gourmet

いよいよ11月15日解禁! ボジョレーヌーヴォーの基礎知識&ワインを楽しめるイベント情報2018

こんにちは! “金泡”(金曜日のスパークリングワイン)大好きPosiBigライター、モリナツキです。

11月になるとちらほら聞こえてくるのが、ボジョレーヌーヴォーの話題。
今年2018年の解禁日は11月15日(木)で、世界的に温暖だった夏のおかげで新酒の出来も上々のようです。

でも「ボジョレーヌーヴォーって、そもそも何?」「普通のワインとどう違うの?」と思っている人も意外と多いのではないでしょうか。そこで今回はボジョレーヌーヴォーの解説と、秋に楽しめるワインイベントをいくつかご紹介いたします。


そもそも「ボジョレーヌーヴォー」って何?

「ボジョレー(Beaujolais)」とはフランスのブルゴーニュ地方の南にあるボジョレー地区のことで、「美しい高台(Beaujeu)」を語源とする地名です。そして「ヌーヴォー(Nouveau)」はフランス語で「新しいもの」という意味。つまり、ボジョレーヌーヴォーとは“ボジョレー地区で作られたワインの新酒”を表す言葉なのです。

  • フレッシュでフルーティな味わいの秘密
ボジョレーヌーヴォーの味わいは極めて軽く、フレッシュ&フルーティ。

通常、ワインの製造直後には酸やタンニン(渋みのもと)が強く、しばらく熟成させ落ち着かせてから出荷します。

一方、ボジョレーヌーヴォーに使用されるブドウ“ガメイ種”はもともと渋みの少ない品種であるうえに、果実を潰さずブドウ自身の重さで負荷をかけて作る独特な製法のため酸やタンニンが軽く、熟成を必要としません。その結果、8~9月に収穫したブドウでワインを作り、1カ月ほどで出荷することができるのです。

  • 広めたのは“ボジョレーの帝王”ジョルジュ・デュブッフ氏
最初にボジョレーヌーヴォーを世界中で有名にしたのは、“ボジョレーの帝王”と呼ばれるジョルジュ・デュブッフ氏。もともとボジョレー地区でブドウの収穫祭を祝うために作っていた新酒のおいしさを「もっと広めよう!」と、イベントを催したことから人気に火が付いたそうです。

ジョルジュ・デュブッフ社のボジョレーヌーヴォーはスーパーやコンビニなどでも広く取り扱われているので、可憐でカラフルな花のラベルが特徴のボトルに見覚えがある人も少なくないでしょう。

ボジョレーヌーヴォーのフレッシュな味わいはワイン初心者にも飲みやすく、日本でも1990年代後半から2000年代前半にかけて大きなブームを巻き起こしました。今ではジョルジュ・デュブッフ社以外のワインの作り手によるボジョレーヌーヴォーも簡単に入手することができます。ワイン好きの皆さんは自分好みの作り手を探したりと、このシーズン大忙しなのでは?

  • なぜ解禁日が決まっているの?
世界共通で決められているボジョレーヌーヴォーの解禁日は、毎年11月の第3木曜日の0時。なぜ解禁日が定められているかというと、ボジョレーヌーヴォーの人気が世界的になってきた頃、一刻も早く売りだしてひと儲けしようと未完成の状態で販売してしまう業者が相次いだため、ボジョレーヌーヴォーのクオリティを守るべく制定されたのです。

ラッキーなことに、日本は時差の関係でボジョレーヌーボーを楽しむ先進国の中でも最も早いタイミングで味わえる場所なんですよ。

さあ、ワインイベントで新酒を楽しもう!

