gourmet

コンビニ食材だけで作る! デブ飯料理人チャンピオンの「究極の簡単デブ飯」


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっています、デブ飯チャンピオンの“ケンケン”こと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

僕がテレビ東京のTVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」でチャンピオンになったのは、2018年の夏。もうあれから1年が経とうとしていますが、最近ではアマゾンプライムで映像が配信されたりと、今もなお話題になっています!

これはもしかしたら、第2回もあるんじゃない!?

■ケンケンのデブ飯チャンピオンの奇跡はこちら!
「TVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」に、ケンケンが出演します! 7/1(日)BSジャパンで21:00から放送!!
「TVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」優勝! 野々村研太郎(ケンケン)が舞台裏を語ります!
9/10発売「週プレ」に“デブ飯料理人選手権チャンピオン”・野々村研太郎が登場!
小池里奈ちゃんのYouTube番組にケンケンが登場! 収録裏話その1


皆さんに、もっとお手軽にデブ飯を!


TVチャンピオンの放送以降、ありがたいことに、テレビで見たあのデブ飯が食べたい! というリクエストが多く寄せられまして、お店メニューにもデブ飯を加えました。

そこでチャンピオン考えました。

デブ飯はウマい。だからもっと簡単に、お手軽に、美味しいデブ飯を皆さんに食べてもらいたい!

だったら作っちゃいましょう! お手軽で簡単に作れる究極のデブ飯を!


究極の簡単デブ飯のテーマ


今回、究極の簡単デブ飯を作るにあたり、事前にいくつかテーマを決めてレシピを考えてみました。

  • コンビニで買える食材だけを使う
  • 火は使わずにレンジのみで作る
  • 手間を掛けずに簡単に作れる
  • 作っていて楽しいレシピ
  • ハイカロリーで美味しい
  • 味や食感も面白くする
  • 見た目にもインパクトを

コンビニの食材で作る、レンジで作る、となると、グッと皆さんのハードルも下がるんじゃないでしょうか。

誰でもお手軽に簡単に作れる、それでいてウマい! そんな究極の簡単デブ飯を作ります!


まずはコンビニでお買い物!


近所のいつも行っているコンビニで食材を買ってきました。今回使用する食材は、だいたいどこのコンビニでも買える食材にしてあります。売っていなくても別の食材で代用して、お好みで自由にアレンジができるレシピにしてあります。

買ってきた食材はこんな感じです。



ドリトス(トルティーヤチップ)、レトルトご飯(3食分)、プリッツ、ベーコン、とろけるスライスチーズ、レトルトのパスタソース(ナポリタン)、生ハム、ふりかけ(のりたま)、コーンビーフ、カマンベールチーズ、マヨネーズ、はちみつ、バター、煮卵。

おそらくどこのコンビニでも買える食材かなと思います。



そしてこの2つ! ローソンのからあげクンと、ファミリーマートのファミチキ! この2つを使いたかったんですよ!


それではさっそく作っていきましょう!


まずは最初に、ベースとなるご飯を調理していきます。調理と言っても、火は一切使いません。



レトルトのご飯を普通にレンジで温めてホカホカにします。



ホカホカご飯にバターを混ぜます。バターは切れてるバターが使いやすいです。



ご飯1パックに対して、2つずつバターを入れます。



バターを溶かしながら、全体になじむように混ぜて、バターライスにします! バターライスはウマいですよね!

ホントはボウルに移した方が混ぜやすいんですが、なるべく食器などの洗い物も出ないようにしています。その方が楽ちんですからね。



ただのバターライスでは面白くないので、ここでのりたまの登場!



のりたまをたっぷりかけます! のりたまじゃなくても、ふりかけだったらなんでもOKです! お好みでアレンジしてみてください。タラコふりかけも合いそうですね。



のりたまバターライスの完成! これだけですでにウマいです! 

これがベースのご飯になります。この後、他の食材を調理している間にのりたまバターライスが冷めちゃいますが、後で再びレンチンするので大丈夫です。



続いては、煮卵とコーンビーフとマヨネーズ!



