health

見るだけで生きる希望が湧いてくる! 屈強で美しい筋肉を持つスターたちを紹介

何かとツラいことも多いこの世の中。ため息と友だちになっている……なんていう方はいらっしゃいませんか?

かくいう私も、そんな人間の一人。こんなとき思い出すのは、そう“筋肉”!!

筋肉があれば、活力が友だちになります。それに厳しいトレーニングによって生まれた筋肉を見るたびに、自分の努力の跡も見出すことができるのです。

しかし、筋トレを続けるのは難しそう……という方もいらっしゃるでしょう。そんな方は、まず美しい筋肉をもつ男たちを眺めてみることからはじめませんか? 素晴らしい筋肉たちを目から摂取することで、人生の楽しさ3倍UP* は間違いありません。

*これといった確証はとくにありません。

では、さっそく数々の映画で活躍するスター筋肉たちを紹介していきます。
いざ、素晴らしき筋肉の世界へ――。

1. クリス・エヴァンス

筋肉といったら、やっぱりクリス・エヴァンス! キャプテンアメリカとして、世界を守る彼の姿に胸を熱くした方も多いことでしょう。

 
 
 
View this post on Instagram

Chris Evansさん(@teamcevans)がシェアした投稿 -


分厚い胸筋に、太い腕、そして割れた腹筋……ヒーロースーツを着ても分かる逆三角形の凹凸のある身体は、もはや憧れというよりも崇拝すべき筋肉。

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』冒頭のトレーニングシーン

大きな大胸筋に、上腕二頭筋。彼の美しい逆三角形の身体を作っているのは、この二つの筋肉ではないでしょうか。

 
 
 
View this post on Instagram

Chris Evansさん(@teamcevans)がシェアした投稿 -


彼は、背中も大変美しいんですよね。背中からでも分かる上腕二頭筋の形に、広背筋(こうはいきん)のくびれ……。男は背中で語るのだと、私たちに筋肉をもって教えてくれます。

2. クリス・プラット

ぽっちゃり界とマッチョ界のスター、クリス・プラットは外せません! 

 
 
 
View this post on Instagram

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -


Instagramでは、ごはんへの愛を叫んでいる姿が度々確認され、がっしりとした身体とちょっと子どもっぽいギャップにキュンときている女子も多し。

牧場で動物とたわむれている姿が多くみられることから、正体はクマさんなのでは? という疑惑が広がりつつあります(私のなかで)。

 
 
 
View this post on Instagram

chris prattさん(@prattprattpratt)がシェアした投稿 -


撮影大丈夫なの? と思わず心配になってしまうくらいに、ぷにょぷにょなワガママボディーを見せつけてくれるクリプラ。しかし、撮影が近づくにつれて、ぷにょぷにょな身体からは徐々に筋肉が……!

プロは一味違うぜ……と、肉体にうっとりする反面、ぽっちゃりなクリプラへの愛しさが募ってしまう。なんて罪な男!

3. クリス・ヘムズワース

皆さんご存知のクリス・ヘムズワース! これで、3大クリスが揃いました。クリスの名を持つものは最高の筋肉が与えられるのでしょうか。うらやましい。

『マイティ・ソー バトルロイヤル』で、弟・ロキとエレベーターで会話するシーン

アベンジャーズでは、最も肉体が露わになるソーの衣装を着こなす筋肉のポテンシャルの高さ。長髪&ヒゲは、ここまで筋肉があると似合うんだなぁ、としみじみ感じます。バリバリのアクションをこなす彼は、当然のように身体能力も高いのです。

ダンスもノリノリで踊っちゃう、オチャメなギャップにクラクラきます。

 
 
 
View this post on Instagram

Chris Hemsworthさん(@chrishemsworth)がシェアした投稿 -


何cmあるの!? と私たちの視線を掴んで離さない、上腕筋。後ろから抱きしめられたら、絶叫しながらしがみつきたい。この腕にヘッドロックかけられるなら、本望。むしろ、自分から技をかけられるために胸に飛び込む。

『お!バカんす家族』で下着一枚でリモコンの存在を教えてくれる、ヘムズワース演じるストーン

盛り上がった胸筋から滑らかな曲線を描いて、程よく引き締まったくびれへ……思わず視線が釘付けになってしまうのも仕方がないというもの! 

