fashion

ぽっちゃり男性こそ着るべし! 今年オススメの浴衣&甚平

「最後に浴衣着たの、いつだっけ?」と記憶をたどったところ、中学3年から浴衣を新調していないことに気づき、なんだかいたたまれない気持ちになってしまったライター、濱安紹子です。

そんな私が言うのは大変恐縮なのですが、夏といえばやっぱり浴衣ですよね(白目)! 浴衣デートなんてこれまでの人生で一度も経験したことのない私ですが、今年こそ殿方との浴衣デートに勤しみたい……という想いは本心。男性の浴衣姿って本当に魅力的ですし、何と言っても我々は日本人ですから、和装が似合わないわけがないのです。こなれた感じでさらっと甚平を纏う男性も素敵。あんなに楽チンで、かつ男前度が上がるアイテム、他にはなかなかないのでは?

そんなわけで、PosiBig編集部がオススメするぽっちゃり男性の浴衣&甚平コーデをご紹介! 今回も、お馴染みPosiBigモデルのアリーが華麗に着こなしてくれました。浴衣と甚平、果たしてどちらがより男度を上げてくれるのか? ぜひアリーのコーデを参考にしてみてください。


1.まずはこれを買っておけばOK! 着付けも楽チンな帯とセットの浴衣


手には祭団扇とコーラ。祭囃子が聞こえて来そうなお祭り鉄板コーデです。藍色ベースのシンプルな和柄の「サカゼンのしじら織り浴衣(2点セット)」は、初めての浴衣にぴったり! 体型も年齢も選ばず、それでいてスマートに男っぷりを上げてくれます。かすれしじら織りなので、サラッとした肌触りも嬉しいポイント。

なお、こちらの浴衣にセットされた帯は、マジックテープ式で着脱がとにかく楽チン! “浴衣の着付けってめんどくさそう”感を見事に払拭してくれるスグレモノです。



浴衣にメガネっていうのもたまらんですね。個人的には、滝廉太郎テイストの丸メガネを合わせて、思いっきり昭和ムードを漂わせていただきたいところ。

着用アイテムはコチラ
サカゼン しじら織り浴衣(2点セット)


2.イイ男感を狙うなら、爽やかで涼感溢れるホワイトカラーの甚平


より爽やかさや涼感を演出したいのなら、「希楽者のかすれしじら甚平」がオススメ! ホワイトベースのストライプ柄で、誰が着てもイイ男度がワングレードアップする素敵アイテムです。大人っぽさもプラスされますよ。



甚平の優しい色合いに墨絵風の団扇がマッチ! なるべく小物もモノトーンか抑えめの色味をチョイスして、シンプルで大人っぽい着こなしを目指しましょう。

着用アイテムはコチラ
希楽者 綿100% かすれしじら 甚平


3.漢らしさを演出するなら、シンプル・イズ・ベスト!な王道系の甚平


若人からお年寄りまで、誰が着ても似合ってしまう王道系の甚平がこちらの「B&T CLUBのしじら織り甚平」。これが似合わない男はいません。“漢”らしさを目指すなら、このくらいシンプルなものを堂々と。

華奢な男性が着ると少々かわいらしいイメージになりがちな甚平ですが、ガタイがいい男性ならば余裕で似合ってしまうはず。そこにハズしテクで、ちょっとした隙と遊び心をプラスすれば、意中のあの娘のハートをズッキュンできちゃうかも(ハート)。




それにしても甚平って、よく見ると透け感があったり、脇部分のはしごレースで通気性を確保していたり。昔の日本人が生み出した、夏を快適に過ごすための機能性ウェアなんだなと改めて実感します。

着用アイテムはコチラ
B&T CLUB 綿100% しじら織り 甚平


4.ハズしテクが過ぎるゼ!『西郷どん』モデルの甚平をアリー流にアレンジ


お父さん、おじいちゃんへの贈り物にも喜ばれそうなオールドスクールの正統派。大人気の大河ドラマとコラボした「『西郷どん』コラボモデルの甚平」を、アリー流ハズしテクで独特アレンジしてもらいました!

