fashion

【スーツ選びのお悩み解決】おデブ・ぽっちゃり体型の男性におくる!サイズの選び方とスタイリング

おデブぽっちゃり体型の男性の皆さん、スーツが似合わないというお悩みを抱えていませんか?

そもそもスーツはサイズが合ったものをしっかり選べば、体型をカバーしてすっきり見せてくれる、ビッグな男性たちの頼もしい味方。大きめサイズやタイトなものだと、かえって見栄えがよくなかったり、体型を強調してしまいます。

でも、スーツのぴったり合ったサイズって、どうやって選ぶのが正解なのでしょうか。
そんな疑問に答えるべく、デブ・ぽっちゃり体型の男性のための、知っているようで知らないサイズ選びのチェックポイントを伝授。
これさえ覚えておけば、体型をカバーしてビジネスでビシッと決まるスーツ選びができちゃいます。

さらにビックな男性にオススメ! 基本のスーツスタイリングもシチュエーションごとにお届け。
スーツの選び方とコーディネートを見直して、デキるデカメンを目指しちゃってください!


ジャケット&スラックスの選び方を改めておさらい!


身幅に合わせると肩が合わず、丈に合わせると身幅が合わない……。こんなジャケット選びの悩みがある方が多いようです。
そんな時は「スーツは肩で着る」という基本を思い出しましょう。その上で身幅や袖丈は、お直ししてもらうのがおすすめ。
また、もう一つのポイントは胸まわり。肩や胸がビシッと合っているとスーツ姿が決まります!

スラックスのポイントはやはり裾。長すぎず、短すぎずが基本です。もちろん、ぽっちゃりビッグな男子はパツパツにならないことも重要です。
ではここからは具体的に選び方のポイントを見ていきましょう。


デカメン的サイズ選びのチェックポイント
ジャケット編


  • 肩が合ったものをまず選ぼう!
ジャケットは肩で着るといわれるように、肩のシワがなくラインに沿ったものを試着して見つけ出そう。



  • 胸まわりはゆったり過ぎキツ過ぎに注意
ジャケットのボタンを閉め、握り拳を入れてすっぽりと収まるようなゆとりを持たせましょう。窮屈だとシワがつきやすいので要注意。



  • 着丈は親指に合わせる
ジャケットの着丈の長さは、腕を下ろしたときに、裾が親指の第一関節ほどの長さになるのがベスト位置です。それ以上でも以下でもカッコ悪くなるので注意。



シャツのそでは、ジャケットから約1〜1.5cmほど覗かせるのが正解。デカメンだからといってシャツのそでが長すぎてジャケットから出すぎてしまうと不恰好になるので、シャツのサイズも要チェックです。


デカメン的サイズ選びのチェックポイント
スラックス編


  • シルエットには余裕を
スラックスを履いたとき、パツパツにならない程度のシルエットで選びましょう。その際、無理なく屈伸できるサイズで選ぶのがコツです。

また、ヒップがキュッとして、スマートに見えるサイズで選びましょう。ここをこだわることで、ジャケットを脱いだ時の印象が大きく変わります。



  • 太ももはつまめるくらい
正しいウエスト位置でパンツを履き、太もも部分が1〜1.5cm手でつまめるかをチェック。パツパツだと生地を傷めてしまう恐れがあるので入念にチェックしておきましょう。



  • 裾は長すぎ短すぎに注意
裾はのベロ部分に軽くかかるくらいの「ハーフクッション」がベスト位置。触れなさすぎたり長すぎるのもNGです。


ここまで、おデブ・ぽっちゃり男性のためのサイズ選びのチェックポイントを見てきました。スーツを買う際にはしっかり覚えておいてください!
さあ、サイズ選びができたら、次はスタイリング! キッチリ&おしゃれなスタイリングをビッグな男性たちのためにお伝えしていきますよ。

大きいサイズならなんでもそろう、ビッグな男性の味方・サカゼンのスーツから、お腹まわりが相当ぽっちゃり(上の太もも写真参照!)な、Posibigモデル・アリーがビジネスシーンごとの基本スタイリングを着こなします。スッキリ見える、間違いないスーツ選びをしたい方は必見です!