色気には筋肉が必要なんだ、ということを私たちに強く訴えてくれる最高の腹筋に感謝しかありません。ありがとう。


4. ジェイソン・モモア

すでに続編の制作も決定している『アクアマン』。主演のアクアマンを演じるジェイソン・モモアの筋肉のチェックはマストでしょう!

 
 
 
View this post on Instagram

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -


スクリーンに広がる彼のたくましい隆々たる筋肉に惚れた人ー!!

……聞こえましたよ、世界中からの歓声と悲鳴が。

ノリノリでツインテールを披露してみたり、共演者のナイスガイたちに抱き着いてみたり……ちょっぴり強面なのに、子どもっぽいという最高のギャップが大渋滞。知れば知るほど止まらない、モモアへの愛。

彼の持つ絶妙な弾力の大胸筋は本当にチャーミング。モモアの可愛さは、大胸筋に集約されているんです、きっと。

しかし! 私たちが見るべきは、モモアの背中!

『アクアマン』潜水艦を打ち破り、振り向く瞬間

 
 
 
View this post on Instagram

Jason Momoaさん(@prideofgypsies)がシェアした投稿 -


画面のすべてを支配してしまいようなほど大きな背中は、彼のアクションを豪快なものへと昇華してくれます。だって、この背中見せられたら、頼れる男だって五感のすべてで納得しちゃいますもん。

潜水艦を持ち上げ、鋼を打ち砕く彼の肉体は、海を統べる王としての説得力にあふれているのです。

『アクアマン』伝説の槍を求めてする道中でのワンシーン

『ワイルド・ブレイブ』武装集団に勢いよく飛び掛かる

モモアの筋肉の素晴らしさの一つとして、どんな服を着ても分かるその存在感があげられるでしょう。オーバーサイズのカットソーを着ても、彼の筋肉はそこに姿を現すのです!!

……ズルいですよねぇ。何度、何の変哲もないカットソーを身に着けた姿の素晴らしさにため息をついたことか。

タンクトップだけが筋肉をアピールする服ではない。モモアは、それを肉体をもって私たちに叩き込んでくれました。

これからも、オーバーサイズのカットソーを着るモモアをたくさん拝めますように。もちろん、タンクトップも待ってます。

5. ジェラルド・バトラー

ガタイがいい俳優といったら ジェラルド・バトラー! 少し粗野な雰囲気もかもしつつ、包容力のある筋肉でやさしさも感じられる……最高の肉体の持ち主です。

 
 
 
View this post on Instagram

Gerard Butlerさん(@gerardbutler)がシェアした投稿 -


『300<スリーハンドレッド>』では、その肉体美を惜しげもなく披露。雄々しいといえばジェラルド・バトラーの筋肉! この絶対法則が崩れることはありません。

『300<スリーハンドレッド>』のバトラー演じるスパルタ王レオニダスの戦闘シーン

広い胸に、がっしりとした腕。もはや、隕石くらいなら軽く砕けそうな肉体からは頼れそうな上司的なオーラも……。

筋肉は若いからいいとわけではありません。もちろん、若い筋肉は素敵です。しかし、長い時間、愛し育てられた筋肉には特有の魅力があります。

バトラーの筋肉は、まさに長年“育て上げられた筋肉”。歳を重ねたからこその、筋肉の魅力がそこにあるのです。

6. ヒュー・ジャックマン

歳を重ねた筋肉といえば、そうですよね、ヒュー・ジャックマンですよね。わかってます。

 
 
 
View this post on Instagram

Hugh Jackmanさん(@thehughjackman)がシェアした投稿 -


自動販売機よりも大きな身長に、がっしりとした肩幅、どんな服を着てもその存在感に目が奪われるほど厚い胸板。

しかし、注目すべきは、思わず掴みたくなってしまう大腿四頭筋(だいたいしとうきん)! スラリと伸びる脚の長さに目が行きがちですが、ヒューの太ももは最高なんです! 

