health

自転車に乗ってどこまでも! 100kgのぽっちゃりメンズが「30kmのサイクリング」にチャレンジしてみた!


PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっています”ケンケン”こと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

以前タミヤのミニ四駆にハマりまして、ちょっとした走り屋の気分を味わっています。そんな走り屋つながりではないですが、ここ最近じわじわと興味が湧いてきてるのが「サイクリング」

普段乗っているのは折りたたみのシティバイクですが、せっかくならもっと本格的なスポーツタイプの自転車に乗ってサイクリングをしてみたい!

というわけでケンケンのスポーツチャレンジ! 今回はサイクリングに挑戦してみました!


初心者にオススメなのはクロスバイク!


まずはサイクリング用に自転車を選ぶにあたり、どんな自転車を選ぶと良いか? 自転車の種類は大きく分けると4つ。

街乗り用の一般的な自転車のシティバイク。いわゆるママチャリや折りたたみ自転車を指します。
登山道や林道など、荒れたコースを走るマウンテンバイク
ツール・ド・フランスなどの長距離自転車レースで使用されるロードバイク
そしてマウンテンバイクとロードバイクの中間的なクロスバイク
大きくこの4つに分けられます。

長距離スポーツとしてのサイクリングをする場合だと、ロードバイクかクロスバイクの2択。

ロードバイクは長距離を効率よくハイスピードで走るために設計されていますが、乗りこなすのにちょっと慣れが必要なのと、価格も安くても10万円くらいするので、最初のハードルが高いです。

それに比べてクロスバイクは、シティバイクと乗り心地が似ているので乗りやすく、十分にスピードも出ますし、価格も5万円くらいなので初心者にオススメです。

サイクルショップの中には、ロードバイクやクロスバイクを1日レンタルできるお店もありますので、そういったレンタルサイクルを利用するのも良いですね。



自転車選びでデカメンの我々が気になるのは、体重が重くても大丈夫なの? ということ。自転車が壊れちゃうんじゃないかという心配と、重たい体重からくるお尻への負担。

タイヤが少し太めの自転車を選んだり、フレームが頑丈なものを選んだりと、自転車本体が丈夫なもの(細すぎないもの)を選ぶと安心なんじゃないでしょうか。

また車体への衝撃をやわらげるためのサスペンションがついていれば、体重が重くても負荷を分散してくれますし、何より自分のお尻への負担もやわらげてくれますしね。

上の写真のようにフレームの中央にゴツいサスペンションがついているタイプは、サドルにまたがって体重をかけると、車体がグニューっと沈むようにサスペンションが効くので、体重が重くても乗りやすいです。


長距離サイクリングの装備はどうすればいいの?


転倒した場合の安全面を考えて、ヘルメットはあった方が良いですし、走行中にホコリや虫から目を守るのに、サングラスなどのアイウェアもあった方が良いです。ですがこのヘルメットとサングラス、我々デカメンにとっては別の意味で必須アイテムなんです。



ヘルメットとサングラスの必要性を伝える前に、スポーツタイプの自転車に乗って長距離を走る時、一番必要なのは実はピタピタのスパッツなんです。ズボンなんかだと裾がチェーンに絡みつくんですね。あとサドル位置がどうしても高くなるので、サドルをまたぐ時にズボンだと引っかかるんです。

なので快適にサイクリングをするのには、ピタピタのスパッツがどうしても必要なんです。

でも! スパッツで外に出るのが恥ずかしい!

ヒゲを生やした44歳の太ったオジサンが、ピタピタのスパッツをはいて外に出ると、けっこう見た目がギリギリです……。かなりヤバイと思います……。



そのピタピタのスパッツの恥ずかしさを払拭してくれるのが、ヘルメットとサングラスなんです!

ヘルメットを被ってサングラスをかけていれば、ああこの人は自転車をマジでやっている人なんだな、そんな目で周りの人が見てくれるんです! ピタピタのスパッツなんかはいて外に出て、なんだチミは? ヘンなおじさんか? とはならないんですね! だからピタピタのスパッツが恥ずかしくならない! これは自分でもビックリしました。

さらにTシャツは、スピード感あふれるミニ四駆のタミヤのTシャツ!

形から入るって、大事ですね……。



あと大事なのが、手のひらがクッション性の生地になっているサイクリング用の手袋。ハンドルを握った両手で上半身を支えるので、長時間走っていると手が痛くなってしまいます。それを保護するためにも手袋も必須ですね。



そして便利なのが自転車用のミニポーチ。着替えやタオルなんかはリュックに入れておけば良いですが、ピタピタのスパッツにはポケットが付いていなかったりするので、スマホはこのミニポーチに入れておくと便利です。スマホは地図を見るために頻繁に使いますし。あとサドルを調整する六角レンチも入れてあります。



ドリンクホルダーもあった方がイイですね。スッとスマートにドリンクを取り出せますし、なんか見た目もマジっぽくてカッコイイですし。


目的地とルートを決める!


今回のサイクリングの目的地は、クラーク像で有名な「羊ヶ丘展望台」にしました! 北海道らしくて、景色も良くて、距離も遠すぎない場所を選びました!



羊ヶ丘展望台に行く時は、いつもは車で国道を通るんですが、せっかくのサイクリングなので、少し遠回りにはなっちゃいますが、いつもの国道ではなく、サイクリングロードを通っていこうと思います!