コーンビーフを手で丸めて、小さいハンバーグ状にします。



こんな感じ。



丸めたコーンビーフを、煮卵の上にのせます。ここでも洗い物が少なくて済むように、煮卵のトレイをそのままお皿代わりにしています。



コーンビーフの上に、マヨネーズをたっぷりかけます。



煮卵コーンビーフマヨの完成! もうすでにウマそう!



次に使うのは、カマンベールチーズとベーコン。そしてプリッツ。そう! ネットのデブ飯記事でよく見かける、カマンベールチーズのベーコン巻です!



カマンベールチーズは切れてるタイプを使うと楽です。あとベーコンを巻く時に、チーズが小さい方が巻きやすいので、チーズをカットして小さくします。



それぞれの先端を少しカットします。



カットした先端を合体させて丸めます。



残りのカマンベールチーズも丸めます。3つだったチーズが、小さく4つになりました。



そしてベーコン!



カマンベールチーズにベーコンを巻いていくんですが、そのままだとベーコンがペラペラと剥がれてきて、とても巻きにくいです……。



そこで登場するのがプリッツ!



プリッツをポキポキと短く折っておきます。



この短く折ったプリッツをクサビ代わりに刺すと、ベーコンが固定されて巻きやすくなるんです! しかも爪楊枝と違い、丸ごとそのまま食べられます!



4つ全部包みました!



続いてはこちら! 生ハムとスライスチーズ!



スライスチーズを3枚、まな板の上に並べます。残りのチーズは後でまた使います。



その上に生ハムをのせます。生ハムは全部のせちゃいましょう。



これを絨毯を巻くように、ぐるぐるっと巻きます。



端から包丁で均等にカットします。



おー! キレイ! ぐるぐる生ハムチーズの完成! これもわりとネットでよく見かけますね。

これで下ごしらえは完了です!


盛り付けていきましょう!


大きめのお皿に、最初に作ったのりたまバターライスを盛り付けます。



ついに登場! ファミリーマートのファミチキ!



ファミチキを食べやすい大きさにカットします。



カットしたファミチキを、のりたまバターライスの上にのせます!

これはちょっと興奮してきますねー!



キター! ここでローソンのからあげクン!

え!? ひょっとして! ま、まさか……! ファミチキの上にからあげクンを……!?



のせたー! のせてしまったー! ファミチキとからあげクンの奇跡のコラボー! なんかキン肉マンのマッスルドッキングみたい。



続いてパスタソースのナポリタンを。パスタソースはお好みで、ミートソースでもカルボナーラでもなんでもOKです。



奇跡のからあげファミチキドッキングに、パスタソースをかけます。パスタソースは温めずに、冷たいままでOKです。



ここでいったんレンジで温めます。

でもまだアツアツになるまでは温めないでください。後ほど追いレンチンをするので、7割くらいの温めでOKです。



全体的に7割くらい温まったらレンジから取り出し、先ほど残しておいたスライスチーズを全部のせます。



お皿のふちに、カマンベールチーズのベーコン巻を盛り付けます!



さらに煮卵コーンビーフマヨも盛り付けます!

お皿のふちは、1/3くらいスペースを残しておいてください。



ここで再びレンジで温めます。予告していた追いレンチンです。

レンジで温める時は外側から温まっていくので、量が多すぎると外側がアツアツでも中心が冷たいままのことがよくあります。それを防ぐために2回に分けてレンチンする、時間差レンチン作戦です。

これで内側も外側も、同じくらいアツアツになります。



チーズも溶けて全体的にアツアツになったら、1/3残しておいたスペースにぐるぐる生ハムチーズを盛り付けます!



もうため息が出るくらい、ハイカロリーで乱暴な見た目ですね!

まだまだ終わりませんよ!



いよいよ仕上げの段階に入ります!

全体的にコッテリとした味なので、はちみつを使って甘味のアクセントを加えます。



いちばん上の溶けたチーズの部分に、はちみつをたっぷりとかけます!



そしてフィニッシュはドリトス!



手で砕いたドリトスを上からふりかけて、カリカリっとした、食感のアクセントを加えます!

ドリトスの代わりにポテチでパリっとさせても良いですね。


完成! 究極の簡単デブ飯! その名は「ZUBORA(ずぼら)」!


