないと精神の安定を保てないです!

しかし長い目で見たら、数ヶ月のこの遅れすらもまたいい経験として、自分自身を強くしてくれるのかなとも思います。
遅くても確実に体は良い様に変わっていってくれてるのは間違いないので、無駄に焦らずにやって行きたいと思いますし、今は耐える時期なんでしょう(って言い聞かせてます笑)。

さてさて、そんな(どんな?)第14回目の今回は「筋トレで自分に合う種目、合わない種目」について書かせていただきたいと思います。
よろしくお願いいたします!

自分に合う種目、合わない種目を見極めるために

筋トレと一口に言っても、体には沢山の筋肉の部位があり、その部位一つ一つの中にさらに細かく種目があります。例えばアームカールという種目で全身が鍛えられる訳では無く、たくさんある筋肉の中の二頭筋という部位しか鍛えられません(名前からして当然ですね)。

ちなみに二頭筋って数ある筋肉の中ではとても小さい筋肉なんですけど、その二頭筋という小さい筋肉一つとっても、アームカール、ドラッグカール、ハンマーカール、コンセントレーションカール、インクラインカール、21カール、プリチャーカールなどなど、パッと言えるだけでもこれだけあります。


しかし、筋肉は人それぞれの骨格や、付き方によっても全ての種目が合うという訳ではなく、合う合わないがあるので、自分で取捨選択していかないと、合ってないのにやり続けてもうまく筋肉が発達してこないなぁという事にもなるんですね。

これが筋トレの難しい所で、筋肉が凄い人がこれで俺は大きくした!と言ってても自分にその種目が合ってるのかは分からないんですよね。実際に自分で試すしか無いのです。

そして試すにしても、思ったように成長してこない、合わない、のに無理矢理やって違和感が出るまで、最悪怪我するまでやらないと分からなかったりします。それかプロフェショナルな専門家に見てもらうかですかね(自分でやる場合、この見極めがはじめは特に難しい!)。
本当に合わないのは一発で体に違和感が出るので、一回でもやれば分かりますが、そんなのはごく稀です。つまり自分に合わない種目を見つけるのも、ある程度の時間がかかっちゃうんですよね。

そんな僕も、とりあえず一通りの種目を試しました。
人から聞いたり、ネットで調べたり、効果のありそうな種目から、単純にやってみようと興味を惹かれた面白そうな種目まで。


僕が一番好きな筋肉の部位、大胸筋を例に出すと、「アラウンドザワールド」というのが飛び抜けてなんだこれ?って種目でした。名前もジョジョのスタンドっぽいですよね(笑)

そして、当然試しました。試した結果これは合わないとなりました。これは先で話した、一発で違和感がでた種目でした。全く効かせ方が分からなく、これなら今までの種目を極めていった方がよっぽどいいな!と言う結論に瞬間的になりました(笑)

あとは、僕の骨格に合わないのは「ディップス」ですね。今は器具がないというのもあるのですが、あった時でもどうにもうまく対象筋に乗せられず、いまいちよく分からないけど、とりあえずやっておくという種目の一つでした。

みなさんにもこういう種目ありません?みんながやってるからとりあえずやっておくかってやつ。
効いてるのは効いてるのですが、これだったらやらないでよくない?レベルで上手く対象筋に効かすことができず、肩に違和感が出たんです。そして、骨格的に合ってないと後で分かり、今ではできる環境になっても恐らくやる事はもう無いと思います。たぶんきっと。

でも大胸筋の下のラインは欲しいので、代わりに「デクラインベンチプレス」(ベンチ台に寝転び、腰より胸の位置を低くして行うベンチプレスの一種)はやって行こうと思っています。僕はデクラインベンチプレスであれば、違和感もなく、きちんと大胸筋下部に入ります。