実は、10月下旬~11月はボジョレーヌーヴォー以外にも世界中のワインの新酒を楽しめるシーズンだということをご存じでしたか? 新酒の呼び方は国によって様々、解禁日もまちまちで、イタリアでは「ヴィーノ・ノヴェッロ」が10月30日、ドイツでは「デア・ノイエ」が11月1日、日本では山梨県の「山梨ヌーヴォー」が11月3日に解禁されます。

今夏は世界的に温暖だったためブドウの生育に良い影響をもたらし、ワインの産地では収穫量もクオリティも期待できるとポジティブな評価が聞こえてきます。11月はワインにまつわるイベントも多く開催されるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ワインを楽しめるイベント(1)「ワールドワインフェス」


「とはいっても、どんなワインを楽しむのがいいんだろう?」……そんなワイン初心者のデカメンには、こちらのイベントがオススメ。今年初開催となる「ワールドワインフェス」には、世界中の産地から厳選された100種類ものワインが一挙集結します。

初日となる11月10日(土)には、ソムリエ100名の投票によって決まる「イオンワインアワード2018」も開催。お手頃で美味しい“最強のデイリーワイン”、ゆったりした気持ちで楽しみたい“週末おすすめワイン”、特別な日に飲みたくなる“ご褒美、おもてなしワイン”の3部門それぞれで受賞したワインを、なんと最大4時間のフリーフロー(飲み放題)で楽しむことができますよ!

ワイン飲み放題チケットを購入し、気になるワインを片っぱしからチェックすれば、あなたの口に合うお気に入りがきっと見つかるはず。しかも飲み放題チケットにはフードチケットが5枚付いているので、いろいろなおつまみを楽しめるのもデカメン的にもうれしいポイントですね。

ちなみに会場外にもキッチンカーが並ぶので、世界各国の美味しいフードも楽しめます。


さらにフランス、イタリアはもちろん、世界9カ国から約26ものワイナリーの生産者や醸造家が来日し、直接来場者と触れ合う機会も。作り手とワインについて語り合うことができるなんて、ワイン好きにはもちろん、初心者にとってもワインの知識を深める絶好のチャンスですよね!
「ワールドワインフェス」
開催日時:2018年11月10日(土) 11:30~19:30/11日(日) 11:30~17:30
開催場所:ベルサール秋葉原1F 特設会場(東京都千代田区外神田3-12-8住友不動産秋葉原ビル1F)
チケット:
【前売り】ワイン飲み放題チケット 2000円(税込)
【当日券】ワイン飲み放題チケット 2500円(税込)
※上記チケット代に含まれるもの:試飲ワイングラス、フードチケット5枚
※フリーフロー(飲み放題)は健康的な酒量のため4時間制となっており、入場時間によって終了時間が異なるのでご注意ください。
11月10日(土)第1部 11:30~15:30、第2部 13:30~17:30、第3部 15:30~19:30
11月11日(日)第1部 11:30~15:30、13:30~15:30
URL:https://www.worldwinefes.com/

ワインを楽しめるイベント(2)「ネオボジョMATSURI 2018 ~ボジョレ・ヌーヴォー解禁!~」


ボジョレーヌーヴォー解禁と同時にお祭り気分で楽しみたいパーティ好きのデカメンには、こちらの体験型イベント「ネオボジョMATSURI 2018 ~ボジョレ・ヌーヴォー解禁!~」がオススメ。

秋の風物詩としてバブル世代から続くボジョレーヌーヴォー解禁イベントを、若者たちの間で新たなムーヴメントとして盛り上げようというコンセプトのもと、“ネオ・バブル”をテーマにアップデートされています。


同イベントでは、解禁したばかりのボジョレーヌーヴォーがグラス300円、ワンランク上の「ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー」がグラス500円という特別価格で提供されます。DJ Timeで心地よく体を揺らしながら、“ネオ・バブル”のクールな世界観に浸って、この秋最高のボジョパ(ボジョレーヌーヴォー・パーティ)体験をどうぞ。
「ネオボジョMATSURI 2018 ~ボジョレ・ヌーヴォー解禁!~」
開催日時:2018年11月15日(木)~17日(土)12:00~21:00(DJ Time 17:00~21:00)
開催場所:サナギ 新宿(東京都新宿区新宿三丁目35番6号)
入場料無料
※20歳未満にはワインは提供できません。
URL:https://beaujolaisnouveaujp2018.com/

