health

歩く彫刻!クリス・ヘムズワースのボディを堪能せよ~PosiBig的 筋肉映画のすすめ<4月>

筋肉映画のすすめ第2回は、神話に出てくる神々に並ぶ筋肉といっても過言ではない、クリス・ヘムズワースにフォーカスします!今回もマッスル大好き、トーキョー女子映画部の「マイソン」がお届け。

どんなときもマッスル好きを裏切らない、むしろ期待を大きく超えてくるクリス・ヘムズワースは、モリッとしたボリュームのある筋肉が魅力。モリモリとした筋肉に包まれた長身の身体はバランス抜群!

そんな彼の筋肉に注目しない人なんているわけがない!! 雄々しく動き回るクリヘムの美しいマッスルラインを存分に堪能できる映画をご紹介しましょう!

“神”の役に恥じない、神々しい筋肉

クリス・ヘムズワースといえば、外せないのが “アベンジャーズ”シリーズで演じる「ソー」でしょう。この作品で彼を知ったという方も多いはず。なにせ、彼をスターマッスルの座へと押し上げた代表作です!

とにかく、クリヘムが惜しげもなく脱ぐ!脱ぐ!! 神様ですから薄着にも抵抗がないんです。コミックから飛び出てきたような、仕上がりすぎた筋肉には目が釘付けに!

厚い大胸筋は谷間がクッキリ、広い胸からなだらかなカーブを描くくびれに、影を刻むシックスパック。想像してみてください……まさにこれぞ理想!

しかし、目を奪われるのはここだけにとどまりません。

クリス演じるソーはスーパーヒーローである前に、神の国・アスガルドの王子です。そんなソーが使うのは、選ばれし者しか使えない“ムジョルニア”と呼ばれる究極のハンマー。

このハンマーを使いこなせるのは、やはりクリスの筋肉に説得力があるからに他なりません。血管が浮き出て、腕橈骨筋(わんとうこつきん)が影を落とす腕が飾り気のない大きなハンマーを振り上げたり、敵に向けて投げつけたりするのです。その動きの一瞬一瞬を切り取れば、腕の筋肉たちが姿を現します。興奮しないわけがありませんよね。

ソーの衣装といえば、皆さんが思い描くのはあの甲冑のような、筋肉すべてを包み込んだ戦闘服でしょう。

しかし、“マイティ・ソー”シリーズの第一作目では、背中で結ぶタイプの検診衣なんていう変わった姿でも登場しています。

ゆったりとした検診衣は普通、身体のラインが見えないはずなのに、クリスの筋肉の存在感は増すというミラクルが起きています。また、ラフなTシャツ姿ではぜひ大胸筋の下部にご注目を。丸みのある筋肉の形が、何も身に着けていないときよりも強調されています。

クリスの筋肉の細かな動きまで目に焼き付けたいという方には、検診衣姿とTシャツ姿での戦闘シーンがオススメです。

そんな誰しも一度は憧れる鋼の筋肉がついた全身を惜しげもなく見せてくれるクリスですが、その筋肉はスーツを着ることでまた別の顔を見せます。


人気シリーズ最新作『メン・イン・ブラック:インターナショナル』でエージェントを演じるクリスは、比較的珍しく露出が少なめの黒いスーツに身を包んでいます。

スーツを着ると、身体のラインが隠れてしまいますが、せっかく鍛えているのに、と悔しい思いに苛まれた方もいるのではないでしょうか。しかし、クリスの筋肉はスーツ姿でも、その真価を発揮します。


銃を構えた時の腕は当然太く、袖はパッツンパッツン。上腕は波立ち、彼の筋肉の存在をこれでもかとアピールしてきます。

そして、やっぱり視線が向いてしまうのは背中! バイクにまたがりハンドルを握っているとき、ちらりと見える背中は世界中の“頼りがい”をかき集めて、形にしたとしかいいようがない雄々しさにあふれています。三角筋と僧帽筋中部が山を作り、広背筋は控えめにアピール。


クリスの筋肉の前では、どんな服も屈服せざるを得ないでしょう。

前開きシャツで筋肉に目が釘付け

クリスの筋肉を堪能したい! という私たちの声が届いたのか、『ホテル・エルロワイヤル』というマッスル好きのために作られたに違いない作品が上陸。


本作でクリスは、得体の知れない怪しい男を演じています。なぜ、本作でクリスの筋肉を楽しめるのか。これは、登場シーンすべてでシャツが全開だからとお伝えしておきましょう。

胸筋の厚みと美しい丸みに加え、その下には見事に割れた腹筋。胸と腹部には大きく高低差があり、それぞれの形がくっきり! 俺を見てくれ! と言わんとばかりに、それぞれの筋肉が猛アピールしてくるので大変困ってしまいます。


「クリスのカッコ良い顔も見たいけど、筋肉も見たい!」という幸せすぎる悩みに陥り、目のやり場があり過ぎて大忙し。大胸筋に腹斜筋、それにちらりと覗く上腕二頭筋! 1回目はご自身の推しの部位を、2回目は見逃してしまった部位を、3回目は全身のシルエットをお楽しみください。

そして、見逃せないのは何といってもBGMに合わせてクネクネ踊るシーンです! クリスの顕わになった大胸筋と腹筋が一層アピールされていて、筋肉大好きな私はニヤつかずにはいられません。

しかし、目を凝らして観て欲しいシーンはまだあります!


特に見逃さないでいただきたいのは、本作の中盤でクリスが初めて登場するシーン。ここで、クリスは海をバックにぼんやりシルエットが映るのですが、なんとさりげなくヌードになっていると思われます。

そのシルエットはまさに彫刻!


筋肉の演出については、全体的にグッジョブ! と伝えたいです。とにかくクリスの筋肉の切り取りかたが美しく、筋肉の影の付き方一つでも大変なこだわりがビンビンと伝わってきます。監督に足を向けて眠れません!

今、頭に「?」が浮かんだ方はとにかく観てほしい。何を言わんとしているか、きっと頭よりも先に五感で理解していただけるはずです。


そんなこんなで、クリス・ヘムズワース出演作は、筋肉目当てで鑑賞する人の期待に必ず応えてくれる作品ばかり!

筋トレのモチベーションにもつながるので、気になった作品から手に取ってみてください。

『ホテル・エルロワイヤル』R-15+


2019年4月19日、ブルーレイ&DVDリリース
先行デジタル配信中
監督・脚本・製作:ドリュー・ゴダード
出演:ジェフ・ブリッジス/シンシア・エリヴォ/ダコタ・ジョンソン
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン
公式サイト:http://www.foxjapan.com/bad-times-at-the-el-royale-jp
©2019 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

『メン・イン・ブラック:インターナショナル』


2019年6月14日より全国劇場公開
監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:クリス・ヘムズワース/テッサ・トンプソン/リーアム・ニーソン
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト:http://MenInBlack.jp
© 2018 Sony Pictures Digital Productions Inc. All rights reserved.

いつでも最高のマッスルで世界を興奮に導いてくれるクリス・ヘムズワース。部位に注目するも良し、全体像を眺めるのも良しの最高の肉体を持つ俳優の一人です。

彼のなんともニクいところは、演じるキャラクターによって筋肉を調整しているところでしょう。

基本的にマッスルはキープですが、作品によって彼が見せてくれる筋肉の顔はさまざま。あるときは豪快な男らしさ、あるときは繊細な上品マッスル……ぜひ、ご自身の“推しクリス・ヘムズワース筋肉”が登場する作品を探してみてください。

今後も筋肉が魅力的ないろいろなタイプのマッスルをご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。

皆さまの筋肉ライフに幸多からんことを!