ビッグなメンズの基本スーツスタイリング
【デスクワーク編】


昨今のオンビジネスではカジュアル化が加速しています。その波に乗っかり、グレーのセットアップにノータイとニット、そしてスニーカーを合わせてリラックス感のあるコーデで。

ジャケットとスラックスがストレッチ仕様なら、キリッとしたシルエットなのに動きやすくシワになりにくく、ノーストレスでオフィスワークをこなせます。社外の人と接することがない日も、シックなトーン合わせでおしゃれに気を配るのはデカメンなら当然でしょ!

着用アイテム(サカゼンオンラインショップへ)
HYBRIDBIZ WALK テーラードジャケット
HYBRIDBIZ WALK  ワンタックスラックス
HYBRIDBIZ MOVE 長袖ワイシャツ
HYBRIDBIZ ビジネスベルト
B&T CLUB ケーブルニット

ビッグメンズの基本スーツスタイリング
【営業回り編】


営業まわりで大事なのは、クリーンな印象=清潔感です。その雰囲気を出すにはネイビーセットアップが一番です。

シャツはベーシックに白、そしてタイはネイビーのドット柄で控えめにおしゃれを楽しみましょう。

さらに窮屈感がなく着用感も抜群のストレッチ仕様なら、伸び伸びと歩けますし、営業先の相手からも好印象を獲得できるはずです。

着用アイテム(サカゼンオンラインショップへ)
HYBRIDBIZ WALK テーラードジャケット
HYBRIDBIZ WALK ワンタックスラックス
HYBRIDBIZ ワイシャツ
HYBRIDBIZ ネクタイ
HYBRIDBIZ ビジネスベルト
HYBRIDBIZ ストレートチップシューズ

ビッグメンズの基本スーツスタイリング
【プレゼン編】


社内やクライアント先でのプレゼン。資料やトーク力も大事ですが、相手によい印象を与えるためにも、おしゃれデカメンなら服装もこだわるべき。
親しみやすさを大切にするならダークグレーのセットアップで。シャツはグレー、タイはネイビーで落ち着きのあるトーンでまとめましょう。

着用アイテム(サカゼンオンラインショップへ)
HYBRIDBIZ WALK テーラードジャケット
HYBRIDBIZ WALK ワンタックスラックス
HYBRIDBIZ ワイシャツ
HYBRIDBIZ ネクタイ
HYBRIDBIZ ビジネスベルト
HYBRIDBIZ ストレートチップシューズ

ビッグメンズの基本スーツスタイリング
【アフターファイブ編】


週末の仕事終わりには、さぁ飲み会へゴー! ビジネスでもアフターファイブでも通用するコーデで挑むのは、おしゃれデカメンのお仕事のひとつです。

光沢感のあるグレーセットアップなら見た目もバッチリ。そんな1着には白シャツにグレーのペイズリー柄タイを合わせて。色目を極力控えつつもペイズリー柄がアクセントとなり、洒脱な見た目に。これなら女子ウケも上々ですよ!

着用アイテム(サカゼンオンラインショップへ)
HYBRIDBIZ WALK テーラードジャケット
HYBRIDBIZ WALK ワンタックスラックス
HYBRIDBIZ ワイシャツ
HYBRIDBIZ ビジネスベルト


スーツスタイルは基本のサイズの選び方を把握することで、体型もカバーできるきちんとしたコーデが完成します。ここでレクチャーしたポイントをしっかりと頭の中に入れておけば、お洒落迷子の心配なし!


