lifestyle

「プリントス」でリアルインスタ映え!? スマホの写真を簡単プリント!【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】



PosiBigをご覧のデカメンの皆さま、北海道は札幌ススキノのそばでカフェをやっていますケンケンこと野々村研太郎です! お店の名前はCAFE サーハビー。

当店では、お店で手作りしたドーナツをケーキのようにデコレーションした、「デラックスドーナツ」が大人気!



こんなドーナツです! 見た目もカワイイのでインスタ映えもバツグンです! 食べる前に皆さん必ず写真を撮ります。

僕もお店のアカウントでインスタをやっていますが、インスタで加工した写真は、アナログ感があって良いですよね。

今は誰しもがスマホのカメラで写真を撮って、アプリで加工して、インスタにアップして、SNSで写真を共有して、そんな感じで写真を楽しんでいますね。

そんな中、ずっと前から気になっていたアイテムがあるんです!

それは、タカラトミーの「プリントス(Printoss)」

電池もアプリも使わずに、スマホの写真をプリントできるという、コンパクト簡易プリンター! 


マジで? 電池もアプリも使わないの? これはもう試してみるしかありません!

さっそくゲットしました、プリントス!


◆プリントス © TOMY

プリントスの事を軽く調べてみました。

2017年の12月にタカラトミーから発売され、わずか3ヵ月で10万台を出荷! その後も品薄が続くほどの人気で、さらには日本おもちゃ大賞2017ハイターゲット・トイ部門で優秀賞を受賞するという大ヒット商品なんです!

しかも、日本での発売に加えてフランス、イギリスでも販売を開始し、国内外併せて20万個以上を出荷しているとのこと!

なんか試してみる前からスゴイぞ! プリントス!



さっそく開封してみました!

今回選んだカラーはピンク色の"SAKURA”。他には水色の"SORA"、黒色の"SUMI”と、カラーバリエーションは全部で3種類。カラーのネーミングが粋ですね!

メーカー希望小売価格は3,700円(税抜)。写真プリンターとしては、なかなかのお手頃価格です!



持った感じも、軽くて非常にコンパクト!



スマホと比較するとこの大きさ。iPhone7です。この大きさなら持ち運びにも便利ですね!



説明書を見ながらセッティングをしていきましょう!



まずはフィルムをセットします。フィルムは裏面に入れます。



パカっと裏面のフタを開けます。



使用するフィルムはフジフィルムの「インスタックスミニ」チェキのフィルムです。枚数は10枚入り。入手しやすいフィルムを使っているのがありがたいですね。



チェキのフィルムは開けるとこんな感じ。カートリッジみたくなってます。



このフィルムのカートリッジを、プリントスの裏面にセットして、フタを閉じます。



つまみをグルグル回すと、フィルムカバーがニョキニョキと出てきます。



枚数表示のカウンターが、正しく”10枚”と表示されたら準備オッケー!

フィルムのセットは難しそうなイメージがありますが、やってみると簡単にできちゃいました。



続いて撮影の準備をします。



本体を覆っているウイングがガバっと開きます。まずは右側のウィング。



左側のウィングもガバっと開きます。

お! レンズが出てきたぞ!



レンズの周りの白いフレームを外すと、中央の黒いボックス部分がニョキっと上がってきます。なんかトランスフォーマーみたい! なにせトランスフォーマーもプリントスと同じタカラトミーですからね!



白いフレームの透明フィルムを剥がします。このフレームをスマホの画面に貼り付けて、本体にセットします。


さっそくスマホで写真を撮って、プリントしてみます!


では! 実際にプリントスを試してみます!

チェキのフィルムは縦形状なので、縦撮りでインスタ映えしそうな写真を撮って、試してみましょう。



おー! なんかオシャレな写真! カフェライブって感じ。



このスマホ画面に、先ほどのフレームを貼り付けます。



こんな感じ。ペトっと貼り付きます。

スマホなのにこのアナログ感が、妙に新鮮です。

プリントスを使う場合は、スマホの画面を明るくするとキレイに映るらしいので、画面の明るさは最大にしてあります。



そして本体上部に、スマホをセットします! なるほどスマホの画面を撮影するんですね! ここまで電池もアプリも一切使っていません!