ワインを楽しめるイベント(3)「神宮ワインマラソン」


“スポーツの秋”と“食欲の秋”の両方を楽しみたい欲張りなデカメンには、「楽しく走って、完走後は美味しいワインとオシャレなおつまみで乾杯!」をテーマに、今年初めて開催される「神宮ワインマラソン」がオススメ。普段は立ち入ることができない神宮球場のグラウンドを走り、さらにはパーティもできるなんて、野球ファンでなくとも心躍る貴重な機会ですよね。

走るコースは5キロのファンラン、10キロラン、30キロのリレーマラソンの3種類。1人で走るのも仲間と走るのも自由なので、運動は苦手……というデカメン諸兄はリレーマラソン(※2~10名のグループ)で仲間とタスキをつなぎ合いながら、無理のない完走を目指してみてはいかがでしょうか。


仲間と一緒に走ったあとは、“都内で一番広いパーティ会場”と化した神宮球場でワインを飲みながら楽しくはしゃぎましょう。おしゃれなおつまみも用意されます。国産ワインの産地として名高い山梨県と長野県の協賛を筆頭とした盤石なサポート体制のもと、美味しいワインを堪能できるでしょう。
「神宮ワインマラソン」
開催日:2018年12月1日(土) ※事前申し込みが必要、11月18日(日)まで
場所:明治神宮野球場(東京都新宿区霞ヶ丘町3-1)
競技時間:
(1)30キロリレーマラソン 9:00~
(2)10キロラン 12:30~
(3)5キロファンラン 15:00~
(4)30キロリレーマラソン 16:30~
参加費:6000円(税別) ※20歳以上
URL:http://marathon-winebar.jp/

ワインを楽しめるイベント(4)「山梨ワイナリーズフェア」


ワインといえばフランスやイタリアが有名ですが、実は日本にも有名なワインの産地があります。フランスのボルドーやブルゴーニュなど、地名がそのまま法的に守られたブランド名になったように、2013年に「山梨」も日本のワイン産地として初めて、世界で法的に守られたブランドとなりました。

この日本が誇るワインの産地「山梨」を楽しめるワインイベントが「山梨ワイナリーズフェア」。18社のワイナリーが参加して「山梨」ワインの良さを伝えまくる1日、ワインをより身近に気軽に楽しめるようになること間違いなしです。本格派のデカメンにもオススメです。


同フェアでは、数十種類のワインの試飲と山梨県産の食材を使ったビュッフェも用意されており、これまた“ワインと食の贅沢な時間”を過ごすことができるでしょう。
「山梨ワイナリーズフェア」
開催日時:2018年11月28日(水)18:00~21:00 限定300名
開催場所:サンシャインクルーズ・クルーズ(東京都豊島区東池袋3-1 サンシャイン60 58F)
チケット:【前売り】6000円(税込)/【当日券】7000円(税込)
※数十種類のワインの試飲と県産食材を使った軽めのビュッフェ付き
URL: http://www.ywf.jp/

まとめ


ワイン関連のイベントが目白押しの11月は、まさにワイン強化月間! この機会にワインの知識と経験をたっぷり仕込めば、これからの食卓がより美味しく、楽しいものになるかも!?

また、ワイン好きやパーティ好きな人たちの間でも定着した感じのある「ボジョパ」もおすすめ。みんなでボジョレーヌーヴォーを持ち寄って、そのフレッシュな味わいにあう魚介鍋でもつつきながら楽しみたいものですね。

楽しく集まる口実の1つとして、今年はぜひ仲間と一緒に盛り上がってみてはいかがでしょうか?


■こちらもチェック
モテる男はBARに行く! BARでのモテ技&NG行為をレクチャー!
ぽっちゃりCAFEオーナーおすすめ。自宅コーヒーでリラックスタイム!