■大きいサイズメンズスーツの着こなしならコチラもチェック!
今ならウェブ限定53%オフ!大きいサイズのメンズスーツは着心地と機能性で選ぶ!
【春シーズン】ぽっちゃりメンズ向け、大きいサイズのスーツをサカゼン渋谷店で選んでもらいました!
コスパ最強! サカゼンの大きいサイズ「ワイシャツ4枚セット」がめちゃくちゃ使える【ぽっちゃりビジネスマン必見】
【ネクタイの組み合わせ方・結び方編】ぽっちゃり男子がサカゼンで「スーツの着こなし」を学んできました!

もっと知りたい! ジャケット&スラックスのデザイン

いろいろな種類があるジャケットとスラックスのデザイン。知っておくとTPOに合わせて迷うことなく選べます。
もっとおしゃれなデカメンを目指すなら、ジャケット&スラックスの細かなデザインもチェックしておきましょう!

  • ラペル
ジャケットの下衿のことで、主にナローラペル(衿が細い形状)、ピークドラペル(衿の先端が上に向いた形状)、段返り(3つボタン)が存在します。ピークドラペルはもっともフォーマル度が高く、結婚式などで着ることが多いので冠婚葬祭用と覚えておきましょう。



  • ポケット
定番はフラップポケット(蓋のついたもの)で、その他、玉縁ポケット(フラップがなく、ポケットの口の上下に他布で縁を付けたもの)やチェンジポケット(ジャケットの右の脇ポケットの上にあるもの)などがあります。スーツシーンでは飾りに近いものとして考えられ、実用的なものではありません。シーンによっては物を入れることはありですが、入れすぎてしまうとダサくなるので避けましょう。また最近では英国調スーツの人気もあり、チェンジポケットを使ったスーツが多く展開されています。



スリーブやカフともいい、ボタンの数や種類、取り付け方でスタイル分けされています。主に本切羽(ボタンが開閉できるもの)や開き見せ(袖口の開閉ができないもの)などが展開されています。オーダーメイドスーツには本切羽がよく使われ、ボタンを外すと着こなしのアクセントになります。



  • ジャケットのタイプ
「2つボタンジャケット」
ビジネスからカジュアルまで、一般的に認知されているのがこのタイプ。2つボタンのジャケットは上の第一ボタンのみを留める。下のボタンは飾り扱いなので、留めないように。
「3つボタンジャケット」
ラペルの下衿に第一ボタンが付いている、段返りの3つボタンジャケット。このタイプは真ん中のボタンのみを留めるのが基本です。他のボタンは飾り感覚なので留めてはいけません。
「ダブルジャケット」
フロントボタンが2列に並んでいるジャケットのこと。ボタンホールに当たる上の1つだけボタンを留めるのがルールです。こちらも残りのボタンは留めないようにしましょう。



  • タックのタイプ
タックは腰の前面左右にあるヒダのこと。これがあることで腰まわりの可動域が広がり、楽チンに。またクラシカルな趣もあり、昨今のトレンドのひとつでもあります。
「ノータック」
タックがないパンツのこと。ゆとりが少ない分、細身のシルエットになるのでカジュアル寄りの印象になります。
「ワンタック」
左右にタックが1本ずつ入るパンツのデザイン。もっともスタンダードな仕様で、普段からフォーマルまで対応可能です。
「ツータック」
左右に2本ずつタックが入り、ゆったりとしたシルエットなのでデカメンには頼もしいデザイン。またクラシカルな趣もあり、トレンドも意識できます。



  • 裾のスタイル
シングル(裾に折り目がないスタイル)とダブル(裾を折り返した仕立てのこと)の2タイプがあります。ダブルで折り返し幅約4cmがトレンドとされています。



  • フライ
前立て部分のこと。ビジネス用パンツの大半を占めているジッパー式とボタンタイプがあります。


<モデル・アリー詳細>
・身長/体重 180cm/115kg
・スリーサイズ 124/110/110
・靴のサイズ 30cm
・頭のサイズ 60cm
・着用サイズ:3L or X1

今回紹介した商品を含む、大きいサイズメンズファッションはサカゼンオンラインショップをチェック!
↓↓↓↓↓↓↓↓
スーツ選びのお悩み解決スーツバナー