 
 
 
View this post on Instagram

Hugh Jackmanさん(@thehughjackman)がシェアした投稿 -


既製品のパンツでは間に合わないんじゃ……? なんて心配になっちゃう、このはち切れそうな太ももを見てください。何回見ても、ため息がでます。

タンクトップだけでなく、スーツや貴族のような衣装が似合うのは、きっとヒューの筋肉には品があるから。

 
 
 
View this post on Instagram

Hugh Jackmanさん(@thehughjackman)がシェアした投稿 -


アクションのイメージが強いヒューですが、彼は歌もダンスもできちゃうギャップを抱えまくる男なのです!

2018年に公開された『グレイテスト・ショーマン』でも披露されているダンスと歌に、惚れ直したという男性陣も多いのではないでしょうか? きっと、ダンスを踊るために脚を鍛えて、美しい歌声を保持するために腹筋を鍛えたんでしょうね……。

7. ブラッドリー・クーパー

もう筋肉はこの人ナシでは語れないでしょう! 近年、俳優だけではなく監督としても、その才能を開花させている彼。

2019年3月8日公開の『運び屋』で演じるのは麻薬取締局のコリン・ベイツ。証拠集めのために重いカメラで撮影中

注目したいのは、ずばり前腕! 肘から手にかけての筋肉が、もうなんともカッコいいのです。見てください、このたくましい腕を!

監督も務めた『アリー/スター誕生』では、ギターを演奏しながらの熱唱が見どころ

これぞ、頼れる男!と叫びたくなるような、がっしりとした腕橈骨筋(わんとうこつきん)に長橈側手根伸筋(ちょうとうそくしゅこんしんきん)……!

少し力をこめたときに、キッと現れる影がいいんですよね。女子が口をそろえていう「腕の筋がいい!」ってこういうこと。

『アリー/スター誕生』でレディ・ガガ演じるアリーとステージに立つ

視線をあげていくと、そこにはぶら下がりたくなるがっしりとした筋肉が顔を出しています。

ブラッドリー・クーパーのような前腕をゲットしたら、毎日腕まくり必至です! 

8. ヴィン・ディーゼル

ブラッドリー・クーパーが前腕なら、ヴィン・ディーゼルの見るべき筋肉は、ずばり上腕部! 

 
 
 
View this post on Instagram

Vin Dieselさん(@vindiesel)がシェアした投稿 -


くっきりと盛り上がった上腕三頭筋に上腕二頭筋。ここまでくっきりとした影ができている筋肉には、なかなかお目にかかれないのでは……!

『ワイルド・スピード ICE BREAK』で友人宅へ向かうヴィン・ディーゼル演じるドミニク

その辺のTシャツなんてお呼びじゃないくらいに盛り上がった筋肉たち……見ているだけで健康になれそう。がっしりとした腕に比べて、胸筋はスッキリとした印象ですが、それは腕が太すぎるからかもしれません。

正面からでも分かる、僧帽筋上部の盛り上がりに、その存在をアピールする三角筋たち。タンクトップを着こなしたい方が目指すべきは、この筋肉です。

9. ドウェイン・ジョンソン

“屈強筋肉”殿堂入りは、間違いなくドウェイン・ジョンソン。異論は認めません。

その屈強すぎる筋肉には一瞬恐れを抱いてしまいます。しかし、彼の朗らかな笑顔を見たとたん、彼の存在すべてを愛してしまう不思議! 大の犬好きで、愛犬との写真も公開していたりと、ちょっとズルいギャップがたまりません。

 
 
 
View this post on Instagram

therockさん(@therock)がシェアした投稿 -


彼の最強のゴリゴリ筋肉は、アメフト選手からプロレスラーという歴史からなるもの。プロレスラー時代はロックという愛称でたくさんのプロレスファンをとりこにしてきました。

『ベイウォッチ』でライフガード役を好演。ゴールデンラズベリー賞を快く笑顔で受けいれたことで話題に

現在は俳優業に重点をおいて活動しているロック様。熱血漢から元おデブのいじめられっ子まで、さまざまな役でその筋肉を惜しげなく見せつけてくれちゃっています!

「The Rock vs. CM Punk WWE Championship Match: Elimination Chamber 2013」でのガッツポーズを決める3秒前

プロレスで活躍するロック様をもう観ることができないの? と少し寂しくなりますが、まだ引退宣言はしていません。彼の筋肉がリングのなかで熱くぶつかり合う姿を、再び目にすることができるかもしれません。

10. フローリアン・ムンテアヌ

『クリード 炎の宿敵』にドラゴの息子、ヴィクター役で出演したフローリアン・ムンテアヌ。まさに! 筋肉隆々とは彼のために存在する言葉……!