効果の出てる人が多く、みんながやっている!けど、自分に合わないとなったら切り捨てちゃってもいいと思います。合わないのに無理してやって怪我したらそれこそ大変ですからね。筋トレは怪我をしないのが大前提です。種目は本当に多いので(ホームトレだと今ある器具によって種目制限されますが、その辺はホームトレーニー特権の創意工夫でなんとかしてやりましょう)、一つや二つ種目が無くなったところで、なんて事はないです。結局は対象部位を追い込んでしまえば同じ事だと思っています。

自分に合ってる種目を見つけ、大切に、そして確実に強さを極めていく。なんかそれって、かっこいいじゃありませんか。

筋肉を成長させるのはもの凄い時間がかかります。よく短期間(※例えば春から夏まで)で筋肉を劇的に大きく!とかたまに見たり聞いたりしますが、短期間ではほぼ無理じゃないのかなと思います。誰の目から見ても確実に鍛えられた体にするっていうのは、最低でも一年は欲しいというのが正直なところです。


継続が一番の近道

まぁ、筋トレは体そのものを変えてしまうのですから、時間かかってしまっても仕方ないってものです。早く変えたくて焦る気持ちもわかりますが、ここは焦らずに行きましょう!肉体改造は継続こそが一番の近道ですしね。

簡単に手に入れたものは簡単に手放すとはよく言ったもので、筋トレに限らず、苦労して手にしたからこそ、なんとしても手放さないようにするのかなって思います。

というのも、僕も大阪に引っ越す前はかなり悩みました。今まで使っていた場所を離れなければいけなくて、環境的に器具も大型の物は持って行けなかったので、もう筋トレは出来なくなるのかなって思い、かなり辛かったです。それこそ筋トレがあったからこそ僕は救われたわけですし。


諦めきれずに最低限の器具でもやる!ってなって、筋トレはこっちでの生活が落ち着いてから再開させました。かなり少ない器具と重量でしたが、それでもやっぱり手放せなかったんですよね。それだけ筋トレは自分の人生に切り離せないものになっていました。多分僕は筋トレを休止する事はあっても、筋トレをやめる事は死ぬまでしないのかなと思います。
自分一人で始めてここまでこれた、そりゃあ、はい、そうですかと簡単には手放せませんよね!

筋トレは時間も労力もかかるものだからこそ、みんな魅了され、数年も続けているとやめる人が激減するのかもしれませんね。逆に数ヶ月でムキムキになるのなら、みんなここまで一生懸命にならず、続けていないんじゃないのかなとも思います。

人生は思っている以上に長い。そんな人生で、長く、今よりもっと向上心を持って付き合っていける、筋トレに出会ったもの同士、こんな素敵な世界の住人同士、これからもよろしくお願いいたします!
共に楽しく一緒にこれからもずっと。

では、今回はこんな感じで締めさせていただきます。
また次回の記事でみなさんに会える事を楽しみにしています。
ありがとうございました!

■KTMの人生【鍛道】
第1回「なぜ筋トレを始めたのか?」
第2回「筋トレをして人生がどう変わったか」
第3回「筋トレを始めてからの活動」
第4回「筋トレを始めて食生活がどう変化したのか?」
第5回「一人で筋トレをしてきて、どうやって筋肉をつけてきたのか」
第6回「皆さんは憧れの体や、大きくしたい筋肉はありますか?」
第7回「KTMが思う、ジムとホームジムのメリット・デメリット」
第8回「KTMの減量」
第9回「食欲に打ち勝つ方法」
第10回「僕がサプリメントを飲まない理由」
第11回「マッチョは果たしてモテるのか!」
第12回「筋肉がついてからの服装」
第13回「好きなものにはこだわりを持て」

■絶賛筋トレ動画配信中!
【細マッチョの【鍛道】配信所】
https://www.youtube.com/channel/UC5UKWHBT_f5789lAE5Tkd4A
■KTMのTwitter
https://twitter.com/ktm05_MTB
■PosiBig編集部による筋トレオススメ動画紹介
筋トレにオススメな動画チャンネル紹介Part 2! 細マッチョの【鍛道】配信所 KTMさん