シャッターを押します! パシャリ! というよりはカショ…という感じで、なんともアナログな感触が温かみを感じますね。



つまみをグルグル回すと写真が出てきます! どんなふうに撮れているか楽しみです!



うっすらと映っています! このポラロイド感がたまりませんね!



キタ、キタ、キタ…!


キターーー!!



これはスゲー! 簡単にプリントできるし、パッキパキな感じだったスマホの写真が、まるでスマホのカメラアプリでフィルターをかけたような風合いになりました!

まるでインスタの写真がそのまま出てきたみたい!

デジタルをアナログに! まさにリアルインスタ!


さすがタカラトミー! かつてのミニサイズポラロイドカメラの「xiao」や、レンズが2つ付いている3Dカメラ「3Dショットカム」など、いつの時代も、そう! これなんだよ! っていう面白いカメラをリリースしてくれますね!

もっといろんな写真をプリントしてみましょう!



やっぱりインスタ映えといえば食べ物の写真! まるで本当にインスタの画面から切り取ったみたいです! まさにリアルインスタ映え!



こういう風景写真もレトロな感じになってイイですね!

プリントスの優れているところは、スマホに保存されている過去の写真もプリントできるという事! チェキも面白いカメラですが、その場で撮った写真しかプリントできません。保存してある過去の写真もプリントできるというのは、かなり画期的じゃないでしょうか!

ちなみにこの写真は、先日登山をした時に頂上から撮った写真。過去の思い出を切り取るみたいでステキですね!



大好きなアイアンマンの全身タイツコスプレをした時の写真も、過去の思い出として切り取っておきました。



雑貨系の写真もイイ感じになりますね! これはズルイ! 映えまくり!

一周回ってアナログが新鮮! プリントスでアナログ写真をもっと楽しく!


いやー、プリントス。スゲーっす。楽しいっす。ステキっす。

僕が若い頃はスマホも携帯も無かったので、写真はもっぱら使い捨てカメラの「写ルンです」。いちいち写真屋さんに持っていってプリントしてもらっていました。

その後デジカメが主流になり、携帯電話のカメラ機能もどんどん高性能になっていきました。そんなデジカメ全盛の時代に逆行するかのようにヒットしたのがチェキ。アナログ写真というかポラロイド写真の良さが再認識されました。

そしてスマホ全盛、インスタ全盛の今、再び一周回ってこのプリントスが、アナログ写真の素晴らしさを気軽に楽しめるようにしてくれました!



撮った写真をプレゼントしたり、部屋のインテリアとして飾ったり、プリントスではそんな楽しみ方ができます。

上の写真のように、デジタルで撮って、アナログでプリントした写真を、さらにデジタルで撮影するという、「フォト・イン・フォト」もSNSではトレンドになっているようですよ!

そんな日本で大ヒット中のプリントス! なんと今後はヨーロッパやアメリカなど、世界12ヵ国で発売されるそうです!

ますますスゴイぞ! プリントス!


最後に改めてプリントスの情報を掲載しておきますね。

プリントス(Printoss)
メーカー:タカラトミー
全3種:SAKURA、SORA、SUMI
メーカー希望小売価格:3,700円(税抜)
公式HP:プリントス(Printoss)|タカラトミー
お問い合わせ先:株式会社タカラトミーお客様相談室
TEL:0570-04-1031(ナビダイヤル)


いやー! プリントス。これは楽しいですね!!



ではまた。


【CAFE サーハビー】
〒060-0063
北海道札幌市中央区南3条西6丁目和光ビル2F
15:00~24:00(金土祝前26:00)
日曜定休
TEL : 011-200-0546
URL:http://cafe-sahabi.com/


■【ぽっちゃりケンケンの趣味ライフ】シリーズはこちら
「けん玉ワールドカップ」開催記念! 進化系けん玉「ケンダマクロス」に挑戦!!
第3次ブーム到来中! 今さらながらデカメンが「ミニ四駆」に初挑戦してみた
世界で活躍する日本人選手も多数! いま「ハイパーヨーヨー」が再び熱い!

■ケンケンがTVチャンピオンに出演!
「TVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」に、ケンケンが出演!!
「TVチャンピオン極 〜デブ飯料理人選手権」優勝! 野々村研太郎(ケンケン)が舞台裏を語ります!