love

夏も涼しくデートしよう! 都内のおしゃれなコンセプト書店&ブックカフェ4選

PosiBigをご覧の皆さん、こんにちは! 週末にスーパーで買い込んだ大量のアイスを、立体テトリスのごとく冷凍庫へ隙間なく詰め込んでは毎回取り出すのに苦労するライター、土屋ミナコです。

記録的猛暑が続く2018年の夏、ついに気象庁はこの暑さを「一つの災害として認識している」と発表しました。異常事態とも言うべき状況下だけに、デートの行き先選びに頭を悩ませるポジビストも少なくないのでは!?


そこで今回は、涼しく快適な時間を過ごせる夏のおすすめデートスポット第1弾として、都内のおしゃれなコンセプト書店&ブックカフェ4店を紹介します!


涼しい夏のデートスポット(1)無印良品 有楽町店

画像提供:無印良品

ワールドワイドなファンを持つ「無印良品」における世界最大級の旗艦店である有楽町店。ここには衣食住のさまざまなシーンで活躍する雑貨や衣類、家具、食品とともに、それらに関連する約20000冊の本が売り場のいたるところで展示・販売されています。


画像提供:無印良品

“くらしのさしすせそ”という選書のテーマには、「本から生まれる発見とヒントをお客様に見つけてほしい」という想いが込められているのだそう。

「さ」=冊(読むことの歴史から「本」を巡る)
「し」=食(「食」を巡る)
「す」=素(「素材」を巡る)
「せ」=生活(「生活」を巡る)
「そ」=装(「衣」を巡る)

まだ付き合いの浅いカップルなら、広い店内を2人で探索するなかで彼女が手にする本や雑貨から、趣味や嗜好を垣間見ることができるでしょう。食べることが好きな2人なら、「食」に関する本やレシピ集を片手に無印良品の食材や食器などを手に取りつつ、今度一緒に料理するメニューについてアレコレ計画するのも楽しそう!


画像提供:無印良品

なお、MUJI BOOKSのメインとなるコーナーにはコーヒーの自動販売機に、テーブルと椅子も用意されており、腰を据えて本を選ぶこともできますよ。

「無印良品 有楽町店」
住所:東京都千代田区丸の内3-8-3 インフォス有楽町 1~3F
営業時間:10:00〜21:00
定休日:不定休
URL:http://www.muji.com/jp/shop/045480

涼しい夏のデートスポット(2)KAIDO books & coffee


江戸時代に宿場町として栄えた旧東海道・品川宿にあたる北品川。古い街並を残すその商店街で、「旅と街道」をコンセプトに2015年にオープンしたブックカフェが「KAIDO books & coffee」です。



店名の“KAIDO=街道”は、かつてこの地区が東海道の第一宿として日本各地からの旅人で賑わったように、全国のローカルな魅力や各地の風土をより楽しめる情報が集まる「旅に行きたくなるカフェ」にしたい、という想いから。

築40年の空き店舗をリノベーションして作られたお洒落な店内には、国内外の土地に関する旅行記や歴史書、小説、雑誌など、約40000冊に及ぶ蔵書の中から選りすぐりの15000冊が並びます。



“ディープな旅好き”を唸らせる書籍の品揃えもさることながら、バリスタが丁寧に抽出するスペシャルティーコーヒーをはじめ、たっぷりのアボカドと生ハムをはさんだとろけるチーズのサンドイッチや、「品川白煉瓦」をモチーフにした名物クッキーなど、デカメンの胃袋を刺激するカフェメニューも見逃せません。



穏やかな空気の流れる居心地の良い空間で、彼女と一緒に訪れたい旅行先をじっくりと探してみてはいかがでしょうか。

「KAIDO books & coffee」
住所:東京都品川区北品川2丁目3−7
営業時間:[月]10:30~17:00 [水~金]10:30~20:00 [土・日・祝] 10:30~19:00
定休日:火曜日(2018年8月より月曜日・火曜日)
URL:http://kaido-booksandcoffee.tumblr.com/