 
 
 
View this post on Instagram

Florian "Big Nasty" Munteanuさん(@bignasty)がシェアした投稿 -


大胸筋に、上腕筋に、もちろんくっきりと影をつくるほどに割れた腹筋も、王道の筋肉はすべて鍛え上げるというパーフェクトぶり。

それもそのはず。彼はルーマニアの現役のボクサー! 盛り上がった胸筋に、鎧のような腹筋は闘うべくして鍛え上げられたものなのです。

 
 
 
View this post on Instagram

Florian "Big Nasty" Munteanuさん(@bignasty)がシェアした投稿 -


190cm、111キロの肉体から繰り出されるパンチ、そしてトレーニング中の筋肉の揺れはまさに目の保養。どんな服も小さく見える、筋肉マジック。

今後も彼と、彼の筋肉の活躍をお祈り申し上げます!

11. ドルフ・ラングレン

息子を紹介したのですから、お父さんも紹介しなければフェアじゃない! ロッキーシリーズでドラゴを演じる、ドルフ・ラングレンの筋肉もご紹介。

 
 
 
View this post on Instagram

Dolph Lundgrenさん(@dolphlundgren)がシェアした投稿 -


ドルフの身長は198cm。息子役のフローリアン・ムンテアヌと並んでも、全く負けていないのは高身長+バランスよくついた筋肉のおかげでしょう。

元々、空手家として活躍していたドルフ。切れ味のある筋肉は、空手によって培われたもの。均整のとれた全身を見ると、うっとりとしてしまいます。

この肉体に憧れない人がいるでしょうか。いや、いない。俺たちが求める、肉体そのものだ!

 
 
 
View this post on Instagram

Dolph Lundgrenさん(@dolphlundgren)がシェアした投稿 -


薄手のニットをさらりと着こなしてしまう、筋肉具合……たまりませんね! シャツを着れば、はじけ飛びそうなボタン! 少し窮屈にみえる胸元に、ワクワクします。

 
 
 
View this post on Instagram

Dolph Lundgrenさん(@dolphlundgren)がシェアした投稿 -


薄手のニットでも、シャツでもサマになる。これは、首元や胸がスカスカにならないからこそ。

つまり、大胸筋バンザイってことです。

12. アーノルド・シュワルツェネッガー

みんなのシュワちゃんの筋肉はやっぱりすごい!

 
 
 
View this post on Instagram

Arnold Schwarzeneggerさん(@schwarzenegger)がシェアした投稿 -


元ボディ・ビルダーというだけあって、見事すぎる逆三角形体型! 現役時代の大胸筋は風船とか入っているのでは……! というほどの大きさ。お腹がへこんでいるように見えるのは、その大きすぎる大胸筋の影響でしょう。

『キリング・ガンサー』シュワルツェネッガー演じる伝説の殺し屋・ガンサーが冷蔵庫のドアで戦う in キッチン

そして、1台くらいなら吹っ飛ばせそうな腕。前腕は少々スッキリとしているようですが、上腕筋、上腕二頭筋、上腕三頭筋……とにかく上腕筋のボリュームがものすごい!

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 -


注目したいのは、厚すぎる胸板。一般人の2倍はあるのでは? と思えるほどの、厚みに二度見してしまうこと間違いナシ。

 
 
 
View this post on Instagram

Sly Stalloneさん(@officialslystallone)がシェアした投稿 -


彼のその筋肉は衰え知らず。近年では、自重トレーニングに励んでいるという情報もあるほど。

歳を重ねてもトレーニングし続ける、そのストイックさ! 伝説の筋肉といっても過言ではないはず。


毎日のユウウツなんて筋肉で吹き飛ばしていそうな、13人の最高の男たちをご紹介してしまいました。見ているだけで元気が湧いてきませんか? 最高ですよね!
各人、それぞれ素敵な筋肉ポイントは違うもの。そして、その筋肉に優劣などつけられないのです。

皆さんもご自身の筋肉を愛して、毎日の生活をより充実したものにしてくださいね!