「白石こころーど」というサイクリングロード。歩行者と自転車のみが通る道なので信号が一切ありません。一般道と違って信号で停まること無く、気持ちよく自転車を走らせることができます。


「白石こころーど」を通り「札幌ドーム」を経由して「羊ヶ丘展望台」を目指し、帰路はいつもの国道を通って戻る、約30kmのルートを自転車で走ります!


いざ! サイクリングに出発! グングンとどこまでも行けそうです!


それではいよいよ! サイクリングに出発します! 目指すは羊ヶ丘展望台のクラーク像! レッツゴー!



クロスバイク! 気持ちイイです! スーっと楽にスピードが上がるので、どこまででも行けそうな気分です!



サイクリングロードも、信号が無いし、まっすぐだし、とても快適です!



5kmほど走ったあたりでベンチがあったので少し休憩。のんびりマイペースでいきましょう!



途中で橋に差しかかりました。橋の下には川が流れています。ちょっと自転車を停めて、下をのぞいてみました。



こういう自然に目を向けながら自転車で走るのって、なんかイイですね!



サイクリングロードを外れて、一般道に出てきました。ここから経由地点の「札幌ドーム」に向かいます!



スマホのマップや道路標識で方向を確認しながら自転車を走らせます。サイクリングロードと違って、一般道には信号もありますし歩行者もいるので、十分に注意しながら走りましょう。



札幌ドームはクラーク像がある羊ヶ丘のふもと。丘が近づくにつれて、上り坂が多くなってきました……。



ここまで10kmほど走ってきました。水分補給をしつつ目的地を目指します! なんかこの写真、カッコイイな。


上り坂を抜けると、目の前に突然、巨大な銀色のドームが現れました! 経由地点の「札幌ドーム」に到着です! やったね!

でもけっこう疲れてきました……。



残すはあと少し! 展望台に行くには、さらに坂道をのぼっていかないといけません!



案内板が見えてきました! あと200m先!



やったー! ついに到着!

……ではないんです。ここは展望台への入り口。ここから先にある展望台に向けて、さらに坂道をのぼっていきます……。



展望台の入り口を過ぎると、周りには広大な草原が広がっています! 羊ヶ丘の名前の通り、羊を放牧する場所です。これは走っていて気持ちイイです!



でも坂道がずっと続きます……。もうあと少しだ! がんばれケンケン!



ハンドルをしっかり握り、力強くペダルを踏んで、ラストスパートです!


クラーク像がある、羊ヶ丘展望台に到着!


いやー! がんばりました! ついに”自力”で会えました、クラーク像! 目的地に到着です!

出発地点からここまでは約15km。お尻が痛くなり、疲労もありますが、ここまで自転車で来れたのが嬉しいです!



広大な草原の向こうには札幌の街並みが望めます。先ほど横を通った札幌ドームも見えます。個人的にとても好きな場所です。



羊ヶ丘展望台に来たら、これが食べたかったんです! 「白い恋人ソフトクリーム」!



うーん! 冷たくて甘くて濃厚でウマイです!



おなかもペコペコなので、展望台で食べようと事前に買っておいたローストビーフサンドを食べます!



これはまた格別なひと時ですな!



せっかくなんで羊にも会っておきましょう! タイミングが合えば羊たちが草原に放牧されているのが見れるんですが、今日はもう羊舎に戻るところでした。



そしてもう1つ楽しみにしていたのが、足湯! 羊ヶ丘展望台には、足湯があるんです!



こじんまりとしたガラス張りのテラスの中に、足湯があります。この小さくて開放的な感じがけっこう好きです。



はあああ……。ここまでの疲れも癒され、HPも回復です!



サイクリングは目的地がゴールではありません。ここからまた自転車で帰らなければいけません。戻ってからがゴールです。

来るときは上り坂が多くて苦労しましたが、帰りは逆に下り坂! 一気に帰るとしますか!


デカメンだって普通に楽しめるサイクリング! 最高に気持ち良かったです!


今回初めてスポーツ自転車、クロスバイクに乗って長距離を走ってみましたが、デカメンだから不利というのは感じませんでした。

しいて挙げるとするならば、ピタピタのスパッツ問題でしょうか。あれはホントに恥ずかしいですが、でもそれもヘルメットとサングラスがあればNO問題でした。

ボルダリングやフットサルなんかは、それ自体は楽しいですけど、体重が重いと、どうしても不利な部分が出てきます。ですがサイクリングは、そういうのは一切無かったですね!

サイクリングってけっこう、我々デカメンにも向いているスポーツなのかもしれませんね!

皆さんもぜひ! クロスバイクに乗ってサイクリングに出かけてみてください! 最高に気持ちイイですよ!


ではまた。

CAFE サーハビー
【住所】〒060-0063 北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
【営業時間】15:00~24:00(金土祝前26:00)
【定休日】日曜
【電話】 011-200-0546
【HP】http://cafe-sahabi.com/

 
■ケンケンのスポーツチャレンジ
100kgのぽっちゃりメンズでも登れるのか!? ボルダリングに挑戦してみた!
ワールドカップ2018開幕記念! 100kgのぽっちゃりメンズがフットサルに初挑戦!
100kgのぽっちゃりメンズがテニススクールに体験しに行ってみた!