gourmet

<都内>おすすめの秋のグルメフェス6選! 2018

PosiBigをご覧の皆さん、こんにちは! ライターの土屋ミナコです。

さて、この夏の酷暑で冷たいものを食べ過ぎて、体調を崩してしまった方はいませんでしょうか? お心当たりのデカメンは、早急にベストコンディションを取り戻さなければなりません。なぜなら、秋は極上グルメイベントが目白押しの胃袋強化シーズンだから!!

都内で開催されるイベントは規模や動員数も大きく、話題性に富んだものが近年乱立状態にあります。その中でもテーマや食材・料理に対する明確なコンセプトを掲げ、こだわりのグルメを提供してくれるイチオシの注目イベントをご紹介します!

(1)代々木公園「北海道フェアin代々木〜ザ・北海食道〜2018」


国内最大級の屋外型北海道物産として今年で30回目を迎える「北海道フェアin代々木〜ザ・北海食道〜」

こちらのイベントは百貨店やデパートで開催される北海道物産展とは一線を画しており、代々木公園をまるごと会場とするスケールの大きさもさることながら、屋外ゆえに裸火を使用して魚介類や肉類等を豪快に焼けるのが大きな魅力となっています。


今回の注目は、イベント30周年を記念して300円で販売される「なまら絶品限定グルメ」。普段ならその値段では食べることのできない出店者オリジナルメニューの数々を絶対にチェックしておきましょう!

また、昨今の“シメパフェブーム”(※札幌では飲んだ後にシメのパフェを食べるのが大流行中!)を牽引する人気店のオシャレパフェを堪能するのもお忘れなく。
「北海道フェアin代々木〜ザ・北海食道〜2018」
開催日:2018年10月5日(金)~10月8日(月・祝)
開催時間:10:00~19:00(最終日は18:00まで)
開催場所:代々木公園 野外音楽堂前広場
URL:http://www.hokkai-syokudo.jp/yoyogi/index.html

(2)丸の内・有楽町・日比谷「東京味わいフェスタ2018 Taste of Tokyo」


東京府開設から150年の節目となる今年、東京の食や食材の魅力を国内外に発信するべく東京都入魂の「東京味わいフェスタ2018 Taste of Tokyo」が3日間にわたって開催されます。


都内産の肉・野菜・魚を使ったジューシーな料理や、東京産の旬の野菜・果物・牛乳・卵などが揃うマルシェが集う「丸の内エリア」、日本各地から厳選した地酒(グラス販売あり)と全国各地の出来立てご当地グルメに、“なまはげショー”などのステージパフォーマンスも楽しめる「有楽町エリア」、本場NYスタイルのサンドイッチなどを販売するスタイリッシュなキッチンカーが登場し、東京国際映画際とのタイアップによる特別上映会も行われる「日比谷エリア」まで、コンセプトの異なる3つのエリアには東京だからこそ味わえる多彩な魅力との新たなる出会いが待っています。
「東京味わいフェスタ2018 Taste of Tokyo」
開催日:2018年10月5日(金)~10月7日(日)
開催時間:エリアによる
開催場所:丸の内(丸の内仲通り/行幸通り)、有楽町(東京国際フォーラム 地上広場)、日比谷(東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場/日比谷公園 草地広場)
URL:https://marunouchi-event.com/tokyoajiwaifesta2018/

(3)下北沢「下北沢カレーフェスティバル2018 It's a CURRY LAND」


“カレーの街”下北沢で開催される1年に1度のカレーのお祭り「下北沢カレーフェスティバル」が今年もやってきます。期間中は10日間にわたり、野菜たっぷりスープカレーやフォトジェニックなスパイスカレー、麻婆カレー、カレーの燻製、カレーラーメン、カレー蕎麦など、今しか食べられないオリジナルカレーの数々が下北沢周辺の飲食店128店舗にてスタンバイ。

さらに、地元民に愛されつつも昨年閉店した老舗パン店「アンゼリカ」のカレーパンが、長野県松本市にある暖簾わけの「Cafeアンゼリカ」の参加により限定復活しちゃいます。


