sports

これぞ漢のロマン!サバゲーで大活躍のエアガン6選~最強から片手銃まで~

子どもの遊びじゃないんだ、もはや-。皆さまお疲れ様です、ライターのShoichiです。

男性なら子どもの頃に誰しも、エアガンを触ったことがあるのでは。近年はサバイバルゲームが流行し、大人がこぞってエアガンに注目しているのです。

「大人になった今さらエアガンなんて…」、「サバゲーなんて疲れるし…」と思ったそこのあなた!今回はぽっちゃりメンズが持つとターミネーターを思わせるようなカッコ良さを醸し出し、テンションが上がってついついフィールドに足を運びたくなるようなエアガンを紹介します!


エアガンは大きく分けて3種類。電気の力でBB弾を発射させる「電動ガン」、ガスの力を使うのが「ガスガン」、そして空気の力を利用するのが「エアーコッキングガン」です。サバゲーにおける主流は電動ガンです。安定した威力があり連射も可能なので、まずは電動ガンを検討するのがおすすめ。

では、おデブ男子にもぴったりのエアガンとは?実際のサバイバルゲーマーたちの愛銃を見てみましょう。

1. 最強と呼ぶに相応しい「SCAR-H」


まずはサバゲー歴6年のベテランが愛用している「SCAR-H」。「形が好み。発射した時の音も気持ち良く、何よりデカい。デカメンが持つとよりハマるのでは」とのこと。

全長は1m弱あり、見た目のインパクトは抜群。彼のようにグレネードランチャーを取り付けるなど、カスタマイズのしがいがある一挺です。さまざまなパーツに金属素材が施された剛性、リアリティを追求した作動や操作性。フィールドでは間違いなく最強の部類に入るエアガンです。

2. 重厚感がたまらないドイツの名銃「G36C」


ドイツのH&K社(ヘッケラー&コッホ)が製造し、同国の連邦軍でも採用されているモデル「G36C」です。重厚感たっぷりの見た目とは違い、ほとんどの部品が強化プラスチックでできているため、ビックリするくらい軽い。屋外のみならず、市街地フィールドやインドアなどの近接戦闘でも性能を発揮します。

「スコープなどのアタッチメントを付けるとさらに重厚感が増すと思う」と所有者は話しています。

3. 室内やミドルレンジもOKの「CQB-R」


取り回しの良さなら「CQB-R」。アメリカ海軍特殊部隊SEALsの要望によって誕生した銃をエアガンで完全再現しています。

プレーのためにアイアンサイトを取り外し、軽量化を図った所有者。購入した理由は「無骨なハンドガードに一目惚れした。銃自体は小ぶりで扱いやすいのでどんなフィールド、シチュエーションにも対応できる優れもの」と話しています。

4. 片手で扱えるサブマシンガン「MP7A1」


「1日中持って走り回っても、腕が筋肉痛にならないくらい軽い「MP7A1」。ハンドガンより少し大きいくらいなので、片手でも取り回しできる。パワー不足はチューニングによってカバーできるという、デカメンにはうってつけの銃」と話すのはサバゲー歴1年半のプレーヤー。

改造キットが多く、カスタムすることでメインウェポンとしても使える、拡張性の高い電動コンパクトマシンガンです。

5. デルタ・フォースも愛用した「HK416D」


「大きくてゴツい銃が欲しい!」と思ったらまずはこれ、と言える代表格「HK416D」。ノーマルの状態でも十分戦える性能です。

モデルとなった銃は『デルタ・フォース』に採用されている代物です。

6. 近代的なハンドガン「HK45」


上写真のHK416D所有者が持ち合わせているのが「HK45」です。「HKシリーズで揃えたかった。メインがバッテリー切れや故障で使えなくなった時用に、常に携帯している」と語っています。

スパイダーマングリップと呼ばれる特殊なグリップ形状など、モダンでリアルなガスブローバックのハンドガンです。ハンドガンとしては大きめのサイズなので、デカメンにもぴったり。

※カスタムはサバゲーの醍醐味でもありますが、事前に初速などをメーターで測るため、違法改造されたエアガンはフィールドで使えません。

愛銃を見つけていざ、フィールドへ!カッコ良いポジションとは?

さて、お気に入りの銃を手に入れたら実際に試してみたいと思うのではないでしょうか。サバゲーには役割(ポジション)があり、どれを目指すかでスタイルも変わってきます。大きく分けて5つのポジションがあるサバゲー。中でもぽっちゃりメンズがモテるポジションはどこでしょうか。


アタッカー
最前線で動く攻撃的なポジションです。フラッグ戦ではフラッグを獲得できる可能性が高く、ヒーローになれるポジションでしょう。

ディフェンダー
自陣を守るのも重要な役目。迫り来る敵を迎撃して進行を食い止めたら、仲間から頼りにされますね。

タクティカル
アタッカーのサポートや敵情視察などを行う工作員です。インテリジェンスとアイディアで敵を撹乱させましょう。

スナイパー
映画の主人公としても取り上げられるポジションですね。忍耐と高度な技術が必要ですが、戦況をガラッと変えられる存在です。

コマンダー
指揮官です。各ポジションに指示を出したり作戦の最終決定を下したりしてチームを勝利に導く、サバゲーの花形と言っても良いポジションです。

いかがでしょうか。どれもカッコ良いポジションですよね。そうです、すべてのポジションがモテる可能性を秘めているのです。

自分に似合った“愛銃”を手にして、仕事を颯爽とこなすデカメンは、サバゲーでひと際輝くことでしょう。エアガンを持ってフィールドに立てば、モテポイント満載の存在になれることうけあいです。

・コチラもチェック!
運動苦手男子必見、スポーツとして確立された「サバイバルゲーム」が手軽で熱い!
女子人気沸騰中。ツボを押さえた「サバイバルゲーマー」はモテる!