いやー、イイ感じに退廃的な見た目になりました! 野菜の気配がゼロです!

しかも食材は全てコンビニの食材! 火もいっさい使わずレンジで温めるのみ!

まさに究極の怠慢デブ飯! その名は「ZUBORA(ずぼら)」! ここに完成!


総重量は約2kg! カロリーは約4500kcal!


分量を計算して、ざっくりとカロリーを算出してみました。

総重量は約2kg! カロリーは約4500kcal! なかなか優秀なデブ数値になりましたね。

デブ飯はただでさえカロリーが高いので、ひと口食べると口の中に、カロリーの強さが一気に広がります。カロリーのパンチが強過ぎるんですね。

なのでカロリーの強さに負けないように、甘味を加えたりカリカリの食感を加えたりして、味や食感にバリエーションを出すと、最後のひと口まで美味しく楽しく食べられます!

最後のひと口までウマいのが、チャンピオンのデブ飯です!


それでは、さっそく食べてみます!


いやー、もう見た目からウマいですね! いただきまーす!



ウヒョー! これはまた濃厚でウマいです!

チーズ、ナポリタンソース、ファミチキとからあげクン、のりたまバターライスが、意外にケンカせずにまとまっています! いろんな味が楽しめて面白いですね!

そしてはちみつの甘味とドリトスのカリカリ食感が、パンチの効いた味に対して程よいアクセントになっていて、スプーンが止まりません!


デブ飯には、遠慮するべからず!


ふーー! いっきに完食です! お腹も満足感もいっぱいです!

まぁ確かにカロリーが高いんですよ、デブ飯って。でもウマいものって、だいたいカロリーが高いんですよ。バターとかチーズとか。

ウマいものはカロリーが高い! これはもう逆らえません! 食物界の摂理なんです。

あまりカロリーが高いと太っちゃうかな……などと気にしてしまうと、本当にウマいものが食べられないんですよ!

デブ飯を食べる時は遠慮はいりません! 欲望(主に食欲)を全て開放してください!


最後に、中国の有名な高僧が残したこんな言葉を……。

「デブ飯には、遠慮するべからず!」

※民明書房刊:『世界の出武滅志』より抜粋


ではまた!

究極の簡単デブ飯「ZUBORA(ずぼら)」のレシピ

材料
・レトルトご飯:3パック
・切れてるバター:60g
・のりたま:1袋
・コーンビーフ:1缶
・煮卵:2個分
・マヨネーズ:40g
・カマンベールチーズ:3ピース
・ベーコン:2パック
・プリッツ:1/2袋
・生ハム:1パック
・スライスチーズ:7枚入り
・ファミチキ:3つ
・からあげクン:1つ
・パスタソース ナポリタン:1袋
・はちみつ:大さじ3
・ドリトス:1/3袋

1.
レトルトご飯をレンチンして、バターとふりかけを混ぜる。

2.
コーンビーフをハンバーグ状に形を整えて、煮卵の上にのせ、マヨネーズをかける。

3.
カマンベールチーズをベーコンで包み、短く折ったプリッツを刺してベーコンを固定する。

4.
スライスチーズと生ハムを重ねて巻き、2cm幅くらいでカットする。

5.
お皿に1.を盛り付け、その上に食べやすい大きさにカットしたファミチキ、からあげクンをのせ、パスタソースをかけ、レンジで温める。

6.
5.の上にスライスチーズをのせ、お皿のふちに2.と3.を盛り付ける。再びレンジで温める。

7.
6.のお皿の余白に4.を盛り付ける。

8.
上からはちみつをかけ、砕いたドリトスをふりかけて完成!

CAFE サーハビー
【住所】〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目ライトビルⅢ2F
【営業時間】15:00~24:00(金土祝前26:00)
【定休日】日曜
【電話】 011-200-0546
【HP】https://cafe-sahabi.com/

■ケンケンのデブ飯・デカ盛りレシピの記事はこちら!
デブ飯チャンピオンのお店のデカ盛りまかない飯! 超巨大ハンバーグ「磐(I-WA)」
ケンケンのデカ盛りまかない飯シリーズ