駅前で配布されるカレーマップを片手に個性豊かなカレーを求めて歩きつつ、カレーフェス専用アプリを使ったスタンプラリーや、下北沢にちなんだ「謎解き」、インスタ映えコンテストなどのイベントも是非チェックして!
「下北沢カレーフェスティバル2018 It's a CURRY LAND」
開催日:2018年10月5日(金)~10月14日(日)
開催時間:店舗による
開催場所:下北沢駅周辺エリア
URL:https://curryfes.pw/

(4)駒沢公園「東京ラーメンショー 2018」


全国各地のご当地ラーメンが一堂に会する日本最大級のラーメンイベント「東京ラーメンショー」が今年で10周年を迎えます。


メモリアルイヤーとなる今回は、“ここでしか食べられないラーメン”をテーマに日本全国のご当地ラーメンや有名店同士のコラボなど全36ブースが出店します。

さらに、今年6月にネット上で実施された「もう一度食べてみたいラーメン」への投票結果をもとに過去9回の出店店舗333店舗から選出された、「気仙沼潮ラーメン」(宮城県)、「竹岡式ラーメン」(千葉県)などのアンコール参戦もお見逃しなく!
「東京ラーメンショー2018」
開催日:2018年10月25日(木)~11月4日(日)
開催時間:10:00~21:00(10月30日、11月4日は18:00終了予定)
開催場所:駒沢オリンピック公園 中央広場
URL:http://www.ramenshow.com/

(5)新小岩公園「かつしかフードフェスタ」


地元で愛され続ける老舗から新進気鋭のお店まで、葛飾区内の様々な飲食店が新小岩公園に大集結する「かつしかフードフェスタ」。5回目の開催となる今回は「おもてなし」「上質な料理」「お求めやすい価格」をキーワードに出店者を募集し、選考を通過した全47店舗が食いしん坊たちを待ち構えます。

からあげグランプリ金賞のから揚げや、昭和七年創業の老舗お菓子店が誇る人気No.1スイーツをはじめ、和牛スジの塩煮込み、コッペパン、たこ飯、ガパオライスまで、葛飾区が誇る幅広いジャンルの下町グルメを心ゆくまで堪能しちゃいましょう!
「かつしかフードフェスタ 2018」
開催日:2018年11月17日(土)~11月18日(日)
開催時間:10:00~16:00
開催場所:新小岩公園
URL:https://katsushika-food.jp/

(6)日比谷公園「第4回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル 2018 ~全国魚市場&魚河岸まつり~」


全国津々浦々から味自慢の漁師メシや磯料理を東京・日比谷公園に一堂に集める、魚好き垂涎のイベント「ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル」
国内の魚介消費量が年々減り続ける中、四方を海に囲まれた我が国のソウルフードにして健康食でもある魚食の美味しさを発見、または再認識してほしいという思いから始まったこのイベントですが、昨年は14万人もの動員を記録するほどの大盛況ぶりを見せています。

今年も出店が決定したパエリアコンクール国際部門優勝の実力を誇る「エル・ドラゴン」の海鮮パエリアをはじめ、普段なかなか食べることのできない地方の食材や磯料理を思う存分味わって!
「第4回 ジャパン フィッシャーマンズ フェスティバル2018 〜全国魚市場&魚河岸まつり〜」
開催日:2018年11月22日(木)~11月25日(日)
開催時間:22日(木)11:00~21:00、23日(金・祝)・24日(土)10:00~21:00、25日(日)10:00~18:00(予定)
開催場所:日比谷公園
URL:https://37sakana.jp/jffes/

怒涛の開催ラッシュを迎えるグルメフェス本番シーズン、各会場にデカメンたちの嬉しい悲鳴が響きわたるはず。取りこぼしのないようしっかりとスケジュールを組み、胃腸のコンディションも整えて万全の態勢で味わい尽くしちゃいましょう!

■秋のお出かけファッションをチェック!
【太っちょ芸人真べぇのファッション通信】「カラフル秋の3コーデ」
<ぽっちゃり男性の秋服>簡単に秋っぽくなるオススメアイテム4選!
ぽっちゃり男性必見! 「着痩せコーデ」を作る基本テクニックまとめ