涼しい夏のデートスポット(3)BLUE BOOKS cafe 自由が丘


歴史ある名門ジャズ・クラブでおなじみの「ブルーノート・ジャパン」がプロデュースするブックカフェ「BLUE BOOKS cafe」。“大人のための食堂”をコンセプトとするこちらのお店には、心地よい「音楽」とイマジネーションを刺激する「本」、そしてレストランに匹敵する「食」という、人生を豊かにするカルチャーのエッセンスを見事に融合させた極上の空間が広がっています。



店内はレンガとウッドを基調とする落ち着いた雰囲気。天井が高く、地下ながらもゆったりと開放感を感じさせ、さながら“大人の秘密基地”のようでもあります。壁面を中心にインテリアのように置かれた約1000冊の本は手にとって自由に読むことができ、気に入れば購入も可能だそう。



2週ごとに変わるシェフ渾身のボリューム満点なランチメニューや、自家製ブリオッシュのフレンチトースト、そしてブルーノート東京と木内酒造が共同開発したオリジナルクラフトビールといった豊富なラインナップの中から、ランチ、カフェ、ディナー、それぞれのシーンに合わせてメニューを選べる使い勝手の良さも◎。


こちらのお店をデートの待ち合わせ場所に決めたら、約束の時間よりも早めに到着しておくのがおすすめ。冷たい飲み物を片手に読書を楽しみつつ、道中猛暑で火照りまくってしまったデカメンボディーをクールダウンさせて彼女をお迎えしましょう。

「BLUE BOOKS cafe 自由が丘」
住所:東京都目黒区自由が丘2-9-15 ユレカビル B1F
営業時間:11:30~23:00
定休日:不定休
URL:http://www.bluebookscafe.jp/jiyugaoka/

涼しい夏のデートスポット(4)マルノウチリーディングスタイル


東京駅丸の内南口に隣接するハイセンスな商業施設「KITTE」4階にある「マルノウチリーディングスタイル」は、「本屋」「カフェ」「雑貨屋」の3つの顔を持つ個性派書店です。



ここでは普段ならば手に取ることのないジャンルの本でも、一般の書店とは異なる切り口で紹介してくれているので、きっと新しい出会いの扉を開いてくれるはず。こだわりのセレクトが光るステーショナリーや食器、おもちゃなどの雑貨とともに関連の深い書籍が陳列されていたりと、好奇心の幅と知識を深めてくれるんです。



明るく居心地の良いカフェスペースでは、コーヒー、クラフトビール、手作りサンドイッチやスイーツなどを食べながら、購入前の本をじっくりと試し読みすることができますよ。


「KITTE」は丸ノ内線東京駅から地下道で直結しており、灼熱の直射日光を浴びることなくアクセス可能というのも嬉しいポイント。休日のランチやティータイムにのんびりと過ごすデートスポットとしてはもちろん、平日夜の待ち合わせスポットとして、また仕事終わりの1杯を堪能しつつ好きな本を眺めて相手を待つ、なんていうのも粋な時間の過ごし方ではないでしょうか。

「マルノウチリーディングスタイル」
住所:東京都千代田区丸の内2-7-2 KITTE 4F
営業時間:[月〜土] 11:00~21:00 [日・祝] 11:00~20:00 (祝前日は~21:00)
定休日:「KITTE」休館日に準ずる
URL:https://readingstyle.co.jp/

涼しくて快適、彼女との距離も縮まる! 本屋&ブックカフェデート!

デート中も滝汗問題に腐心することなく、酷暑でも涼しく快適に過ごせるブックカフェ。水族館やプール、海といった夏の定番デートスポットとは一味違うくつろぎの空間で心地よい空気感を共有することによって、2人の心の結びつきをより一層強めてみてはいかが?


■こちらもチェック!
早めの予約が肝心! デキる男は知っている、夜風が心地いい「テラス席」があるお店3選
花火大会デートでぽっちゃり男性が夏の恋を勝ち取るポイント
梅雨シーズンも彼女を楽しませる! 東京のインドアデートスポット5選