サングラスはまだしも、腰にファー!? ……っていうか、何そのサンダル!? まるで “個性の宝石箱や〜”状態のアリー。小物の全てはもちろん彼の私物! 鯉(なのか鮭なのか?)サンダルは一体どこで買ったのか、相当気になります。



「コーデのポイントは?」という質問に、「やっぱりファーですかね。成人式やお正月といったおめでたい場では、着物にファーを纏うじゃないですか。あんな感じでファーを浴衣に合わせて見たらどうなのかなって思って、アクセントに持ってきました」とアリー。



トレードマークの眼鏡はもちろん、サングラスでも意外とマッチして見えるから不思議! イカついデザインのサングラスではなく、アリーのようにラウンド型のものだったり、ちょっぴりキュートさのあるデザインやカラーがオススメです。

着用アイテムはコチラ
『西郷どん』コラボモデル 綿麻 縦縞模 甚平


女子ウケする浴衣&甚平の着こなしポイント3つ

ここで浴衣&甚平ビギナーの方に、女性目線からの着こなしポイントをお伝えしたいと思います。アリーの超個性的な着こなし同様、「これが正解」というものはありませんが、参考になれば幸いです!

1. インナーはVネックを身につけるべし
「汗っかきではない」と豪語する男性でもインナーは必須! 襟元がたわんできて乳首でも見えようものなら女性はドン引きです。かと言って丸首のインナーだと、チラ見えしたときにそこはかとないおじさん臭さが漂うので要注意! 深めのVネックのインナーをチョイスしてスマートに着こなしましょう。

2. チェックすべきは裾と袖! 浴衣はジャストサイズを選ぶべし
基本的に浴衣はサイズ調整が効くので、そこまで神経質にならなくてもOKですが、試着する時にチェックすべきポイントは裾と袖の丈。裾はくるぶしが見え隠れするくらい、袖は手首が見えるくらいの長さを選ぶのがベストです。裾丈はある程度の長さ調整ができますが、袖丈は調整できないので、通販で買うときはきちんとサイズを確認しましょう。

3. やっぱり足元には雪駄を選ぶべし!
最近では、浴衣や甚平にスニーカーやビーチサンダルを合わせる方も少なくないと思いますが、やはり「どうせだったら足元もきちんと雪駄を合わせてほしい」という意見の女性は多数(あくまで筆者調査による)。夏場の外出時には、ぜひとも雪駄をご用意いただきたいものです。


この夏、ぽっちゃりメンズこそ浴衣と甚平を着よう!

さあ、ここまで読んでくださった方々は、おそらく「浴衣にしようか? それとも甚平?」と頭を悩ませ始めているはず。そもそも、大昔の日本では浴衣は湯上りに着用するもので、いわゆるバスローブみたいな感覚のアイテム。対して甚平は部屋着のようなものだったようです。

一般的には、甚平の方がカジュアルで若々しいイメージがあるので、大人っぽさや落ち着いた雰囲気を演出したい方には浴衣がオススメ! 着るときの楽チンさや動きやすさでいうと、甚平の勝利といったところでしょうか。

浴衣や着物姿の女性を見てドキッとした経験のある方ならおわかりかと思いますが、普段見慣れていない和装に身を包んだ異性を見ると、印象は高確率でアップするもの。浴衣と甚平、いずれも着崩れとサイズ感に注意すれば失敗のないアイテムなので、ぜひ積極的に身につけてみては? 恰幅の良いデカメンの皆さんならば、フツメンよりもビシッとキマるはずです!

今回紹介した「大きいサイズのメンズ浴衣&甚平」は、サカゼンオンラインショップで今すぐ購入可能!


大きいサイズ メンズ しじら織り 帯付き 浴衣
7,450円(税込)
サイズ:3L~5L



大きいサイズ メンズ 希楽者 (キラクモノ) 綿100% かすれしじら 甚平
6,370円(税込)→4,130円(税込)35%オフ!
サイズ:3L~5L



大きいサイズ メンズ B&T CLUB 綿100% しじら織り 甚平
4,210円(税込)→3,130円(税込)26%オフ!
サイズ:X1~X5



大きいサイズ メンズ 甚平 西郷どんモデル
7,450円(税込)
サイズ:3L~5L

<モデル・アリーのサイズ詳細>
・アリー着用サイズ 3LまたはX1
・身長・体重 180cm・115kg
・スリーサイズ B124・W110・H110